アクセル・トスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アクセル・トスカ
アクセル・トスカ
基本情報
生誕 1985年1月27日
出身地 キューバの旗 キューバ ハバナ
ジャンル アフロ・キューバン・ジャズラテンジャズ
職業 ピアニスト歌手プロデューサー
活動期間 2000年 – 現在

アクセル・トスカ・ラウガー(Axel Tosca Laugart、1985年1月27日 - )は、キューバ首都ハバナ生まれで、現在はアメリカ合衆国ニューヨーク在住のジャズミュージシャン。世界的にも知られるキューバの歌手シオマラ・ラウガースペイン語版英語版を母に、キューバのシンガーソングライター、アルベルト・トスカ(Alberto Tosca(スペイン語))を父に持つ。

略歴[編集]

シンガーソングライターであり、ギターとトレス(キューバのギター)奏者である父アルベルト・トスカと世界的に著名な歌手である母シオマラ・ラウガー(現在アメリカ合衆国マサチューセツ州在住)から音楽家としての影響を大きく受け、幼少時からキューバの伝統的な音楽に囲まれて育つ。初めて興味を持った楽器はギターでその後7歳の頃にピアノを始め、その頃歌も始めた。またキシマラ・ラウガーの音楽監督をしていたオマール・ソーサ英語版も彼に多大な影響を与えた。アクセルは現在も母親と音楽活動を共に行っている。

15歳の時に、ティンバ(キューバンサルサ)のバンド、デニス・イ・ス・スイング(Denis y su Swing)に参加、そこでティンバのグルーブを学ぶ。

その後、歌手の「テテ・カトゥーラ」ことテレサ・グラシア・カトゥーラ英語版、ラテンジャズのレジェンド、ボビー・カルカセス(Bobby Carcases)、キューバンヒップホップグループ、ザ・ルーツ(The Roots)、ミゲル・セルト(Miguel Ceruto)、ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブのティンバレス奏者アマディート・バルデス英語版などと共演を行う。アマディート・バルデスは彼にとってアメリカに拠点を移す決心のきっかけとなる。

2005年、アメリカ合衆国に移住。その後、2年間、ラスベガスで行われるアメリカで最も大きなキューバのショー、ハバナ・ナイト(Havana Night) に出演する。その時にジョージ・クリントンパーラメントファンカデリックにスカウトされる。

2009年にはニューヨークに拠点を移し、ニュー・スクール・オブ・コンテンポラリー・ジャズ/パーソン大学(New School of Contemporary Jazz/Parson University)にて奨学金を得、学士号を取得。同時期に彼のグループ(アマウリ・コスタとのコラボレーション)“(U)nity”を結成。現在の所2枚のアルバム、“Peace -Love & Music” “(U)nity is Power”)を制作。スティーブ・ガッドピノ・パラディーノ英語版、DJ Little Louie Vega、リサ・フィッシャーSoul II Soulキャロン・ウィーラーベベ・ウィナンス英語版クラーク・シスターズ英語版等と共演。

母親である、シオマラ・ラウガーの2枚のアルバム“La Voz”(2010)、“Tears and Rumba”(2015)をプロデュース。

その他、Michael Moog, Gary Haus, Jeff “Tain” Watts, James Genus, Ron Blake, Roy Hargrove, Luques Curtis, Giovani Hidalgo, Luis Salinas, Candido Camero, Pablo Milanes らと共演。

映画『Cu-Bop』[編集]

キューバ人ミュージシャンを描いた、日本とキューバの合作ドキュメンタリー映画『Cu-Bop CUBA~New York music documentary』に主演[1]

参照[編集]

外部リンク[編集]