アクヒサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Akhisar
Akhisarの位置(トルコ内)
Akhisar
Akhisar
北緯38度55分00秒 東経27度50分00秒 / 北緯38.91667度 東経27.83333度 / 38.91667; 27.83333座標: 北緯38度55分00秒 東経27度50分00秒 / 北緯38.91667度 東経27.83333度 / 38.91667; 27.83333
Country トルコの旗 トルコ
マニサ県
地区 アクヒサル
行政
 • 市長 サリー・ヒズリ
 • 副市長 カミル・コーテン
面積
 • 地区 1,706.98km2
標高
94m
人口
(2012)[2]
 • 都市部
107,086人
 • District
160,620人
 • District密度 94/km2
Post code
45200
ウェブサイト www.akhisar.bel.tr

アクヒサルオスマントルコ語: اقحصار‎)は、トルコ西部、エーゲ海地方マニサ県の都市。

概要[編集]

1890年のアクヒサル

アクヒサル(オスマントルコ語: اقحصار‎)はかつて存在したティアティラと同じ都市である。紀元前3000年には既に人が住んでいた事が考古学的に明らかになっている。古代~現在まで、交通の要衝であるアクヒサルは繁栄し続けている。7つの教会の1つが有った。アクヒサルの名は聖書に載っている。アクヒサルはトルコ産煙草の10%を生産している。高品質のオリーブオリーブ油も生産している。

歴史[編集]

ヒッタイト時代(紀元前1600年紀元前1178年)、重要な都市だった。

リュディア時代(紀元前7世紀紀元前547年)には、最重要都市だった。

紀元前500年頃、アケメネス朝ペルシア(紀元前550年紀元前330年)がこの地域を占領した。

後にアレクサンドロス3世(紀元前356年紀元前323年)、セレウコス朝(紀元前312年紀元前63年)、アッタロス朝(紀元前282年紀元前133年)、ポントス王国(紀元前281年紀元前64年)のミトリダテス6世(紀元前132年紀元前63年)が支配した。

紀元前80年ローマ帝国に併合された。

214年、ローマのカラカラ帝はティアティラを地域の中心都市にした。ティアティラは3つの体育館を持つ大都市に成長した。

2世紀、アナトリア西部に福音記者ヨハネパウロ等の使徒がキリスト教を広めた。新約聖書にはティアティラの名が2回登場する。

395年、ローマ帝国が分割されティアティラはビザンツ帝国領となった。

7世紀初頭、アクヒサル周辺でも多くのアラブの反乱が起き、ビザンツ帝国と衝突した。

12世紀トゥルク人が大量に流入し始める。続く2世紀の間、アクヒサルを巡るビザンツとトゥルクの争いは続いた。

1307年サルハン侯国がアナトリア西部を制覇し、アクヒサルもその支配下に入った。

14世紀末、アクヒサルは拡張を続けるオスマン帝国に併合され、キュタヒヤ州サルハン県カダー地区となった。サルハン県は後にアイディン県と合併し、オスマン帝国が滅びる1922年まで続いた。

1922年8月、トルコ国軍がアクヒサルを占領し、約7000人のギリシャ人住民が殺害された。以降アクヒサルにキリスト教系共同体は存在しない。[3]

特色[編集]

古代には、ティアティラはイスタンブールペルガモンサルディスエフェソスを結ぶ交通の要所だった。また、周辺の小さな町や村を管轄していた。衣服と陶器の交易が町の活動の中心だった。羊毛、亜麻布、真鍮製品、染め物も行われた。アクヒサル製の衣服や紐はイスタンブールの市場で人気が有った。オリーブやオリーブ油、西瓜グレープレーズンも生産された。

アクヒサルはマニサ県(サルハン県)で最大の商業中心地となった。アクヒサルは16世紀に初めてオスマン帝国の記録に現れる。記録によると、アクヒサルはサルハン県の税収の40%を占めた。19世紀終盤、人口が3万人に達した。国がトルコに変わっても、アクヒサルは発展し続けた。多くの近代的街路が整備された。近年、多くの公園や憩いの場所に加えて新しいスタジアムと芝のサッカー場が建てられた。銀行、店、観光ホテルが駅と中心部を結ぶタヒー・ウン通りに建ち並んでいる。

産業地区には自動車修理や小部品製造、オリーブ油工場、煉瓦工場、煙草工場が有る。大アクヒサル産業地区は発展中である。アクヒサルはトルコの2大港であるイスタンブールとイズミルを結ぶ国道565号沿いに有る為、アクヒサル工業地区は国内・国外の両方から投資を受けている。

今日、アクヒサルではチェスが流行っている。毎年カグラク祭では何百人もの子供達がチェスを行う。2009年9月24日~10月3日、世界U16チェス大会がアクヒサルで開催された。

姉妹都市[編集]

出典[編集]

  1. ^ Area of regions (including lakes), km²”. Regional Statistics Database. トルコ統計局英語版 (2002年). 2013年3月5日閲覧。
  2. ^ Population of province/district centers and towns/villages by districts - 2012”. Address Based Population Registration System (ABPRS) Database. トルコ統計局英語版. 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ Jonsson, David J. (2005). The clash of ideologies : the making of the Christian and Islamic worlds. [Longwood, Fla.]: Xulon Press. p. 316. ISBN 9781597810395. http://books.google.gr/books?id=pXstU5Kt-_kC&pg=PA316&dq=akhisar+turkish+1922&hl=el&sa=X&ei=PexvUcTzBseM7Qb-qICwBA&ved=0CC8Q6AEwAA#v=onepage&q=akhisar%20turkish%201922&f=false. 

外部リンク[編集]