アゴスティーノ・トダーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アゴスティーノ・トダーロ
パレルモ植物園の胸像

アゴスティーノ・トダーロ(Agostino Todaro, dei baroni della Galia 、1818年1月14日 - 1892年4月18日)は、イタリア植物学者、法律家、政治家である。パレルモ植物園長やイタリア王国の上院議員などを務めた。

略歴[編集]

パレルモに生まれた。法律学校で学ぶが、友人のフィリッポ・パルラトーレと植物学を愛好し、法律家の仕事に進むが、パレルモ植物園長のティネオ(Vincenzo Tineo)の採集旅行に同行し、研究や執筆を行った。ティネオの没後、パレルモ大学の植物学教授、パレルモ植物園長の仕事を継いだ。トダーロが植物園長をつとめた間にパレルモ植物園は拡張され、近代化された。シシリー島固有の植物や、オーストラリアの植物が集められた。1858年に植物園の植物目録、"Index seminum horti Regii botanici Panormitani" が出版された。

シチリア島での綿花の栽培を推進した。他の植物学として、"ortus Botanicus Panormitanus" (1876-1892)などがある。

Tod.は、植物の学名命名者を示す場合にアゴスティーノ・トダーロを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Orchideae siculae sive enumeratio orchidearum in Sicilia hucusque detectarum, Ex Empedoclea Officina, Panormi 1842
  • Rapporto della Commissione per l'imboschimento e censuazione di Monte Pellegrino, con G. Schiro, Lima, Palermo 1851.
  • Nuovi generi e nuove specie di piante coltivate nel Real Orto Botanico di Palermo, Pagando e Piola, Palermo 1858
  • Relazione sui cotoni coltivati al r. Orto botanico nell'anno 1864, Lorsnaider, Palermo 1864.
  • Synopsis plantarum acotyledonearum vascularium sponte provenientium in Sicilia insulisque adjacentibus, Lao, Palermo 1866.
  • Relazione sui cotoni coltivati nel r. Orto botanico di Palermo nell'anno 1876, Lao, Palermo 1877.
  • Relazione sulla cultura dei cotoni in Italia, seguita da una monografia del genere Gossypium, Stamp. Reale, Palermo 1878.
  • Sopra una nuova specie di Fourcroya, Lao, Palermo 1879

参考文献[編集]

外部リンク[編集]