アエロフロート航空3352便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アエロフロート航空3352便
TU-154M-cccp.jpg
事故機と同型のソ連時代のアエロフロートのTu-154
出来事の概要
日付 1984年10月11日
概要 滑走路上で旅客機と車両の衝突事故
現場 ソビエト連邦の旗 オムスク
乗客数 170
乗員数 9
負傷者数
(死者除く)
2
死者数 178(地上4)
生存者数 5
機種 ツポレフTu-154B
運用者 ソビエト連邦の旗 アエロフロート・ソ連航空
機体記号 SSSR-85243[1]
テンプレートを表示

アエロフロート航空3352便事故とは1984年10月11日ソビエト連邦(現在のロシア)のオムスクで発生した航空事故である。事故発生当時はソ連航空史上最悪の犠牲者を出した。

事故の概要[編集]

アエロフロート・ソ連航空3352便はクラスノダールからノヴォシビルスクに向かう定期便であったが、経由地であるオムスクの空港に着陸した際(現地時間午前5時40分ごろ)にこの事故は発生した。

3352便が着陸したのは夜明け前の暗がりで、小雨が降りしきり視界も利かなかった。2台の路面乾燥車両(およびその先導車)が滑走路上で作業をしていたが、滑走路上における作業中は必ず点滅させる規則のある車両屋根の灯火は、作業者の目がチカチカするという理由で点灯されていなかった。3352便が着陸したところ滑走路に何かある事に気付いて右旋回したが衝突を回避できなかった。旅客機は滑走路を移動していた作業車と先導車に衝突し、機体は分断し炎上した。

この事故で、3352便に搭乗していた179人のうち174人と地上の車両の4人の178人が犠牲になった。搭乗者のうち乗客1人と乗員4人は救出されたが、乗員のうち3人は怪我はなかった。

事故原因[編集]

事故の原因は、空港側の連絡が行き届いていなかったことである。滑走路上に清掃車がいることを管制官に連絡することを職員が居眠りして忘れていた。そのため空港職員と管制官が連絡不足となり、離着陸に使用中の滑走路に車両が移動することとなった。また、この車両には警告灯が付いていなかったため、暗がりの中でパイロットが発見することが遅れたことが、地上で衝突する事態となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • デビッド・ゲロー「航空事故」(増改訂版)イカロス出版 1997年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ローマ字表記による。実際はキリル文字表記であるため"CCCP-85243"と機体には書かれていた