アシール・エマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アシール・エマナ Football pictogram.svg
Achille Emana cropped.jpg
名前
本名 アシール・エマナ・エザンビ
Achille Emaná Edzimbi
ラテン文字 Achille EMANÁ
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1982-06-05) 1982年6月5日(34歳)
出身地 ヤウンデ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 ジムナスティック・タラゴナ
ポジション MF (OMF) / FW
背番号 25
利き足 右足
ユース
1997-1999 カメルーンの旗 ババンビ・ドゥアラ
1999-2000 スペインの旗 バレンシア
2000-2001 フランスの旗 トゥールーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2008 フランスの旗 トゥールーズ 231 (28)
2008-2011 スペインの旗 ベティス 91 (34)
2011-2012 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 11 (4)
2012 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ・ドバイ (loan) 11 (2)
2012-2013 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ・ドバイ 12 (4)
2013 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル 11 (3)
2013-2015 メキシコの旗 クルス・アスル 15 (1)
2015 メキシコの旗 アトランテ (loan) 9 (0)
2015-2016 スペインの旗 ジムナスティック 39 (9)
2016 日本の旗 徳島ヴォルティス 0 (0)
2017- スペインの旗 ジムナスティック
代表歴2
2003- カメルーンの旗 カメルーン 42 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月20日現在。
2. 2014年4月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アシール・エマナAchille Emaná Edzimbi, 1982年6月5日 - )は、カメルーンヤウンデ出身の同国代表サッカー選手ジムナスティック・タラゴナ所属。ポジションはMF(攻撃的ミッドフィールダー)。カメルーン代表ではしばしばウイングとして起用される。日本での登録名はアチーレ・エマナ

父親もカメルーン代表経験のあるサッカー選手だった[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

トゥールーズFC[編集]

1999-2000シーズンはバレンシアCFカンテラに所属し、2000-01シーズンからトゥールーズFCのユースに在籍した。翌2001年の19歳の時に3部を戦うトゥールーズのトップチームに引き上げられプロデビューを果たすと、すぐに攻撃的ミッドフィールダーのポジションを獲得し、僅か2年でリーグ・アンへ昇格することに貢献した。リーグ・アンの舞台でも変わらず活躍していたことから、2005年にはマイケル・エッシェンの後釜を探していたオリンピック・リヨンオリンピック・マルセイユなど同リーグの強豪が獲得に動いていると報じられた[2] [3]。そんな中でチームに留まるを決心したエマナは、2006-07シーズンに36試合8得点を記録し、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08予選出場権獲得となる3位躍進の原動力として活躍した。

2007年にはイングランドポーツマスFCへの移籍に強く傾いた[3]が、労働許可証を取得できなかったため[4]、トゥールーズと2010年までの契約延長を果たした[5]。しかし、このシーズンのチームは、前シーズンと打って変わりリーグ・ドゥ降格まで僅か2ポイントの17位と非常に厳しいものだった。シーズン終了後の2008年春にはイングランドのウェストハム・ユナイテッドFC, ニューカッスル・ユナイテッドFC[6]スペインセビージャFC[7]から関心を示された。2001年から2008年までの7シーズンの在籍で226試合28得点を記録した。

レアル・ベティス[編集]

2008年6月11日にスペインのレアル・ベティスとトゥールーズがエマナの移籍に関し交渉していることが報じられた。トゥールーズ側はベティスからの入札を2度拒否したにもかかわらず、エマナ自身はキャリアアップのため移籍を熱望[8]し、7月22日に移籍金700万ユーロの5年契約でついに移籍を果たした[9]。同年10月19日のRCDマジョルカ戦(ホーム3-0)で移籍後初得点と初アシストを決めると、2009年4月中旬にはラシン・サンタンデール戦(アウェー3-2), スポルティング・ヒホン戦(ホーム2-0)でそれぞれ2得点を決め、最終的に移籍1年目にチーム最多の11得点7アシストを記録したが、最終節に降格圏の18位となりセグンダ・ディビシオン降格となった。

その活躍からブラックバーン・ローヴァーズFCバーミンガム・シティFCボルトン・ワンダラーズFCレンジャーズFCと様々なクラブが興味を示したが、ベティスに残留することを決意し、2009-10シーズンはチーム2位の10得点を挙げてチームを牽引した。チームは最終節まで昇格争いを続けており、エマナ自身もクラブのために代表合流を遅らせることを望んでいたが[10]、結局2010 FIFAワールドカップに出場するためにシーズン終了を待たずにカメルーン代表に合流した。このシーズンは昇格を逃したものの、翌2010-11シーズンはルベン・カストロホルヘ・モリーナと共に攻撃を司り、3人だけで総得点の半分以上の50得点以上を叩きだし首位でプリメーラ・ディビシオンの舞台に復帰した。

ベティス退団後[編集]

2011年8月7日にサウジアラビアアル・ヒラルへ移籍した[11]

2015年8月2日、リーガMXクルス・アスルからセグンダ・ディビシオンジムナスティック・タラゴナに移籍した[12]

徳島ヴォルティス[編集]

2016年7月20日、Jリーグ徳島ヴォルティスへの加入が発表された[13]

代表[編集]

カメルーン代表に2003年に初招集され、同年のFIFAコンフェデレーションズカップ2003で準優勝を経験するも、この大会ではチームメイトのマルク・ヴィヴィアン・フォエが試合中に倒れて亡くなるという悲劇を経験した。

アフリカネイションズカップ2006では準々決勝まで駒を進めたが、コートジボワール戦で11-12のPK戦末に惜しくも敗退した。2007年下旬にチームからの扱いに不満を持ち代表引退を表明した[14]が、すぐさま撤回[15]し、アフリカネイションズカップ2008に出場。グループリーグのザンビア戦(5-1)で得点を挙げた。

2010年5月30日に2010 FIFAワールドカップのメンバー23人に選出され[16]、背番号10を背負うこととなったが、グループリーグで全敗し敗退した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

トゥールーズFC
レアル・ベティス
アル・アハリ・ドバイ
クルス・アスル

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2001-02 トゥールーズ 仏・Div.3
2002-03 リーグ・ドゥ
2003-04 リーグ・アン
2004-05
2005-06 26 2 26 2
2006-07 26 8 2 0 2 0 30 8
2007-08 31 7 31 7
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2008-09 ベティス プリメーラ 35 11 5 1 40 12
2009-10 セグンダ 28 10 - 28 10
2010-11 28 13 4 1 32 14
サウジアラビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 アル・ヒラル サウジ・プロ 11 4 11 4
アラブ首長国連邦 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 アル・アハリ・ドバイ UFL 11 2 11 2
2012-13 12 4 12 4
アル・ワスル 11 3 11 3
メキシコ リーグ戦 コパMX オープン杯 期間通算
2013-14 クルス・アスル リーガMX 14 1 14 1
2014-15 1 0 1 0
アトランテ 9 0 9 0
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2015-16 ジムナスティック セグンダ 33 9 2 0 35 9
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2016 徳島 20 J2 -
通算 フランス リーグ・アン
フランス リーグ・ドゥ
フランス 仏・Div.3
スペイン プリメーラ 35 11 5 1 40 12
スペイン セグンダ 89 32 6 1 95 33
サウジアラビア サウジ・プロ 11 4 11 4
アラブ首長国連邦 UFL 34 9 34 9
メキシコ リーガMX 24 1 24 1
日本 J2 -
総通算

脚注[編集]

外部リンク[編集]