アゲマキガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アゲマキガイ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
階級なし : Euheterodonta
: マルスダレガイ目 Veneroida
上科 : マテガイ上科 Solenoidea
: ユキノアシタガイ科 Pharidae
: アゲマキガイ属 Sinonovacula
: アゲマキガイ S. constricta
学名
Sinonovacula constricta
Lamarck, 1818 [1]
和名
アゲマキガイ

アゲマキガイ(揚巻貝、学名:Sinonovacula constricta[2])はユキノアシタガイ科アゲマキガイ属二枚貝である。別名としてチンダイガイ(鎮台貝)等がある。またマテガイと混称されるので注意が必要である[3]

特徴[編集]

外殻は細長く両端は円形で殻頂はやや左側へ寄っている。成長線ははっきりしており、表面は黄緑色であるが、殻皮が脱落している場合は白色を呈する。

分布[編集]

分布域は 、日本北京当局遼寧省河北省山東省浙江省福建省広東等の海域で、河口や汽水の内湾の潮間帯下部付近の干潟に多く見られる。

参考文献[編集]

  1. ^ 中国科学院动物研究所. “缢蛏”. 《中国动物物种编目数据库》. 中国科学院微生物研究所. 2009年4月28日閲覧。
  2. ^ 阮金山; 李秀珠; 林克冰; 罗冬莲; 周宸; 蔡清海. “安海湾南岸滩涂养殖贝类死亡原因调查分析” (zh-hans). 福建水产 2005 (第04期). http://mall.cnki.net/magazine/Article/FJSC200504006.htm 2014年12月4日閲覧。. 
  3. ^ 長崎県水産部. “アゲマキ”. 2017年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]