アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ
Apartate-carbamoyltransferase-pdb-2ATC.png
立体構造 (大腸菌、PDB 2ATCより)
識別子
EC番号 2.1.3.2
CAS登録番号 9012-49-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
Human carbamoyl-phosphate synthetase 2, aspartate transcarbamoylase, dihydroorotase
識別子
略号 CAD
Entrez 790
HUGO 1424
OMIM 114010
RefSeq NM_004341
UniProt P27708
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.1.3.2
遺伝子座 Chr. 2 p22-p21

アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ (: Aspartate carbamoyltransferase, ATCase)は、ピリミジン生合成経路において最初の反応を触媒する酵素[1]

反応[編集]

本酵素は下記の反応を触媒する。

カルバモイルリン酸アスパラギン酸 → N-カルバモイル-L-アスパラギン酸

酵素の発現量はUTP量だけでなくUTP/CTP比にも依存しているとの報告がある。[2]

脚注[編集]

  1. ^ “Mammalian dihydroorotase: nucleotide sequence, peptide sequences, and evolution of the dihydroorotase domain of the multifunctional protein CAD”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 87 (1): 174–8. (Jan 1990). doi:10.1073/pnas.87.1.174. PMC: 53223. PMID 1967494. http://www.pnas.org/content/87/1/174. 
  2. ^ “UTP/CTP ratio, an important regulatory parameter for ATCase expression”. Archives of Microbiology. (1989). doi:10.1007/BF00277535. PMID 2692533.