アウグスト・ティーネマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アウグスト・フリードリヒ・ティーネマン(August Friedrich Thienemann、1882年9月7日 - 1960年4月22日)はドイツ陸水学者

略歴[編集]

グライフスヴァルト大学にて「トビケラの生態」で学位を得た後、渓流動物の研究をしていた。1910年-1914年にドイツ北西部アイフェル地方の火口湖マール)の研究を行い、その成果は湖沼標式の研究の草分けとなった。1924年にはキール大学の教授となった。その後1917年-1957年の間ホルシュタインにあるプリョン臨湖実験所の所長として、北ドイツの湖沼の研究により湖沼標式の研究を確かなものとした。1921年スウェーデン人アイナル・ナウマンとともに湖沼標式に関する論文を発表、翌1922年にはナウマンとともに国際理論応用陸水学会を設立し、その会長となった。1928年-1929年にはオーストリア人フランツ・ルットナーとともに東南アジアスンダ列島の熱帯湖の探検に赴いた。生涯に450篇の論文と10冊の著書を著した。

参考文献[編集]