アグスティン・ムニョス・グランデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アグスティン・ムニョス・グランデス
Agustín Muñoz Grandes
J mmue 65058 00001.jpg
1940年代前半のグランデス
生誕 1896年1月27日
スペインの旗 スペイン王国 マドリード
死没 (1970-07-12) 1970年7月12日(74歳没)
スペインの旗 スペイン マドリード
所属組織 スペイン陸軍
軍歴 1915年 - 1950年
最終階級 中将
除隊後 国防大臣第一副首相
署名 Firma de Agustín Muñoz Grandes.svg
テンプレートを表示

アグスティン・ムニョス・グランデス(Agustín Muñoz Grandes、1896年1月27日 - 1970年7月12日)は、スペイン軍人(最終階級は中将)。第二次世界大戦では青師団の司令官を務め、フランコ体制下のスペインでは閣僚を歴任した。

生涯[編集]

マドリードの中流家庭に生まれ、トレドの陸軍歩兵学校に入学した。卒業後の1915年にモロッコの部隊に配属される。スペイン内戦ではフランシスコ・フランコを支持し、将軍に任命されアフリカ軍英語版の指揮権を掌握した。1937年2月にはスペイン外人部隊を率いてマラガの戦い英語版に参加した。

1941年、スペイン政府が東部戦線で戦うドイツ国防軍に対し、内戦中に受けた支援の返礼としてレニングラードに義勇兵部隊青師団を派遣すると、その司令官に任命される。その際、ドイツ軍の施設内でアドルフ・ヒトラーヴィルヘルム・カナリスと会談している。同年9月8日に2級鉄十字章を授与され[1]、1942年1月19日に1級鉄十字章[1]、3月12日に騎士鉄十字章を授与されている。1942年12月にエミリオ・エステバン=インファンテスと司令官を交代してスペインに帰国し、中将に昇進する。1945年に軍管区司令官に任命され、1950年には国防大臣に就任する。1962年に第一副首相に就任し、1967年まで務めた。

1970年にマドリードで死去した。

出典[編集]

  1. ^ a b Thomas 1998, p. 112.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) [1986] (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Kleinfeld, Gerald A. (1979). Hitler's Spanish Legion: The Blue Division in Russia. Southern Illinois University Press. ISBN 0-8093-0865-7. 
  • Thomas, Franz (1998) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2: L–Z [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2: L–Z]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2300-9.