アジア王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アジア王(アジアおう、ギリシア語: Κύριος της Ασίας)は、マケドニア王アレクサンドロス3世紀元前331年ガウガメラの戦いで勝利した後、与えられた称号[1]。その後、アジア王の称号は紀元前323年にアレクサンドロス3世がバビロンで亡くなった後、その後継者であるアンティゴノス朝プトレマイオス朝セレウコス朝、そして彼の息子アレクサンドロス4世に継承されたが、いずれもアジアやアレクサンドロス3世の帝国に勢力を持たず、実権は摂政や反乱したペルシアのサトラップにあった。ディアドコイが実権を奪って帝国を分割すると、アジア王の称号を継承する者はいなくなった。

アジア王の一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Britannica reference on Lord of Asia”. 2010年1月8日閲覧。

関連項目[編集]