アカテタマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカテタマリン
Saguinus midas flk24863753.jpg
アカテタマリン Saguinus midas
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
: オマキザル科 Cebidae
: タマリン属 Saguinus
: アカテタマリン S. midas
学名
Saguinus midas
Linnaeus1758
和名
アカテタマリン
英名
Red-handed tamarin

アカテタマリン(学名:Saguinus midas)は、手足の赤さとオレンジ色の髪が特徴のタマリン。別名Golden-handed tamarinMidas tamarin。アマゾン川の南部にいるタマリンは、以前はアカテタマリンの亜種であると考えられていたが、現在は別種であるブラックタマリンとして扱われている。

分布域[編集]

ブラジル、ガイアナ、スリナム、ベネズエラのアマゾン川北部にあるジャングル

体長・体重[編集]

体長20.5~28センチメートル、尾を含むと31~44センチメートル、体重400~550グラム。

寿命[編集]

平均寿命は野生で約10年、飼育下で約16年。

生態[編集]

繁殖期の雄の間でも、グループ内での競争が少なく、4〜15匹の集団で暮らしている。

グループの1匹だけの雌が、繁殖期に繁殖する。

領土の防衛は爪の代わりに犬歯などを使う。

主に木の上で生活する。

妊娠期間[編集]

妊娠期間は140~170日で、通常2匹の子を産む。

子タマリンの生態[編集]

主に父親の世話を受けるが、主にグループ全体が世話をサポートする。

防衛はグループの優先事項で、1匹のタマリンが襲われると、他のタマリンは防衛をする。

食料[編集]

主に果物、花、昆虫、カエル、クモ、トカゲ。

天敵[編集]

猫、鳥、ヘビなど。

脚注[編集]

[ヘルプ]