アゴラ (ブログ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アゴラ
URL http://agora-web.jp/
使用言語 日本語
タイプ ブログ
運営者 株式会社アゴラ研究所
設立者 池田信夫西和彦
営利性 あり
設立日 2009年平成21年)
現状 運営中

アゴラ(Agora)は、主に政治経済に関連した記事を扱う日本のウェブサイトである。運営者は株式会社アゴラ研究所(2011-12-1まで株式会社アゴラブックス)。主宰は同研究所代表取締役の池田信夫。編集長は新田哲史

概要[編集]

池田信夫をはじめとする執筆陣が時事問題を論じている。創刊当初は、経済・ビジネス・情報通信・メディアを主な領域とし、政策担当者やビジネスマン向けの「中級」の経済知識を提供するオピニオンサイトとしてスタートしたが[1]、近年は現職政治家も参加し、その一人である音喜多駿が「今年(注・2016年)ですっかり政治ネットメディアの代表格にのし上がった」と述べている[2]

テレビの電波政策など、大手マスコミではタブーとされる問題を取り上げることも辞さないとしており[3]、2014年には池田が朝日新聞の慰安婦報道問題を追及。2016年には、八幡和郎と池田が、民進党の代表選挙に出馬した蓮舫参議院議員の二重国籍問題をいち早く取り上げ、注目を集めた[4][5]。同年9月には、月間ページビュー数が1,000万に達した、としている[6]。また、2016年アメリカ合衆国大統領選挙に際しては、執筆陣の1人である渡瀬裕哉ドナルド・トランプの当選を1年前から予測し、的中させた[7]

運営者「株式会社アゴラ研究所」所長でもある池田は 「日本では匿名掲示板の悪影響でウェブ上の言論が壊滅状態なので、専門家が実名で発言することによって、政策担当者やジャーナリスト、一般市民との交流を図りたい」としている[8]

誤報[編集]

2017年10月3日、麻酔科医である筒井冨美が執筆した「やめて!こういうインタビュー:宋美玄氏×BuzzFeed のダブルスタンダード」の記事がデマや対談者への誹謗中傷があるとの指摘を受け、筒井のアカウント年内停止(のちに無期限停止に変更)ならびに全執筆記事を非公開にした。アゴラ編集部は「ご指摘をうけた大半の事項で問題がみられ、なによりも記事の根幹となる部分で明白な誤りがありました」と、全面的に間違いを認めている[9]。アゴラが事前チェックなしで原稿を公開するスタイルであったため発生したトラブルと見られるが、今後も原稿の事前チェックを行わないという[10]

著名な投稿者(50音順)[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]