アカモズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカモズ
アカモズ
アカモズ Lanius cristatus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: モズ科 Laniidae
: モズ属 Lanius
: アカモズ L. cristatus
学名
Lanius cristatus
Linnaeus, 1758
和名
アカモズ
英名
Brown shrike

アカモズ(赤百舌、Lanius cristatus)は、スズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類

分布[編集]

インドインドネシアカンボジアシンガポールスリランカタイ大韓民国中華人民共和国台湾朝鮮民主主義人民共和国日本ネパールバングラデシュフィリピンブルネイベトナムマレーシアミャンマーモンゴル人民共和国ラオスロシア東部

夏季に中華人民共和国や日本、ロシア東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になるとインドやインドネシア、東南アジアへ南下し越冬する。日本では亜種シマアカモズが九州南部や南西諸島、亜種アカモズが北海道本州東部に繁殖のため飛来(夏鳥)し、本州西部、四国、九州では渡りの途中に飛来(旅鳥)、沖縄では越冬のため飛来(冬鳥)する。

形態[編集]

全長20cm。嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。翼は黒い羽毛で覆われ、羽縁は褐色。

メスは体側面に鱗状の斑紋が入る個体もいる。

  • L. c. confusus ウスアカモズ

上面は灰褐色、下面は白い羽毛で覆われる。頭部は灰褐色の羽毛で覆われる。額の白色部はやや広い。

  • L. c. cristatus カラアカモズ

上面は暗い赤褐色、下面は白いの羽毛で覆われる。額の白色部は狭く不明瞭。

  • L. c. lucionensis シマアカモズ

上面は灰褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。頭部は灰色の羽毛で覆われる。額および眼上部の眉状の斑紋(眉斑)は白色部が狭く不明瞭。

  • L. c. superciliosus アカモズ

上面は赤褐色、下面は白い羽毛で覆われる。額および眉斑は白く、繋がる。

分類[編集]

  • Lanius cristatus confusus  ウスアカモズ
  • Lanius cristatus cristatus Linnaeus, 1758 カラアカモズ
  • Lanius cristatus lucionensis  シマアカモズ
  • Lanius cristatus superciliosus  アカモズ

生態[編集]

開けた森林や林縁、草原などに生息する。モズと同所に生息する場合は、モズの縄張りの間を縫うように生息する。

食性は動物食で、昆虫類節足動物両生類爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる。はやにえを行う。樹上から獲物に襲い掛かるもしくは飛翔しながら獲物を捕える。捕らえた獲物を木の枝等に突き刺し(はやにえ)たり、木の枝股に挟み貯蔵する。

繁殖形態は卵生。樹上に枯草等を組み合わせた皿状の巣を作り、日本では5-7月に1回に4-7個の卵を産む。カッコウに托卵の対象とされることもある。メスのみが抱卵し、抱卵期間は14-16日。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。

L. c. superciliosus アカモズ

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.svg

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]