アクシブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アクシブ: ACSIVE)とは、名古屋工業大学教授の佐野明人のグループと今仙技術研究所が開発した、電源のいらない無動力歩行支援機のこと[1]2014年秋、医療用、レジャー用として発売予定とされていたが[2][3]、日本においては2014年9月9日に正式発売となった[4]2015年5月25日、左右両側の脚に装着可能な『ACSIVE両脚用モデル』が発売された[5][6]。2015年9月10日フランスベッドがアクシブの販売・レンタルを全国で開始すると発表[7][8]

2017年6月、ACSIVEの技術をベースに、「健康づくりのため」というコンセプトの元、健常者でも利用できる無動力歩行支援機「aLQ by ACSIVE」が発売された[9][10]

概要[編集]

アクシブは自力二足歩行ロボットをヒントにした、モーターも電源もいらない歩行装具[1]。構造は片足の骨格のような形状をしており、足に装着すると腰骨の位置に仕込まれたバネが、足が後ろに下がると縮み、その後反動で太もも、ひざ下を順に振り出し、無理なく次の一歩を踏み出せることで歩行をアシストする[1]。足の付け根、ヒザを軸とする2重の振り子運動を利用し、少ないエネルギーを用いて効率よく歩行できるようにするものである[11]。モーターなど電気的な動力に頼らない歩行アシスト機は世界初の実用化となる[12]

2014年4月にはニコニコ超会議3にも出品された[2]

2015年5月25日、左右両側の脚に装着可能な『ACSIVE両脚用モデル』が発売された[5][6]

2015年9月10日、フランスベッドがアクシブの販売・レンタルを全国で開始すると発表[7][8]

2015年10月、グッドデザイン賞受賞[13]

2017年6月、ACSIVEの技術をベースに、「健康づくりのため」というコンセプトの元、健常者でも利用できる無動力歩行支援機「aLQ by ACSIVE」発売[9][10]


メリット・開発[編集]

無動力であることから、(1)安全性が高い、(2)軽量である、(3)静粛性が高い、(4)低コストであるというメリットがある[14]

  • 2013年モデル:日常生活での長時間使用を考慮し、脚部に曲げ加工された薄板を使って軽量・薄型し、総重量は約900g[15]
  • 2014年モデル:素材を炭素繊維に変更し、総重量540gに軽量化[3][4]
  • 2015年モデル:両脚モデルを追加[5][6]。両脚モデルは総重量は約1,050g[6]

適応[編集]

脳血管障害で片麻痺がある症例、歩行力が弱った高齢者など、現時点で安全に自立歩行が可能な人が適応となる[16]

痛みを緩和する機能、立ち上がり方向へのアシスト機能はない[17]

取り上げられた番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “電源いらない歩行支援機 安く軽く、名工大など開発”. 朝日新聞. (2014年7月7日). http://www.asahi.com/articles/ASG6M5H87G6MOIPE01S.html 2014年8月17日閲覧。 
  2. ^ a b “動画:名工大とIMASEN、無動力歩行支援機「ACSIVE」秋にも商品化。医療やレジャー用途、15万円程度”. Engadget. (2014年4月26日). http://japanese.engadget.com/2014/04/26/imasen-acsive-15/ 2014年8月17日閲覧。 
  3. ^ a b 夢の扉+TBS系列、2014年8月17日放送、「歩く原理を解明し 歩く喜びを伝えたい。坂道も山道もラクラク歩く!電力いらずの歩行アシスト機研究30年!“歩く原理”を追究し、人生の一歩をアシストする!」
  4. ^ a b “バネの力を利用、軽量・動力なしの歩行支援機”. 読売新聞. (2014年9月11日). オリジナル2014年9月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140911203115/http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=104944&cx_thumbnail=10&from=ytop_os_tmb 2014年9月12日閲覧。 
  5. ^ a b c “今仙技研、歩行支援機「アクシブ」に両脚用を追加-名古屋工大・佐野教授と共同開発”. 日刊工業新聞. (2015年6月23日). オリジナル2015年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150811210500/http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120150623baan.html 2015年7月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d 名古屋工業大学ニュース - 「無動力歩行支援機ACSIVE 熱い要望を受け両脚用を開発 ベルトも改良、フィット感も増して市場へ」
  7. ^ a b “フランスベッド、歩行アシスト装置「ACSIVE」販売・レンタル開始”. アスキー. (2015年9月10日). http://ascii.jp/elem/000/001/049/1049443/ 2015年9月11日閲覧。 
  8. ^ a b フランスベッド公式サイト - 「歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」の販売・一般レンタルを全国で開始」
  9. ^ a b “無動力の歩行支援機「ACSIVE」が進化 - 健常者が使える歩行支援機「aLQ」”. マイナビニュース. (2017年6月14日). https://news.mynavi.jp/article/20170614-a256/ 2018年8月20日閲覧。 
  10. ^ a b Template:「aLQ」誕生
  11. ^ “ロボットの歩行から福祉機器まで - 名工大・佐野教授が語る「受動歩行」”. マイナビニュース. (2014年6月13日). http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/13/acsive/ 2014年8月17日閲覧。 
  12. ^ “電気使わぬ片まひの歩行支援機 世界初の実用化”. 沖縄タイムス. (2014年9月10日). オリジナル2014年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006182609/http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=82697 2014年9月25日閲覧。 
  13. ^ グッドデザイン賞2015
  14. ^ 無動力歩行支援機(ACSIVE(アクシブ)2012年モデル) 国際医療機器展2012
  15. ^ [無動力歩行支援機(ACSIVE 2013年モデル) 無動力歩行支援機(ACSIVE(アクシブ)2013年モデル) 国際医療機器展2013]
  16. ^ アクシブカタログ Archived 2014年9月24日, at the Wayback Machine.
  17. ^ アクシブお知らせ(個人様用) Archived 2014年9月24日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]