アカマタ・クロマタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アカマタ・クロマタは、沖縄県八重山列島豊年祭に登場する来訪神である[1]

概要[編集]

西表島東部の古見を発祥とし、小浜島石垣島宮良、新城島の上地島に伝わっている。西表島古見ではアカマタ・クロマタ・シロマタの3柱[1]、他の地区ではアカマタとクロマタの2柱が現れる。かつては、既に廃村になった西表島北部の他の地区や新城島の下地島でもみられた[1]

アカマタ・クロマタという名は、アカウムティ(赤面)・クルウムティ(黒面)に由来するとされる[2]

来訪行事を実施するのは地区住民のなかで資格を持つ者に限られている。その他の者にはその一部しか公開されず秘祭とされており[3]1968年(昭和43年)には、新城島・上地島で、波照間島から祭を見に来た部外者を島民が集団暴行する事件も起きている[4]。写真・ビデオ撮影や口外も禁じられている[5]

西表島古見のアカマタ・クロマタ・シロマタ[編集]

アカマタ・クロマタ・シロマタは、豊年祭の2日目(トゥピィ)に登場する[6]

3神は、日が暮れるとウムトゥと呼ばれる森の奥の神聖な場所から現れて浜に降り上陸する。まず、シロマタ、アカマタの2神が1対でシロマタのトゥニムトゥ(宗家)に現れ、次いでアカマタのトゥニムトゥに現れる。地区の参加者はトゥニムトゥで初めてシロマタ、アカマタを迎えて礼拝する。参加者以外の住民や観客は、トゥニムトゥに軟禁状態にされる。シロマタ、アカマタはトゥニムトゥを出るとピヌス御嶽へ行き、山中に消える。シロマタ、アカマタが去ると、クロマタが現れる。クロマタは帰る時に御嶽の前の衣装を残していくが、これは来年の豊作の印であるという[6]

シロマタ、アカマタとクロマタが路上で会うのは禁忌とされており、両者は時間を違えて現れる。また、シロマタ、アカマタは出現するところは見せるが、帰るところは見せない。クロマタは逆に出現は見せることなく、帰るところは見せるとされる[6]

3神が去ると、住民は家に戻り、シロマタ、アカマタの供をした旗持ち等はヨナラ御嶽とウケハラ御嶽を回り、その後、深夜12時までシロマタ、アカマタのトゥニムトゥを唄い回る[6]

小浜島のアカマタ・クロマタ[編集]

アカマタ・クロマタはナビンドー(鍋の底のような凹所)の森から突然現れる。アカマタ・クロマタは最初に集落の総本家(トゥニムトゥ)である黒島家を訪れ、さらに定められた数軒の家を回った後に、アカマタとクロマタのそれぞれの集団に分かれて集落の各戸を回る。集団には太鼓や幟が伴い、回った先の家々で歌を歌う。アカマタの幟には「天下泰平」、クロマタの幟には「五穀豊穣」と書かれている。アカマタとクロマタは深夜にトゥニムトゥの黒島家で再び会い、集落の住民に送られながらナビンドーの森へ帰る[7]

アカマタ・クロマタは、体に蔓草をまといつけ、前額部に冠のようにクバの葉を並べてさし、その横には両側に2、3本の線香が突き出る。目は青みを帯びた白銀色で、口には口ひげが生えている。アカマタは赤く塗られた木刀、クロマタは黒く塗られた木刀を携える[7]

石垣島宮良のアカマタ・クロマタ[編集]

石垣島宮良では、アカマタ・クロマタのことをニーロー神と呼ぶ。「ニーロー」とは「底が分からないほど深い穴」の意味で、地の底にあるといわれるニライカナイのことを指すという[4]

アカマタとクロマタの2柱の神は全体が草に覆われ、ずんぐりとしており、だるまやフクロウのようにも見える。背丈は180センチメートルほど、アカマタ(赤面)とクロマタ(黒面)は縦長の鼻に丸い目と細かいギザギザの歯で構成され目と歯の両端に細長いヒゲもある。目と歯に光が当たると反射して神秘的に輝くのが印象的である。アカマタは男神でクロマタは女神とされる[4]

上地島のアカマタ・クロマタ[編集]

アカマタ・クロマタの親子4神が現れて、各家を回る[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 沖縄民俗辞典 P.2-3 吉川弘文館 ISBN 978-4-642-01448-9
  2. ^ アカマタ・クロマタ 『最新版 沖縄コンパクト事典』琉球新報社、2003年3月
  3. ^ 沖縄民俗辞典 P.451 吉川弘文館
  4. ^ a b c 撮影禁止の看板が埋め尽くす秘祭「アカマタ・クロマタ」。石垣島で私が見たものは... ハフィントンポスト、2017年8月8日
  5. ^ 奇祭パーントゥへのクレーム どう見る 沖縄タイムス+プラス、2014年10月15日
  6. ^ a b c d 樋口淳「来訪神の民俗学 -アカマタ・クロマタ、シヌグ、海神祭- (PDF) 」専修大学
  7. ^ a b 本位田重美「沖縄原住民に関する一仮説:小浜島のアカマタ祭を手がかりとして」人文論究 22(2), 1-22、1972年9月、関西学院大学
  8. ^ 豊年祭(プーリィ) - 伝統行事・イベント やいまタイム