アガラス海流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アガラス海流(アガラスかいりゅう、: Agulhas Current)とはモザンビーク海流モザンビーク海峡をとおりぬけてから、海岸沿いにアフリカ南端のアガラス岬まで達する海流をいう。沿岸から100kmまでが特に強く幅狭い海流である。アフリカ南端で急激に流向を南に変え、大部分は西風皮流に合流するが、一部は大西洋に入ってベンゲラ海流と合流する[1]。この海域の海況は季節によって、または年によって大きな変動が見られ、大小さまざまな渦流が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年3月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]