アジョシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジョシ
아저씨
監督 イ・ジョンボム
脚本 イ・ジョンボム
製作 イ・テホン
出演者 ウォンビン
キム・セロン
音楽 シム・ヒョンジョン
主題歌 「Dear」Mad Soul Child
撮影 イ・テユン
編集 キム・サンボン
製作会社 OPUS PICTURES
配給 韓国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 東映
公開 韓国の旗 2010年8月4日
アメリカ合衆国の旗 2010年10月1日
台湾の旗 2011年1月14日
シンガポールの旗 2011年3月17日
香港の旗 2011年6月9日
日本の旗 2011年9月17日
上映時間 119分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
興行収入 2億5000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示
アジョシ
各種表記
ハングル 아저씨
漢字 아저氏
発音 アジョッシ
日本語読み: あじょし
英語
文化観光部2000年式
マッキューン=ライシャワー式::
The Man from Nowhere
Ajeossi
Ajŏssi
テンプレートを表示

アジョシ』(: 아저씨, 「おじさん」の意)は、2010年韓国映画。2010年度の韓国興行収入1位を記録。主演のウォンビン大鐘賞で主演男優賞を獲得した。

あらすじ[編集]

元・特殊要員のテシク(ウォンビン)は質屋を営み、細々と暮らしている。彼を訪ねてくる人は、質屋に物を持ち込む人と隣に住む少女ソミ(キム・セロン)だけ。ソミはテシクを「アジョシ」(おじさん)と呼び慕い、テシクもソミに心を開いていく。ある日、鞄を盗んだと警察に捕まり、親の名前を聞かれていたソミを見かける。ソミはテシクをパパだと指差すが、無視して立ち去る。

ソミの母親が麻薬の事件に関わり、ソミも一緒に拉致されてしまう。マンソク兄弟は母子を人質にして、テシクに麻薬の運び屋を引き受けさせる。同時に取引を警察に通報し、テシクと取引相手を引き渡す筋書きを考えていた。ボスが逃げ、テシクが使った車のトランクには内臓を抜かれた母親の死体があった。テシクは殺人と臓器売買の容疑で逮捕されるが、前科や麻薬歴もなく、1998年から記録が抹消されていた。テシクが暗殺を主な任務とする情報特殊部隊の元要員で、2006年の交通事故を最後に記録が途絶えていた。即死した同乗者はテシクの愛する妻だった。テシクは捜査官の隙をついて逃走。ソミは同年代の子どもたちと軟禁されていた。これ以上愛する者を失いたくないテシクはソミを救うため、一人で組織に乗り込んでいく。ソミは既に目玉だけになっていた。組織を壊滅して自殺を図ろうとするテシクに女の子の声が聞こえてきた。実は目玉はソミのものでなく、ソミは組織の一人であるラムにひそかに助けられていた。テシクは無事だったソミと抱きしめ合う。後日、ソミは駄菓子屋の老人に引き取られ、警察に連れていかれるテシクを見送って、映画の幕が下りる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャ・テシク ウォンビン 東地宏樹
ソミ キム・セロン 矢島晶子
マンソク兄弟の兄 キム・ヒウォン 高瀬右光
マンソク兄弟の弟 キム・ソンオ 西健亮
キム・チゴン キム・テフン 檀臣幸
オ社長 ソン・ヨンチャン 横島亘
ラム・ロワン タナーヨング・ウォンタクーン 岩崎了

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁

外部リンク[編集]