アストンマーチン・ヴィラージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィラージュVirage )はイギリスの高級スポーツカーメーカー・アストンマーチンが1989年から2000年まで生産した大型スポーツカーである。1967年以来生産されていたV8シリーズの後継車種として1988年の英国国際モーターショーに登場し、翌1989年に生産開始された。1993年に登場した高性能版はヴィラージュのサブネームを与えられず単にアストンマーチン・ヴァンテージと命名され、ノーマル版も1996年以降はアストンマーチン・V8と呼ばれるようになり、ヴィラージュという名称は結局、短期間しか用いられなかった。2011年、ヴィラージュの名を冠したV型12気筒モデルが登場。

初代 (1989年-2000年)[編集]

アストンマーチン・ヴィラージュ
ヴィラージュ・ヴォランテ
Virage Volante.jpg
ヴァンテージ
1998 Vantage.JPG
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア・クーペコンバーチブルワゴン
エンジン V型8気筒・ガソリン5,300cc・350馬力
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
車両重量 1,790kg
生産台数 1050台
先代 アストンマーチン・V8
後継 アストンマーチン・V12ヴァンキッシュ
-自動車のスペック表-

スタイルは前身であるV8シリーズからはるかに現代化されたが、サスペンションやシャシー等基本構成やエンジンは旧型譲りであった。

この新しいスタイルにはフロントグリル以外アストンマーチンらしい個性が希薄で、1994年にフォード傘下に入って初めて登場する、ジャガーのメカニカルコンポーネンツを多用したDB7の方がむしろ伝統的なアストンマーチンのデザインのディテールを再現していた。特徴に乏しいデザインの一因は、一つがコスト削減のため多くの外装部品を量産車から流用していたことにあり、例えばヘッドライトがアウディ・200、テールライトはフォルクスワーゲン・シロッコのもので、前後いずれから見ても既視感があったことも致し方なかった。[1]また、内装部品にもゼネラルモータースジャガー、そしてヴィラージュの登場後間もなくアストンマーチンを買収するフォードの部品がステアリングコラム、エアコン操作パネル、各種スイッチ類に流用されていた。

この大型クーペは車両重量1,790kgに達していたが、強力なエンジンパワーによって、最高速度は254km/hに達した。

派生車種[編集]

DB7が、オックスフォード州ブロクスハムの新工場で生産されたのに対し、ヴィラージュ系は最後の純アストンマーチンとして、旧来からのニューポートパグネル工場で少数生産を継続、従来からの需要層や、ジャガーベースのDB7では満足できない富裕層向けに各種の限定・特注生産車やスペシャルモデルも作られた。

2+2座オープンモデルのヴィラージュ・ヴォランテVirage Volante )は1992年に登場し、1996年までに224台(一説には233台)生産された。1997年から2000年まではV8・ヴォランテとして63台が生産された。

アストンマーチンは1992年1月から、ヴィラージュに AMR1用6347cc500馬力エンジンに載せ換えるサービスを開始した。このエンジンを搭載したヴィラージュ6.3の最高速度は282km/hに達した。

1992年からは「シューティング・ブレーク」も限定生産された。また、4ドアの「ラゴンダ」も顧客の特別注文に応じて生産された。

1993年には高性能版が単にアストンマーチン・ヴァンテージという名称で登場した。スタイリングはより精悍なものに改められ、5300ccV8エンジンにはスーパーチャージャーが与えられて550馬力に強化され、最高速度は320km/hと公表された。0-60マイル加速は4.2秒となった。1998年にはエンジン出力は600馬力となりヴァンテージ・V600に発展した。

通常のヴィラージュも1996年からV8クーペと改名され、349馬力エンジンを搭載し、2000年までに101台が作られた。

1999年にはル・マン24時間レース優勝40周年を記念してV8ヴァンテージ・ルマンが40台限定生産された。オプションを含めると定価が50万米ドルを越えたこのモデルの最高出力は612馬力で最高速度320km/hは変わらないものの、0-60マイル加速は3.9秒に短縮された。

ヴィラージュ系の最終モデルはV8ヴァンテージ・ヴォランテで9台が2000年に生産された。

2代目 (2011年 - 2013年)[編集]

アストンマーチン・ヴィラージュ (2011年モデル)
ヴォランテ
2012 Aston Virage Volante front.jpg
乗車定員 4人(2+2)
ボディタイプ 2ドア・クーペコンバーチブル
エンジン V型12気筒・ガソリン5,935cc、497仏馬力/6,500rpm
変速機 ZF6AT「タッチトロニック II」
駆動方式 FR
サスペンション アダプティブ・ダンピング・システム
全長 4,720mm
全幅 1,905mm
全高 1,280mm
ホイールベース 2,740mm
車両重量 1,785kg
-自動車のスペック表-

2011年3月、11年ぶりにヴィラージュの名を冠したモデルが復活。フラッグシップラインDBSとベーシックラインDB9との中間モデルにあたる。最高出力は490英馬力でDB9の470英馬力とDBSの510英馬力の中間値を発生させ、最高速度は299km/hと公称される。クーペとヴォランテが用意される。日本国内へは同年7月に導入が発表された。

2013年、DB9がビッグマイナーチェンジを行い、スペック、デザイン等で実質的にヴィラージュがDB9を名乗る形となったため、モデル名としてのヴィラージュはわずか2年で消滅した。

注釈[編集]

  1. ^ 外装部品に量産車のパーツを流用すること自体は、従来のアストンマーチン車でも行われており、例えばDB2/4のテールランプもヒルマン・ミンクスのものだったが、1980年代末になると異型ヘッドライトの普及やテールランプの大型化などで、部品流用がデザインに及ぼす影響は強くなっていた。


アストンマーチン・ラゴンダ ロードカータイムライン 1948-<- 戦前モデル  
タイプ '40 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
グラントゥーリズモ DB1 DB2 DB2/4 DB MkIII DBS
/ヴァンテージ
DB7 i6 DB7
ヴァンテージ
V8ヴァンテージ
DB4
/DB4GT
DB5 DB6 V8 ヴィラージュ/V8 DB9
ヴィラージュ
V8ヴァンテージ V8ヴァンテージ V12ヴァンキッシュ DBS V12 ヴァンキッシュ
スーパーカー DB4GT
ザガート
V8
ザガート
DB7
ザガート
AR1 One-77
セダン 2.6-Litre 3-Litre ラパイド ラゴンダ ラピード
小型車 シグネット
オーナー David Brown Limited William Willson| Sprague & Minden Pace Petro
-leum & Gaunt
-lett
Gauntlett & Livanos Gauntlett, Livanos & Ford フォード Richards, Sinders, Dar, Adeem
レーシングカー: DP212DP214DP215B08-60
コンセプトカー: AMV8
人物: ライオネル・マーチン, ロバート・バンフォード(創業者)・デイビッド・ブラウン
公式WEBサイト: Aston Martin