アジア柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジア柔道選手権から転送)
移動先: 案内検索

アジア柔道選手権大会は、アジア柔道連盟が主催する柔道のアジア選手権である。

歴史[編集]

男子の大会は1966年からほぼ4年に1度開催され、1991年からは毎年開催に移行している(アジア競技大会開催年は除く)。女子の大会は1981年より始まり、以降は1984・85年を除き男女同時開催となっている[1]。 2000年より、一本勝を奨励する目的で最も一本勝ちが多かった選手に対して“一本トロフィー(The Ippon Trophy)”の贈呈を開始。 2011年からは男女とも国別団体戦が開催される事となった[2]大陸選手権では、各国とも男女最大9名の選手をエントリーすることが許容されているものの、この大会では各階級とも1名しかエントリーできない[3][4]。2016年からは男女とも最大9名までのエントリーが認められることになった[5]

開催地[編集]

開催地 記録
男子 女子
1966 フィリピンの旗 マニラ - 結果
1970 台湾の旗 高雄 - 結果
1974 大韓民国の旗 ソウル - 結果
1981 インドネシアの旗 ジャカルタ 結果
1984 クウェートの旗 クウェート - 結果
1985 - 日本の旗 東京 結果
1988 シリアの旗 ダマスカス 結果
1991 日本の旗 大阪 結果
1993 マカオの旗 マカオ 結果
1995 インドの旗 ニューデリー 結果
1996 ベトナムの旗 ホーチミン 結果
1997 フィリピンの旗 マニラ 結果
1999 中華人民共和国の旗 温州 結果
2000 日本の旗 大阪 結果
2001 モンゴル国の旗 ウランバートル 結果
2003 大韓民国の旗 済州 結果
2004 カザフスタンの旗 アルマトイ 結果
2005 ウズベキスタンの旗 タシュケント 結果
2007 クウェートの旗 クウェート 結果
2008 大韓民国の旗 済州 結果
2009 チャイニーズタイペイの旗 台北 結果
2011 アラブ首長国連邦の旗 アブダビ 結果
2012 ウズベキスタンの旗 タシュケント 結果
2013 タイ王国の旗 バンコク 結果
2015 クウェートの旗 クウェート 結果
2016 ウズベキスタンの旗 タシュケント 結果
2017 香港の旗 香港 結果
2019 イランの旗
2020 モンゴルの旗

メダル獲得数の国・地域別一覧[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 161 77 106 344
2 大韓民国の旗 韓国 87 96 122 305
3 中華人民共和国の旗 中国 46 30 75 151
4 モンゴルの旗 モンゴル 18 43 84 145
5  カザフスタン 16 25 73 114
6  ウズベキスタン 14 17 47 78
7 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 12 21 37 70
8  イラン 12 17 29 58
9 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 2 30 81 113
10 タジキスタンの旗 タジキスタン 2 5 8 15
11 香港の旗 香港 1 2 7 10
12  インドネシア 0 4 16 20
13 インドの旗 インド 0 4 11 15
14 キルギスの旗 キルギス 0 3 11 14
15 トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン 0 3 10 13
16 クウェートの旗 クウェート 0 0 10 10
フィリピンの旗 フィリピン 0 0 10 10
18 シリアの旗 シリア 0 0 4 4
19 レバノンの旗 レバノン 0 0 2 2
 パキスタン 0 1 1 2
タイ王国の旗 タイ 0 0 2 2
22 バングラデシュの旗 バングラデシュ 0 0 1 1
ヨルダンの旗 ヨルダン 0 0 1 1
マレーシアの旗 マレーシア 0 0 1 1
ミャンマーの旗 ミャンマー 0 0 1 1
シンガポールの旗 シンガポール 0 0 1 1
 ベトナム 0 0 1 1

備考[編集]

2009年に台湾で開催されたアジア選手権では、イスラム教徒の女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフとして知られるヒジャブの着用が認められた[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]