アグリッピナ・ワガノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスメラルダを踊るワガノワ (1910年頃)

アグリッピナ・ヤコヴレヴナ・ワガノワ: Агриппина Яковлевна ВагановаAgrippina Yakovlevna Vaganova1879年7月6日-1951年11月5日)は、ロシアバレリーナ、バレエ教師。ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国人民芸術家

人物[編集]

1879年サンクトペテルブルクに生まれる。

帝室バレエ学校(現ワガノワ・バレエ・アカデミー)で学び、1897年卒業と同時にサンクトペテルブルクバレエ団(現マリインスキー・バレエ)にコール・ドとして入団。確かな技術、男性舞踊手並みの高さのある跳躍、安定した動きで、“ヴァリエーションの女王”の名をほしいままにしていた。しかし、当時圧倒的に注目を集めていたバレリーナ、アンナ・パヴロワマチルダ・クシェシンスカヤらの活躍もあり、現役時代は舞台に恵まれなかった。そして引退直前に、バレリーナに昇格した。

1916年に引退。1921年から母校のバレエ学校で教える。ここで自分なりに理解したものを教授していき、次第に信憑性を深めていき、マリナ・セミョーノワをはじめ、ガリーナ・ウラノワ、イリーナ・コルパコワ、ナタリア・ドゥジンスカヤら、バレエ史に名を残すダンサーを次々と育て上げた。

1931年から1937年までキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の芸術監督に就任。

1951年、レニングラード(現サンクトペテルブルク)で死去。1957年からレニングラード・バレエ学校(旧称 帝室バレエ学校)は彼女の名を冠するようになった。

ワガノワ・メソッド[編集]

ワガノワの墓碑

1934年に「クラシックバレエの基礎」を出版し、世界中にバレエの教授法を広めた。

「イタリアで生まれ、フランスで育ち、ロシアで成熟した」と云われるバレエだが、ワガノワ・メソッドは三国の特色の折衷を取りながら、身体のあらゆる部分を意識的に使ってバランスを保ち、自然な流れでパ(ステップ)とパをつなぐことを基礎とした実践的な教授法だった。

数ある教え子のなかでも特にセミョーノワとウラノワはボリショイ・バレエ学校で、ドゥジンスカヤはワガノワ・アカデミーで、優れたバレエ教師として多くの著名ダンサーを送り出し、ワガノワ・メソッドの後継者となった。

外部リンク[編集]

著書[編集]

  • 「ワガノワのバレエ・レッスン」(1996年11月、新書館) ISBN 4403310079