アスカ (自動車部品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アスカ株式会社
ASKA CORPORATION
ASKA Corporation in Kariya.jpg
種類 株式会社
市場情報
名証2部 7227
1997年7月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
448-0002
愛知県刈谷市一里山町東吹戸11番地
北緯35度1分17.4秒
東経137度1分39.4秒
座標: 北緯35度1分17.4秒 東経137度1分39.4秒
設立 1953年昭和28年)12月25日
(片山工業株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 1180301013673
事業内容 自動車部品事業、配電盤事業、ロボットシステム
代表者 代表取締役社長 片山義規
資本金 9億384万2,275円
発行済株式総数 571万5,420株[1]
売上高 単独:196億69百万円
連結:229億16百万円
(2017年11月期)
純資産 単独:69億73百万円
連結:62億89百万円
(2017年11月期)
総資産 単独:253.億34百万円
連結:294億33百万円
(2017年11月期)
決算期 11月30日
主要株主 株式会社片山 18.36%
ニチアス株式会社 16.24%
片山敬勝 4.96%
(2015年11月30日現在)[1]
主要子会社 株式会社岡山国際サーキット 100%
AMI株式会社 100%
外部リンク http://www.aska.co.jp/
テンプレートを表示

アスカ株式会社: ASKA CORPORATION )は、愛知県刈谷市に本社を置く自動車部品メーカー。自動車部品の他に、配電盤FAシステムの製造も行っている。

また、同社のサッカー部であるAS刈谷愛知県社会人サッカーリーグに加盟している。

沿革[編集]

  • 1953年昭和28年)12月25日 - 「片山工業株式会社」として設立[1]
  • 1985年(昭和60年)11月-自動車大型部品の生産を目的として幸田工場を設置。
  • 1992年平成4年)3月 - 「アスカ株式会社」に商号を変更[1]
  • 1997年(平成9年)7月29日 - 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場[1]
  • 2004年(平成16年)-米国に子会社AEC(現ASKA USA CORPORATION)を設立する。
  • 2008年(平成20年)2月 - 愛知ブランド企業の認定を受ける[2]
  • 2008年(平成20年)4月-愛知県豊田市にロボットシステム事業の製造拠点として豊田工場を設置。
  • 2011年(平成23年)5月-中国に阿司科機電(上海)有限公司を設立する。
  • 2012年(平成24年)3月28日 - 株式会社ユニマットホールディングより株式会社岡山国際サーキットの全株式を取得し完全子会社化[1][3]
  • 2012年(平成24年)7月-インドネシアAUTO ASKA INDONESIAを設立する。
  • 2012年(平成24年)8月-AMI株式会社を設立する。
  • 2015年(平成27年)3月31日 - 子会社のアームス株式会社の全株式を譲渡[4]
  • 2016年(平成28年)11月 - 株式会社ジャスティスの全株式を取得し、子会社化[2]
  • 2017年(平成29年)8月-愛知県高浜市に配電盤事業の製造拠点として高浜工場を稼働。
  • 2018年(平成30年)7月-名古屋市に株式会社MIRAI-LABを設立。

事業所[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 有価証券報告書-第62期(平成26年12月1日-平成27年11月30日)”. EDINET. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 沿革”. アスカ株式会社. 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ 株式会社岡山国際サーキットの株式取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF)
  4. ^ 平成28年11月期第3四半期決算短信 (PDF)”. アスカ株式会社. 2017年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]