アシャレド・アピル・エクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アシャレド・アピル・エクルAsharid apal Ekur、在位:紀元前1076年 - 紀元前1074年)は中アッシリア王国時代のアッシリア

ティグラト・ピレセル1世の息子として生まれ、父の死後王位についたが、国内はアラム人の侵入のために混乱していたと考えられる。何も分かっていない僅かな在位期間の後、弟のアッシュール・ベル・カラが王位を継いだ。