アガデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アガデス
Agadez
アガデスの位置(ニジェール内)
アガデス
アガデス
ニジェールにおけるアガデスの位置。
座標: 北緯16度58分 東経7度59分 / 北緯16.967度 東経7.983度 / 16.967; 7.983
ニジェール
アガデス州
チロゼリーヌ県英語版
標高 529m (1,736ft)
人口 (2012年)
 - 計 118,244人
等時帯 西アフリカ時間 (UTC+1)
 - 夏時間 西アフリカ時間 (UTC)
ISO 3166-2 NE-1 
アガデス州の地図。南西の橙色の領域がチロゼリーヌ県。

アガデスフランス語: Agadez)はニジェールアガデス州の州都。 ニジェール北部で最大の都市で、2012年の人口は約11.8万人。 サハラ沙漠の中にあり、トゥアレグ族支族のひとつアイル人の中心地である。

歴史[編集]

この町の始まりは14世紀以前のことで、サハラ交易の拡大とともにアソデen:Assodé)に代わりトゥアレグ人の町としての重要性が徐々に高まった。この町ではいまでもビルマからを運ぶ隊商の到着をみることができる。

1449年以後、アガデスはスルタン制をとったが、1500年頃にソンガイ帝国に征服された。この時点でこの町の人口は30,000人ほどあり、西アフリカのカノトンブクトゥと、北アフリカのオアシスであるガートガダミス、地中海岸のトリポリを結ぶ中世の隊商交易の重要な中継点であった。モロッコからの侵略を受けた後人口は10,000人を割った。

1900年ごろこの町をフランスが手中に収めた。その後、トゥアレグ人貴族のKaocen Ag Mohammed(en:Ag Mohammed Wau Teguidda Kaocen)が反乱en:Kaocen Revolt)を組織して一時期優勢に立ったが、フランス軍は1916年にこれを叩き潰した。のちに1990年代にはアガデスはトゥアレグ人による反乱(en:Tuareg Rebellion)の重要拠点のひとつとなった。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では砂漠気候に区分され、若干気温の下がる12~2月以外は厳しい暑さが続き、50℃に達することもある。年によって降水量は変動するものの、夏は若干の降雨がみられる。

アガデスの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 37
(99)
40
(104)
41
(106)
47
(117)
50
(122)
46
(115)
48
(118)
43
(109)
41
(106)
40
(104)
42
(108)
40
(104)
50
(122)
平均最高気温 °C (°F) 27.9
(82.2)
31.1
(88)
35.0
(95)
39.2
(102.6)
41.3
(106.3)
41.3
(106.3)
39.1
(102.4)
37.9
(100.2)
38.9
(102)
37.1
(98.8)
32.4
(90.3)
29.0
(84.2)
35.8
(96.4)
日平均気温 °C (°F) 19.8
(67.6)
22.5
(72.5)
26.7
(80.1)
31.2
(88.2)
33.7
(92.7)
33.8
(92.8)
32.1
(89.8)
31.0
(87.8)
31.7
(89.1)
29.4
(84.9)
24.3
(75.7)
21.0
(69.8)
28.1
(82.6)
平均最低気温 °C (°F) 11.7
(53.1)
13.9
(57)
18.3
(64.9)
23.1
(73.6)
26.0
(78.8)
26.4
(79.5)
25.1
(77.2)
24.2
(75.6)
24.5
(76.1)
21.7
(71.1)
16.2
(61.2)
12.8
(55)
20.3
(68.5)
最低気温記録 °C (°F) −1
(30)
7
(45)
6
(43)
13
(55)
20
(68)
19
(66)
18
(64)
17
(63)
18
(64)
12
(54)
5
(41)
−1
(30)
−1
(30)
降水量 mm (inch) 0.0
(0)
0.0
(0)
0.1
(0.004)
2.0
(0.079)
5.5
(0.217)
10.4
(0.409)
35.2
(1.386)
49.7
(1.957)
8.2
(0.323)
0.3
(0.012)
0.0
(0)
0.0
(0)
111.4
(4.386)
平均月間日照時間 297.6 280.0 294.5 288.0 297.6 270.0 288.3 285.2 285.0 306.9 303.0 294.5 3,490.6
出典 1: NOAA[1]
出典 2: Weatherbase[2]

世界遺産[編集]

世界遺産 アガデス歴史地区
ニジェール
アガデス・モスク
アガデス・モスク
英名 Historic Centre of Agadez
仏名 Centre historique d’Agadez
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3)
登録年 2013年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

アガデスは「アガデス歴史地区」との名で、2013年UNESCO世界遺産リストに登録された[3]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

経済・観光[編集]

現在、アガデスは商業市(en:market town)や周辺で採掘されるウランの輸送基地として栄えている。主要な建築物には1515年に建設され1844年に同じ様式で建て直された大モスク(en:Agadez Grand Mosque)や、Kaocen Palace(en:Kaocen Palace)(現在はホテル)、およびスルタン宮殿(en:Agadez Sultan's Palace)がある。またこの町はラクダ市や細工、製品でも知られる。

アガデス国際空港はこの地域のトゥアレグ社会の指導者マノ・ダヤクen:Mano Dayak)の名称を冠している。

難民の中継地[編集]

サハラ以南の経済難民が、リビア、アルジェリア、欧州へ向かう貴重な中継地でもある。長らく「ゲットー」と呼ばれる難民キャンプが存在していたが、2013年、サハラ砂漠を横断中の難民が多数死亡したことを契機に、政府がキャンプを閉鎖した[4]

2017年にも、密航業者の手引きでアガデスを出発した難民がサハラ砂漠で遺棄される事件が発生している[5]

脚注[編集]

  1. ^ Agadez AERO Climate Normals 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2015年2月19日閲覧。
  2. ^ Agadez, Niger Weather Averages Summary”. CantyMedia. 2016年4月20日閲覧。
  3. ^ Qatar and Fiji get their first World Heritage sites as World Heritage Committee makes six additions to UNESCO List”. UNESCO. 2013年6月23日閲覧。
  4. ^ “サハラ砂漠に92人の遺体、行き倒れたニジェール難民”. AFP (フランス通信社). (2013年11月2日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=2164103 2013年11月10日閲覧。 
  5. ^ サハラ砂漠に水・食糧なしで放置、移民67人を救助 ニジェール AFP(2017年7月10日)2017年7月10日閲覧

外部リンク[編集]

座標: 北緯16度58分 東経7度59分 / 北緯16.967度 東経7.983度 / 16.967; 7.983