アウディ・RS4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウディ・A4 > アウディ・RS4

RS4(アールエスフォー)は、アウディが製造するA4をベースとしてクワトロ社がチューニングを行って生産されるスポーツカーである。

初代 B5系(2000-2002年)[編集]

アウディ・RS4(初代)
B5
Audi-RS4-B5.jpg
販売期間 2001年-2002年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアワゴン
エンジン 2.7L V6
駆動方式 4WD
最高出力 385PS/6,500rpm
最大トルク 44.90kgfm/2,500-6,000rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前: 4リンク式
後: ダブルウィッシュボーン式
全長 4,525mm
全幅 1,799mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,645mm
車両重量 ワゴン: 1,680kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

アウディが生産するA4のスポーツモデルS4。その中でもS4アバントをクワトロ社がチューニングして生産したのが初代RS4である。1994年にポルシェとのコラボにより完成されたRS2の流れを汲み、ボディタイプはアバントと呼ばれるワゴン型のみ設定され、セダン型の設定はない。アウディらしくスポーツカーとしてのチューニングを施しても外観、内装ともに派手さは極力抑えこまれているが、左右に32mmずつ拡大されたフェンダーとその中に収められる9スポークの18インチ・アルミホイールと255/35ZR18という極太タイヤ、後に「RSルック」と称され多くのコピーエアロをも生んだエアダクト付きの専用大型バンパー、アルミフィニッシュされたサイドミラーなどは、A4とは全く異なる無言の威圧感を与えている。

パワーユニットはS4と同じ2.7リッターV6DOHC5バルブツインターボだが、クワトロ社による専用チューニング(コスワース・テクノロジー製のシリンダーヘッドや大径ターボチャージャーの採用、およびインテーク/エグゾースト・ポート面積の拡大など)によって385PS/44.9kgf-mの最高出力を発揮する(S4では265PS/40.8kgf-m)。このパワーを受け止める専用6速MTは3速、4速をよりクロスレシオ化し、クワトロシステムと相まって0-100km/h加速4.9秒を達成している。なお、このモデルでは前後駆動力配分が50:50とされていた。

S4に比して運動性能が格段に向上したため、ボディおよびシャシーもより強度と剛性を高めるチューニングが行われている。シャシーに関しては、パワーユニットの強化にあわせて専用のスポーツ・サスペンションを採用。最低地上高が標準車に対して20mm低められたそれは、コイルスプリングやショックアブソーバーの設定が見直されているほか、コンポーネントの一部がアルミニウム化され、重量の軽減も図られている。また、ブレーキシステムも、フロント360mm、リア312mmの大径ベンチレーテッドディスクを採用している。

内装は、ダークグレー基調に黒革(Valcona Leather )・白革(Silk Nappa Leather )の他に、アルミニウム糸が織り込まれたクロス地を組み合わせたハーフレザー(Pearl Nappa Leather Fabric High tech )の3タイプのシート表皮が選択できた。なお、シート本体は全席レカロ製であり、フロントはシートヒーター付電動スポーツシートを採用している。 また、パネル類はピアノブラック(Piano Varnish Black )の他、リアルカーボン(Carbon Fibre )から選択できた。

ボディーカラーは下記の6色が設定されていた。

  • 銀(シルバー)・・・Avus Silver, pearl effect
  • 赤(レッド)・・・・Misano Red, pearl effect
  • 青(ブルー)・・・・Nogaro Blue, pearl effect
  • 緑(グリーン)・・・Goodwood Green, pearl effect
  • 黒(ブラック)・・・Brilliant Black
  • 黄(イエロー)・・・Imola Yellow

2001年6月に日本において限定50台が正規ディーラーで輸入・販売された。左ハンドル・ハーフレザー・ピアノブラックパネル内装のみの設定で、全国メーカー希望小売価格は9,600,000円であった。

2代目 B7系(2006-2008年)[編集]

アウディ・RS4(2代目)
B7
アバント(ワゴン)UK仕様
2006 Audi RS4 Avant B7 by The Car Spy.jpg
セダン
Audi rs4.jpg
カブリオレ
Audi RS4 Cabriolet rear.JPG
販売期間 2006年 - 2008年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン/5ドアワゴン/2ドアカブリオレ
エンジン 4.2L V8
駆動方式 4WD
変速機 6速MT
サスペンション 前: マルチリンク式
後: ダブルウィッシュボーン式
全長 セダン/ワゴン: 4,585mm
全幅 セダン/ワゴン: 1,830mm
全高 セダン: 1,420mm
ワゴン: 1,445mm
ホイールベース セダン/ワゴン: 2,645mm
車両重量 セダン: 1,730kg
ワゴン: 1,780kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2代目となったRS4だが、生産方式は先代と変わらずクワトロ社がチューニングを行っている。

パワーユニットは独自開発の高回転型V8エンジンで、8,250rpmを許容しながら420PS/43.8kgf-mの最高出力を発揮する。先代同様6速MTを採用したが、クワトロシステムは初代RS6にも採用されたダイナミックライドコントロールが搭載された。また通常走行状態でのトルク配分が前40対後60になり、トルク配分の範囲も従来の70:30~30:70から15:85~60:40になった。同時に空転しているホイールには、エレクトロニック・デファレンシャル・ロック・システム(EDS)が作動して、ブレーキをかけ空転を抑えてLSD効果を発揮することで接地性能とトラクション性能を大きく向上させた。

ブレーキは前後ともにドリルドベンチレーティッドディスクブレーキで、F:8ポット/R:2ポットの対向ブレーキである。

2代目からはステーションワゴン型に加え、セダン型と日本未導入のカブリオレも用意された。

日本での販売[編集]

2006年6月28日、「RS4」「RS4アバント」を発表[1]。日本には右ハンドル仕様も導入された。

2006年8月、「RS4」「RS4アバント」の今年度の販売予定台数100台を完売したと発表[2]。それに伴い本社に増産を要請した。


3代目 B8系(2012-2015年)[編集]

アウディ・RS4(3代目)
B8
フロント
Audi RS4 Avant HDR (8562118188).jpg
リア
2014-03-04 Geneva Motor Show 1357.JPG
販売期間 2012年 - 2015年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアワゴン
エンジン 4.2L V8
駆動方式 4WD
変速機 7速Sトロニック
全長 4,719mm
全幅 1,826mm
全高 1,415mm
ホイールベース 2,811mm
車両重量 1,795kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2012年3月6日にジュネーブモーターショーでB8型が発表された[3]。販売されるのはステーションワゴンモデル(アバント)のみで最高出力450ps、最大トルク43.8kgmを発揮する4.2LV型8気筒 FSIエンジンが、トランスミッションは7速Sトロニックが搭載された。

日本での販売[編集]

2013年4月3日、新型「RS 4アバント」を同年4月10日より販売開始すると発表[4]。先代と同じく日本には右ハンドル仕様も導入された。

2014年11月18日、17台限定の特別仕様車「Nogaro selection(ノガロセレクション)」の販売を開始[5]。1994年に発売された「アバントRS 2」の誕生20周年を記念したモデルで、「ノガロ」はフランス南西部のサーキットの名前である。


4代目 B9系(2018-)[編集]

アウディ・RS 4(4代目)
B9
RS 4 Avant フロント
2018 Audi RS4 TFSi Quattro Automatic 2.9 Front.jpg
RS 4 Avant リア
2018 Audi RS4 TFSi Quattro Automatic 2.9 Rear.jpg
RS 4 Avant 内装
2018 Audi RS4 Avant Interior.jpg
製造国 ドイツの旗 ドイツ インゴルシュタット
販売期間 2018年 -
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアワゴン
エンジン 2.9L V型6気筒ツインターボ
駆動方式 4WD
最高出力 331kW (450PS)/5,700-6,700rpm
最大トルク 600Nm (61.2kgm)/1,900-5,000rpm
変速機 8速AT
全長 4,780 mm
全幅 1,865 mm
全高 1,435 mm
ホイールベース 2,825 mm
車両重量 1,840 kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2017年9月12日、フランクフルトモーターショーにて4代目となる「RS 4 Avant」を初公開[6]

2.9LV型6気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンを搭載する。このエンジンは最高出力450hp、最大トルク61.2kgmを発揮し、先代モデルに搭載されていた4.2LV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンと同等のパワーを備えている。トランスミッションは8速ティプトロニック、駆動方式はquattro (4WD)。性能は0-100km/h加速が4.1秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)[注 1]

エクステリアは「アウディ90 クワトロ IMSA GTO英語版」のデザインを参考に、RS専用のシングルフレームグリルや大型エアインレット、前後バンパー、リヤディフューザーを装備[7]。ブリスターフェンダーも採用し、A4 Avantに比べて全幅は25mmワイドになっている。


2019年10月2日、欧州にて改良型を発表[8]。ベース車であるA4 Avantの改良に伴って、新デザインのフロントデザインやLEDテールランプ、強化されたサスペンションやブレーキなどが採用されている。

日本での販売[編集]

2019年1月28日、発表・販売を開始[7]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オプションの「RSダイナミックパッケージ」を選択すると、最高速度を280km/hに引き上げることができる。

出典[編集]

  1. ^ アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入”. webCG (2006年6月28日). 2020年9月19日閲覧。
  2. ^ アウディ RS4 と S8、日本発売1カ月で年内販売分を完売”. Response. (2006年8月2日). 2020年9月19日閲覧。
  3. ^ 【ジュネーブモーターショー12】アウディ A4アバント に450psのRS4”. Response. (2012年3月9日). 2020年9月19日閲覧。
  4. ^ 450psの新型「アウディRS 4アバント」登場”. webCG (2014年4月3日). 2020年9月19日閲覧。
  5. ^ 17台限定、RS 2のようなアウディRS 4アバント”. webCG (2014年11月18日). 2020年9月19日閲覧。
  6. ^ 【フランクフルトモーターショー2017】アウディ RS4アバント 新型、ダウンサイズターボは450hp”. Response. (2017年9月13日). 2020年9月19日閲覧。
  7. ^ a b アウディ RS4アバント 新型を発売…V6ツインターボ搭載、1196万円”. Response. (2019年1月28日). 2020年9月19日閲覧。
  8. ^ アウディ RS4アバント に改良新型、450馬力ツインターボ搭載”. Response. (2019年10月4日). 2020年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]