アストゥリアス空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アストゥリアス空港
Aeropuerto de Asturias
Aeropuerto de Asturias.jpg
IATA: OVD - ICAO: LEAS
概要
国・地域 スペインの旗 スペイン
所在地 アストゥリアス州カストリジョン
種類 民間用
運営者 AENA
開港 1968年6月11日
標高 127 m
座標 北緯43度33分49秒 西経6度2分5秒 / 北緯43.56361度 西経6.03472度 / 43.56361; -6.03472座標: 北緯43度33分49秒 西経6度2分5秒 / 北緯43.56361度 西経6.03472度 / 43.56361; -6.03472
公式サイト 公式サイト
地図
スペイン国内での空港位置
スペイン国内での空港位置
OVD
スペイン国内での空港位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
11/29 2,200 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
チェックインロビー

アストゥリアス空港(スペイン語: Aeropuerto de Asturias, (IATA: OVDICAO: LEAS))は、スペインアストゥリアス州カストリジョンにある国際空港。アストゥリアス州唯一の国際空港である。国内線が優勢だが、季節運航の国際線も存在する。2012年の旅客数は1,309,640人であり、発着便数は13,252便だった。空港はカストリジョンのサンティアゴ・デル・モンテに位置し、アビレスからは15km、ヒホンからは40km、州都オビエドからは47kmである。2,200mの滑走路1本を有している。

歴史[編集]

1968年6月11日に開港した。初の商業便はマドリードとの間に開設され、すぐにビルバオ経由でのサンティアゴ・デ・コンポステーラ便やバルセロナ便も開設された。1980年代初頭には、スペインで開催される1982 FIFAワールドカップのために初の大規模な拡張が行われた。1982年にはエプロンの面積が2倍に拡大され、チェックインカウンターが1台から6台に増設され、2台の搭乗ゲートと2台の到着ゲート、カフェテリア=レストラン、売店が新設された。2003年にも一連の改良が行われ、より多くの旅客と旅客機を処理することが可能となった。2階部分の増築工事が行われてボーディング・ブリッジが導入され、旅客はターミナルビルから歩いて旅客機に乗り込むことができるようになった。

就航会社と就航地[編集]

出典 : Airlines and destinations [1]

航空会社就航地
スペインの旗 エア・ヨーロッパマドリード=バラハスマラガパルマ・デ・マヨルカテネリフェ・スール
季節運航: フエルテベントゥーラグラン・カナリアランサローテメノルカ
イギリスの旗 イージージェット ロンドン=スタンステッド
スイスの旗 イージージェット・スイスランド季節運航: ジュネーヴ
スペインの旗 イベリア航空マドリード=バラハス
スペインの旗 イベリア航空
エア・ノストラムによる運航
グラン・カナリアパルマ・デ・マヨルカセビリアバレンシア
季節運航: ランサローテテネリフェ・ノルテ
ポルトガルの旗 オーベスト航空英語版バレンシア
ポルトガルの旗 TAP ポルトガル航空
PGAエクスプレスによる運航
リスボン(2014年7月1日就航)
スペインの旗 ボロテア夏季運航: イビサマラガパルマ・デ・マヨルカバレンシア
スペインの旗 ブエリング航空バルセロナ=エル・プラットマラガパリ=シャルル・ド・ゴールパリ=オルリーセビリア
季節運航: グラン・カナリアパルマ・デ・マヨルカテネリフェ・ノルテ

統計[編集]

  • 太字はこの期間中最高の値
旅客数(人) 貨物(kg) 発着回数(回)
2001 816,087 641,241 12,526
2002 774,317 577,235 12,036
2003 839,814 484,441 12,867
2004 943,992 420,256 14,198
2005 1,251,495 230,201 17,535
2006 1,353,030 199,437 17,987
2007 1,560,830 196,741 19,148
2008 1,530,248 139,455 18,371
2009 1,316,088 113,149 16,033
2010 [2] 1,355,364 110,645 16,538
2011 1,339,010 136,772 15,349
2012 1,309,640 101,782 13,252
2013 1,039,409 94,361 10,407

アクセス[編集]

A-8道路とN-632国道でアクセスすることができる。ALSAがアストゥリアス空港とアビレスヒホンオビエドの間に路線バスを運行しており、途中にはピエドラス・ブランカスサリーナスなどの停留所がある。タクシーも利用可能である。

脚注[編集]

  1. ^ Airlines and destinations
  2. ^ La Nueva España: “El aeropuerto asturiano gana viajeros en 2010 tras dos años de pérdidas” (Spanish) (2011年1月14日). 2014年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]