アスパラギン酸tRNAAsnリガーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
aspartate-tRNA(Asn) ligase
識別子
EC番号 6.1.1.23
CAS登録番号 9027-32-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示

アスパラギン酸tRNAAsnリガーゼ(Aspartate—tRNA(Asn) ligase、EC 6.1.1.23)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ATP + L-アスパラギン酸 + tRNAAsxAMP + 二リン酸 + アスパルチルtRNAAsx

従って、この酵素は、ATPとL-アスパラギン酸とtRNAAsxの3つの基質、AMP二リン酸とアスパルチルtRNAAsxの3つの生成物を持つ。

この酵素はリガーゼに分類され、特にアミノアシルtRNAと関連化合物に炭素-酸素結合を形成する。系統名はL-アスパラギン酸:tRNAAsxリガーゼ(AMP生成)(L-Aspartate:tRNAAsx ligase (AMP-forming))である。nondiscriminating aspartyl-tRNA synthetase等とも呼ばれる。この酵素は、アラニンとアスパラギン酸の代謝に関与している。

出典[編集]

  • Ibba M, Soll D (2000). “Aminoacyl-tRNA synthesis”. Annu. Rev. Biochem. 69: 617–50. doi:10.1146/annurev.biochem.69.1.617. PMID 10966471. 
  • Schmitt E, Moulinier L, Fujiwara S, Imanaka T, Thierry JC, Moras D (1998). “Crystal structure of aspartyl-tRNA synthetase from Pyrococcus kodakaraensis KOD: archaeon specificity and catalytic mechanism of adenylate formation”. EMBO J. 17 (17): 5227–37. doi:10.1093/emboj/17.17.5227. PMC: 1170850. PMID 9724658. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1170850/. 
  • Becker HD, Kern D (1998). “Thermus thermophilus: a link in evolution of the tRNA-dependent amino acid amidation pathways”. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 95 (22): 12832–7. doi:10.1073/pnas.95.22.12832. PMC: 23616. PMID 9789000. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC23616/.