アストンマーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アストンマーチンから転送)
移動先: 案内検索
アストンマーティン
Aston Martin Lagonda Limited
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ウォリックシャー、ゲイドン Banbury Road,CV35 0DB
設立 1913年
業種 自動車製造
事業内容 自動車の製造,販売
代表者 アンディ・パーマー最高経営責任者
マレク・ライクマン:デザイン長
ハンノ・キルマー:最高財務責任者
売上高 4億7430万ポンド(2010年)
純利益 760万ポンド(2010年)
従業員数 1250人(2010年)
主要株主 Prestige Motor Holdings (39%)
Asmar (19%)
Primewagon (Jersey) Ltd (19%)
Adeem Investments (11%)
ダイムラー(5%)
DAR Capital (5%)
Sthewaz Automotive (2%)
他無名株主 (10%)
主要子会社 Aston Martin Racing(50%)
Lagonda(100%)
関係する人物 Lionel Martin(創業者)
Robert Bamford(創業者)
外部リンク Aston Martin.com
テンプレートを表示
V8ヴァンテージ(2005年)

アストンマーティンAston Martin )は、イギリス乗用車メーカーでありブランドの名称である。正式な社名は「アストンマーティン・ラゴンダ」である。

概要[編集]

1913年、ロバート・バムフォード (Robert Bamford) とライオネル・マーティン (Lionel Martin) がズボロフスキー伯爵の援助のもと「バムフォード・アンド・マーティン」社を設立[1]。英国バッキンガムシャーの村アストン・クリントン (Aston Clintonで行われたヒルクライムレースでマーティンが成功を収めたことから、アストンマーティンのブランド名が誕生した[1]

創業以来品質を重視した車作りを手がけており、現行にいたるまで叩き出し、塗装、内装、組み立てといった製作工程の大半が熟練した職人の手によるものである。そのため採算はあまり重視しておらず、経営困難に陥りしばしば経営者が変わることになった。第二次世界大戦後の1947年、実業家デイヴィッド・ブラウン (David Brownの傘下に納まり、高級車ブランドのラゴンダと合併され、モデル名に彼のイニシャルである「DB」が付けられるようになった。しかし1970年代にDBグループは経営破綻し、経営権が再び永らく多くの実業家の間を転々とする状態になった。

1987年にフォード・モーターの傘下に納まり、フォードはブラウンを役員として再び招聘した(1993年死去)。そのためDB7以降の車種では再び「DB」の車名を名乗るようになった。その後、ようやく経営状態は安定するようになる。フォード傘下となったことで、ジャガーランドローバーボルボ・カーズデイムラーとともにPAG(プレミアム・オートモーティブ・グループ)を構成するメーカーの1つとなった。

2007年3月、WRCで活躍するプロドライブの創設者でF1B・A・Rにも関わったデイヴィッド・リチャーズクウェートの投資会社2社などにより構成される投資家グループに、4億7900万ポンド(8億4800万ドル)で売却された。フォードPAGグループは消滅したが、株式の一部はフォードによっても継続保持されている。

近年では新車の製造販売のみならず、過去に製造出荷された自社の車両をレストアする事業にも力を入れており、主に投資対象として旧型車両を購入した富裕層からの受注に応えている。こうした取り組みもあり、アストンマーティン車は2014年現在、歴代全出荷台数の9割が実働車として現存しているとされる[2]

2015年1月5日には、初の日本法人「アストンマーティン・ジャパン・リミテッド」が設立され、アジア・パシフィック地域での事業基盤を強化。日本でも販売強化を図り、2017年にSKY GROUP(モトーレンニイガタ)を東京エリアの正規販売代理店に指名[3]。これまで長年販売店として活動していた「アトランティックカーズ」は2017年3月末に、アストンマーティン赤坂(新東洋企業)は2017年6月末に正規販売代理店契約を終了させることになった。2017年現在東京のほか、名古屋(八光自動車工業)・大阪(八光自動車工業)・広島(エムオート)・福岡(永三モータース)に正規販売代理店がある。

高級スポーツカーメーカーとして知られており、映画『007シリーズ』ではDB5以降のほとんどの主力車種がボンドカーとして登場している。モータースポーツでも長い伝統をもち、1959年にはル・マン24時間レース優勝と世界スポーツカー選手権制覇を果たした(同年にはF1にも参戦)。近年はFIA 世界耐久選手権GTカー (LM-GTE) クラスでタイトルを争っている。2017年ル・マン24時間レースでは、最終ラップの最終コーナーでシボレー・コルベットを抜き、逆転でのクラス優勝を果たした。

車種一覧[編集]

過去の車種[編集]

DB5
V8(ボンドカー)
DB7
  • DB1(1948年-1950年)
  • DB2(1950年-1959年)
アルフレッド・ヒッチコックの映画『』でDB2/4ドロップヘッド・クーペが使用された。
映画007シリーズ『ゴールドフィンガー』『サンダーボール作戦』でボンドカーに使用されたほか、『ゴールデンアイ』『トゥモロー・ネバー・ダイ』『カジノ・ロワイヤル』『スカイフォール』でも使用された。『キャノンボール』にもロジャー・ムーアのマシンとして起用されている。
  • DB6(1965年-1970年)
  • DBS(1967年-1972年)
映画007シリーズ『女王陛下の007』でボンドカーに使用された。
  • V8(1972年-1989年)
映画007シリーズ『リビング・デイライツ』でボンドカーに使用された。
映画007シリーズ『ダイ・アナザー・デイ』でボンドカーに使用された。
映画007シリーズ『カジノ・ロワイヤル』に登場するボンドカーとして特別に製作された。完成度の高さが評判になり、生産される事になった。その後『慰めの報酬』でも使用された。
ベース車はトヨタ・iQ
2011年5月、DB4GTザガートの生誕50周年を記念して、世界的なクラシックカーのコンクールコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステにて、V12ザガートのプロトタイプがお披露目された。同年6月にはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦。2012年2月に市販モデルが公開された。全世界150台限定のスペシャルモデルとして、9月から1年間だけ生産された。6回のレースに参戦している。

現行車種[編集]

ラピード
DBSクーペの後継モデルとして発売された。
レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと共同開発。エイドリアン・ニューウェイがデザインを担当[4][5][6]

コンセプトカー[編集]

映画007シリーズ『スペクター』においてボンドカーとして特別に製造された。

レーシングカー[編集]

DBR1
  • DBR1(1956年-1959年)
1959年のル・マン24時間レースでロイ・サルヴァドーリ/キャロル・シェルビーのペアで優勝したほか、同年のワールド・スポーツカー・チャンピオンシップを英国車として初めて獲得した。
フォーミュラ1カー

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]