アウレリウス氏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニヌス・ピウス帝の父ティトゥス・アウレリウス・フラウィウス

アウレリウス氏族(ラテン語: Gens Aurelia) は、古代ローマ氏族のひとつ。紀元前3世紀中盤より勃興したプレブス系の家系である。

概要[編集]

氏族から初めて執政官となったのは紀元前252年ガイウス・アウレリウス・コッタで、その後も長く執政官を輩出している。

ガイウス・ユリウス・カエサルの母アウレリア・コッタ英語版 や、アントニヌス・ピウス帝の父ティトゥス・アウレリウス・フラウィウスなどがいる。

一門[編集]

コッタ家[編集]

紀元前105年頃ルキウス・アウレリウス・コッタが鋳造したデナリウス銀貨

オレステス家[編集]

スカウルス家[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1-3. American Philological Association