アグスティン・ペドロ・フスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アグスティン・ペドロ・フスト
Presidente Agustín Pedro Justo.png
アルゼンチン大統領
任期
1932年2月20日 – 1938年2月19日
副大統領 フリオ・A・ロカ・Jr.
前任者 ホセ・フェリクス・ウリブル
後任者 ロベルト・M・オルティス
個人情報
生誕 (1876-02-26) 1876年2月26日
エントレ・リオス州コンセプシオン・デル・ウルグアイ
死没 1943年1月11日(1943-01-11)(66歳)
ブエノスアイレス
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
政党 コンコルダンシア、UCR-A、PSI、PDN
専業 軍人
署名
兵役経験
部門 アルゼンチン軍
軍歴 1892–1931
最終階級 少将

アグスティン・ペドロ・フスト・ロロン(Agustín Pedro Justo Rolón、1876年2月26日 - 1943年1月11日)は、アルゼンチン政治家軍人。「忌まわしき10年間」の時代のアルゼンチン大統領(在職1932年2月20日-1938年2月19日)。

経歴[編集]

父親のアグスティン・ペドロ・フスト(息子と同名)はコリエンテス州知事である。アグスティン・ペドロ・フストは1876年にエントレ・リオス州コンセプシオン・デル・ウルグアイで生まれたが、出生後すぐにブエノスアイレスに移った。11歳の時には士官学校に入学し、ブエノスアイレス大学で土木工学を学んだ。1895年には中尉に、1902年には大尉になり、軍人としては少将まで上り詰めた。

1915年には政治家に転身し、1922年からのマルセロ・トルクァト・デ・アルベアール大統領政権下では防衛大臣を務めた。1930年のクーデターでイポリト・イリゴージェン大統領が追放されると、ホセ・フェリクス・ウリブルが大統領に就任して「忌まわしき10年間」が始まると、政治的混乱や恐慌が続いていた1932年2月20日には後任の大統領に就任した。1933年にはイギリスとの間でロカ=ルンチマン条約を締結している(ロカとは副大統領の名前)。1938年2月19日まで大統領を務めた。1943年に亡くなり、ブエノスアイレスのラ・レコレータ墓地に埋葬された。