アストンマーチン・ラゴンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アストンマーチン > アストンマーチン・ラゴンダ

アストンマーチン・ラゴンダAston Martin Lagonda )は、イギリス自動車メーカーであるアストンマーチンが1974年から1990年まで製造していた大型高級4ドアセダンである。

概要[編集]

第二次世界大戦以前の『ラゴンダ』(Lagonda )は、ル・マン24時間レース優勝経験もあり、ベントレーに匹敵する程の名門高級車メーカーであった。1948年、ラゴンダは、アストンマーチンとともに農業トラクターメーカー経営者のデイヴィッド・ブラウン(David Brown )の所有となった。その後、1961年にアストンマーチンの4ドア版としてアストンマーチン・ラゴンダ・ラピードが登場しラゴンダの名が復活したが、生産期間はわずか4年であった。

そののち、約10年の時を経て再登場したのが、本項で説明するアストンマーチン・ラゴンダである。

シリーズ1[編集]

アストンマーチン・ラゴンダシリーズ1
販売期間 1974[1] - 1975年
乗車定員 5 人[2][3]
ボディタイプ 4ドア[2]rsguidebook1976-116"/>[3]セダン[2][1][3]
エンジン V型8気筒[2][1][3]DOHC5,340cc[2][1]
変速機 ZF製5速MT/クライスラー製3速AT
駆動方式 FR
全長 4,900 mm[2][3]
全幅 1,830 mm[2][3]
全高 1,370 mm[2][3]
ホイールベース 2,915 mm[2][3]
車両重量 2,000 kg[2][3]
先代 ラゴンダ・ラピード
後継 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ2
-自動車のスペック表-

DBSをベースに、4ドアセダンに仕立て直されたモデルである。

1974年10月に発表された時には、約25年間君臨したデイヴィッド・ブラウンが経営危機のため会社を去っており、次にアストンマーチンを引き継いだカンパニーディヴェロップメンツは倒産直前であった。そのような中、ラピード以降は消滅していた最高級4ドアセダンを再登場させた。DBSのホイールベースを約300mm延長、4ドアとして、そしてアストンマーチン製4ドアセダンの伝統に則って『ラゴンダ』と名付け生産を開始した。

外装[編集]

改良型のアストンマーチン・V8を基本とし全体がゆるやかな曲面で構成されており、V8の4ドア版という印象である。フロントフェンダーの2連ダクトを継承しており、リア周りも同様で主要部品の流用も多い。V8同様、真正面から見た顔つきは同時代のフォード・マスタングにも似ている。

機構[編集]

メカニズムはすべてアストンマーチン・V8からの流用である。

5,340ccのV型8気筒DOHCエンジンはボッシュ製メカニカルインジェクション[1]で280PS/5,500rpm[2]、ヨーロッパ仕様305hp[1]、トルクは48.7kgm/3,100rpm[2][3]トランスミッションZF[1]5速MT[2][1]かクライスラー製トークフライト[1]3速AT[2][1]を選択できた。

最高速度は255km/h[2]

サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン/コイルで後輪がド・ディオン式のパラレルトレーリングアーム

タイヤは225VR15。4輪ともディスクブレーキ[2]

1974年から1975年の間に7台のみが生産された。

シリーズ2[編集]

アストンマーチン・ラゴンダシリーズ2
外観
Aston Martin Lagonda West London.jpg
1982 Aston Martin Lagonda Interior.jpg
内装
販売期間 1976 - 1986年
乗車定員 5 人[4]
ボディタイプ 4ドア[4][5][6]セダン[4][5][6]
エンジン V型8気筒[4][7][5][6]DOHC[5]5,343 cc[4][5]
変速機 クライスラー製3速AT[4][5][6]
駆動方式 FR
全長 5,182 mm[4][7]または5,280 mm[6]
全幅 1,816 mm[4]または1,790 mm[6]
全高 1,300 mm[6]または1,302 mm[4]
ホイールベース 2,910 mm[5][6]または2,915 mm[7][4]
車両重量 1,727 kg[4]または2,040 kg[6]
先代 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ1
後継 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ3
-自動車のスペック表-

1976年10月の英国国際モーターショーでシリーズ2が発表された。これはデザインから構造まで一新された新開発のモデルであり、アストンマーチンは「スポーツカーメーカーが作る4ドアセダン」という市場に着目し登場させた。当時、この市場での競合車種はマセラティ・クアトロポルテデ・トマソ・ドーヴィルといった少数の高価格車のみだった。日本向けには約3900万円で販売され、後年になるにつれ上昇し最終的には4500万円ほどになった。

生産台数は465台。

外装[編集]

過去の伝統をすべて排し、低く長く、未来的になった。フロントには小さなフロントグリルとその横いっぱいに並べたランプ類、リトラクタブル・ヘッドライトを備える。リアにはそれと対をなす、整然と並べられた薄型ランプ[注釈 1]。極端なロングノーズ・ショートキャビンであり、エッジの効いたボディラインはまるで折り紙のようでもある。異形であるが、最高級セダンとして極めて個性的であり、モダンな雰囲気を強く感じさせる。

後部座席の空間を広げたロングホイールベース仕様、シューティングブレーク、2ドアクーペなど外部コーチビルダーによるいくつかの改装車がある。

シリーズ2の途中で、初期型モデルでははめ殺し」であった後席左右の窓を開くことができるようにするためリアドアに三角窓を追加、ドアミラーの取り付け位置をボディ側Aピラーつけ根部分からフロントドア部分に変更、デジタルメーターの表示パネルをLEDからブラウン管に変更、多言語に対応し、英語ドイツ語フランス語アラビア語にそれぞれ表示切り替えが可能となった。

内装[編集]

最上級のコノリーレザーまたはベロア、ウッドパネルなどを採用した贅をつくし、基本的にイギリス製高級車の文法に則っているが、シリーズ2でのシートには同時期のアメリカ製高級車を思わせる豪奢なデザインを採用しており、外観の先鋭さと比べいささか異なった趣を持つ。デジタルメーターを採用したことが一番の特色で、また車両管理にコンピュータを採用しており、これらはともに市販車として世界初である。これらメーターおよびコンピュータシステムには、車両本体自体の実に4倍に及ぶ開発費が掛けられた。

機構[編集]

ボディはアルミニウム

エンジンは相変わらずアストンマーチン・V8と共通である。ボアφ100mm[6]×ストローク85mm[6]、V型8気筒[6]で5,341cc[注釈 2]ウェーバー製42DCNFキャブレター[5][6]、圧縮比8.3[6]で243PS/5,000rpm[5][6]、44.2kgm/4,000rpm[5][6]

タイヤは235/70VR15[5][6]。4輪パワーアシスト付き通風ディスクブレーキ[5][6]


シリーズ3[編集]

アストンマーチン・ラゴンダシリーズ3
外観
Lagonda.JPG
Aston Martin Lagonda Stationcar02.jpg
シリーズ3をベースとしルーツが作成したシューティングブレーク
販売期間 1986 - 1987年
乗車定員 4 人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン V型8気筒DOHC5,340cc
変速機 クライスラー製3速AT
駆動方式 FR
全長 5,281 mm
全幅 1,791 mm
全高 1,302 mm
ホイールベース 2,910 mm
車両重量 2,023 kg
先代 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ2
後継 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ4
-自動車のスペック表-

1986年発売。生産台数は75台。

機構[編集]

インジェクション化。


シリーズ4[編集]

アストンマーチン・ラゴンダシリーズ4
外観
89 Lagonda.JPG
販売期間 1987 - 1990年
乗車定員 4 人[8][9]
ボディタイプ 4ドア[10][11]リムジン[11]
エンジン V型8気筒[11][8][10]DOHC[11][10]5,340cc[11][8][10]
変速機 クライスラー製トークフライト[11][10]3速AT[11][10][9]
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン[8][9]/後:トレーリングアーム[9]
全長 5,360 mm[9]または5,370 mm[8]
全幅 1,790 mm[8]または1,810 mm[9]
全高 1,310 mm[8][9]
ホイールベース 2,910 mm[8][9]
車両重量 2,040 kg[8][9]
先代 アストンマーチン・ラゴンダシリーズ3
後継 アストンマーチン・ラピード
-自動車のスペック表-

生産台数は105台。シリーズ4においては1週間あたり約1台という生産ペースだった。最終製造車のシャシナンバー13645は1990年3月18日にイギリス国内仕様車としてラインオフし、同年6月14日顧客に販売され、イギリスで保存されている。

外装[編集]

大幅な変更を実施し、全体的に若返らせた。角張っていたボディの角を丸め、ボリューム感を増した。ボディサイドのキャラクターラインやクロームメッキのモールを廃止するとともにフロントグリルをカラード化。ドアミラーのデザインを変更。リトラクタブル・ヘッドライトを廃止し、角目6灯の固定式ヘッドライトを新規採用。フロントのウィンカーランプ設置場所をバンパー内部に変更した。薄い長方形型リアランプユニットを二段重ねから一段に変更するとともに設置場所をトランクリッド側からボディ側に変更した。

内装[編集]

デジタルメーターの表示パネルを更に変更。表示部分を大幅に拡大した。

機構[編集]

エンジンはボアφ100mm[8][9]×ストローク85mm[8][9]、V型8気筒[11][8][9]で5,341cc[注釈 3]ボッシュ製Lジェトロニック[11][8][10]で240PS/5,500rpm[11][8][10][9]、39.8kgm/2,200rpm[11][8][10][9]。0-100km/hが8.8秒、最高速度は230km/h[10]

ホイールサイズを16inに拡大し、タイヤが255/60VR16[11][8][10]になった。4輪とも通風式ディスクブレーキ[11][8][9]を備える。

注釈[編集]

  1. ^ リアランプはランプユニット全体がトランクリッド開口部に一体化されており、夜間にトランクリッドを開けると灯火類が見えなくなってしまう構造である。そのためイギリス国内仕様車などにおいては、トランクリッド内側に補助のリアウィンカーテールランプが増設されている。これと同じ構造は、現在でもアウディ・A1などで見られる。
  2. ^ 3.14159×(10/2)×(10/2)×8.5×8=5340.703。
  3. ^ 3.14159×(10/2)×(10/2)×8.5×8=5340.703。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『外国車ガイドブック’76』p.116。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『外国車ガイドブック’75』p.214。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『外国車ガイドブック’76』p.209。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『外国車ガイドブック’77』p.204。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『外国車ガイドブック1987』p.114。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『外国車ガイドブック1987』pp.198-199。
  7. ^ a b c 『外国車ガイドブック’77』p.114。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『外国車ガイドブック1989』p.206。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『輸入車ガイドブック1990』pp.236-237。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 『輸入車ガイドブック1990』p.142。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m 『外国車ガイドブック1989』p.76。

参考文献[編集]

  • 外国車ガイドブック'75』日刊自動車新聞
  • 『外国車ガイドブック'76』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック'77』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1978』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1979』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1980』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1981』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1982』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1983』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1984』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1985』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1986』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1987』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1988』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1989』日刊自動車新聞社
  • 輸入車ガイドブック1990』日刊自動車新聞社

ラゴンダが登場した作品[編集]

書籍[編集]

  • 『自動車アーカイヴVol.3』-'60年代のイギリス車編-別冊CG-二玄社
  • 『自動車アーカイヴVol.7』-'70年代のイギリス車編-別冊CG-二玄社

漫画[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]


アストンマーチン・ラゴンダ ロードカータイムライン 1948-<- 戦前モデル  
タイプ '40 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
グランツーリスモ DB1 DB2 DB2/4 DB MkIII DBS
/ヴァンテージ
DB7 i6 DB7
ヴァンテージ
ヴァンテージ
DB4
/DB4GT
DB5 DB6 V8 ヴィラージュ/V8 DB9
ヴィラージュ
V8ヴァンテージ V8ヴァンテージ V12ヴァンキッシュ DBS V12 ヴァンキッシュ
スーパーカー DB4GT
ザガート
V8
ザガート
DB7
ザガート
AR1 One-77
セダン 2.6-Litre 3-Litre ラピード ラゴンダ ラピード
小型車 シグネット
オーナー David Brown Limited William Willson| Sprague & Minden Pace Petro
-leum & Gaunt
-lett
Gauntlett & Livanos Gauntlett, Livanos & Ford フォード Richards, Sinders, Dar, Adeem
レーシングカー: DP212DP214DP215B08-60
コンセプトカー: AMV8DB10
人物: ライオネル・マーチン, ロバート・バンフォード(創業者)・デイビッド・ブラウン
公式ウェブサイト