アウグスト・ヒルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アウグスト・ヒルト(August Hirt、1898年4月28日1945年6月2日)は、ナチス・ドイツの医学者。彼は強制収容所の囚人を使って非人道的な実験を行ったことで悪名高い。親衛隊(SS)隊員でもあり、親衛隊での最終階級は親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer)。

経歴[編集]

ドイツ帝国マンハイムスイス人実業家の息子として生まれる。第一次世界大戦にはドイツ帝国陸軍に従軍し、二級鉄十字章の叙勲を受けた。戦後、ハイデルベルク大学医学部へ入学し、医学を学んだ。1921年にドイツ国籍取得。1922年に博士号取得。ハイデルベルク大学の解剖研究所に勤め、やがて解剖学の権威となった。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)政権樹立後の1933年4月にナチス親衛隊(SS)に入隊した(隊員番号100,414)。親衛隊内では1942年3月にカール・ヴォルフ親衛隊大将が長官を務める親衛隊全国指導者個人幕僚部Persönlichen Stab Reichsführer SS)の配属となり、1944年に親衛隊少佐まで昇進している。1937年5月にナチス党(党員番号4,012,784)に入党している。

第二次世界大戦中にはシュトラスブルクライヒ大学(de:Reichsuniversität Straßburg)の長官を務めていた。アーネンエルベヴォルフラム・ジーヴァスとともにデタラメな人種研究のためにダッハウ強制収容所の囚人たちを殺害して人間の頭蓋骨を集めていた。1943年にはアウシュヴィッツ強制収容所の受刑者のうち79人のユダヤ人男性、30人のユダヤ人女性、2人のポーランド人、4人のアジア人を確保し、ナッツヴァイラー強制収容所en:Natzweiler-Struthof)へ送還し、ヨゼフ・クラマーにガス殺させたのち、その遺体を使って人体実験を行った。アジア人はソ連兵捕虜から確保したと思われ、彼らはメスカリンの毒としての影響を調べるための人体実験にも使用された。

ドイツの敗戦後に逃亡先のシュヴァルツヴァルトで自殺した。

文献[編集]

  • Courand, Raymond (2005), Un camp de la mort en France: Struthof Natzweiler, Strasbourg:Ed. Hirlé. ISBN 2-914729-27-8.
  • Lang, Hans-Joachim, Die Namen der Nummern; Wie Es Gelang, Die 86 Opfer Eines NS-Verbrechens Zu Identifizieren, Hoffmann und Campe (2004) ISBN 3-455-09464-3 or Fischer Taschenbuch Vlg. (2007) ISBN 3-596-16895-3
  • Pressac, Jean-Claude,The Struthof album : study of the gassing at Natzweiler-Struthof of 86 Jews whose bodies were to constitute a collection of skeletons, Serge Klarsfeld (1985)