アオカワラヒワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオカワラヒワ
アオカワラヒワ
古典分類
界: 動物界 Animalia
門: 脊索動物門 Chordates
亜門: 脊椎物亜門 Vertebrata
綱: 鳥綱 Aves
目: スズメ目 Passeriformes
科: アトリ科 Fringillidae
属: Carduelis
: chloris
学名
Carduelis chloris
英名
European Greenfinch
アオカワラヒワ

アオカワラヒワ(学名: Carduelis chloris)とは、スズメ目アトリ科に分類される鳥。


形態[編集]

全長15cm、翼開長24.5-27.5cm。

全体にオリーブ色で、尾や翼の一部に黄色い部分がある。雌や幼鳥は全体に褐色を帯びる。嘴は太く円錐形。

生息地[編集]

  • ヨーロッパ全域
  • 北アフリカ
  • 南西アジア

亜種[編集]

生態[編集]

ほとんどが留鳥、一部が渡りをする。

餌は主に植物の種子であるが、漿果を食べることもある。繁殖期以外は大きな群れを形成することがある。

巣は、林縁部や農地や庭などの茂みや樹上に造り、3-7個の卵を産む。


Sibley分類体系上の位置[編集]

スズメ目 Passeriformes

鳴禽亜目 Passeri
スズメ小目 Passerida
スズメ上科 Passeroidea
アトリ科 Fringillidae
アトリ亜科 Fringillinae
ヒワ族 Carduelini


関連[編集]

強力な殺生物剤を含有するローレルジンチョウゲを野生のアオカワラヒワは、平気で食すことが出来ると言われている。


執筆の途中です この項目「アオカワラヒワ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類