アイ・ラヴ・ロックンロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ・ラヴ・ロックンロール
アローズ英語版[1]シングル
B面 Broken Down Heart
リリース
規格 7インチシングル
録音 1975年
ジャンル ハードロック
時間
レーベル RAK
作詞・作曲 アラン・メリル, ジェイク・フッカー
プロデュース ミッキー・モスト
アローズ英語版[1] シングル 年表
「Hard Hearted」
(1975年)
I Love Rock 'n' Roll
(1975年)
「Once Upon a Time」
(1976年)
ミュージックビデオ
「I Love Rock 'n' Roll」 - YouTube
テンプレートを表示

アイ・ラヴ・ロックンロール」(I Love Rock 'n' Roll)とは、アローズ[1]アラン・メリルによって1975年に書かれたロック曲で、彼がレコーディングしたものが最初のバージョンである[2]。この楽曲は後の1982年に、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツによって有名になった[3]。メリルは故郷のニューヨーク市で今でもこの曲を頻繁にライブ演奏している[4]

日本では、2010年にL'Arc〜en〜Cielがこの曲のカバーを歌って、ペプシコーラ(pepsi NEX)のCMソングとしても採用された。

アローズのオリジナル盤[編集]

この歌はもともとアローズによって1975年にRak Recordsでレコーディングおよびリリースされたもので、メリルがリードボーカルとギターを担当し、ミッキー・モストがプロデュースをしている。メリルは作詞および作曲を手掛けた。Songfactsとのインタビューの中でメリルが言うには、この曲は「ローリング・ストーンズの「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」に対する反射的な応答」として書いたものである[3][5]。最初はB面としてリリースされたが、すぐに再レコーディングが行われて、その後のレコードプレスではA面へと移された。1975年にアローズはミューリエル・ヤングが制作した番組『45』でこの曲を演奏し、その後ヤングは英国のテレビシリーズで毎週の冠番組『Arrows』をアローズに持ち掛け、1976年3月からITVで放送された[6]

ジョーン・ジェット盤[編集]

アイ・ラヴ・ロックンロール
ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツシングル
初出アルバム『I Love Rock 'n Roll
B面 You Don't Know What You've Got
リリース
規格 7インチシングル, 12インチシングル
録音 1981年
ジャンル ハードロック[7][8]
時間
レーベル Boardwalk
作詞・作曲 アラン・メリル, ジェイク・フッカー
プロデュース Ritchie Cordell, Kenny Laguna
ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ シングル 年表
バッド・レピュテーション
(1981年)
I Love Rock 'n' Roll
(1982年)
「Crimson and Clover」
(1982年)
ミュージックビデオ
"I Love Rock 'n' Roll" (TopPop, 1982) - YouTube
テンプレートを表示

ジョーン・ジェットは1976年、ザ・ランナウェイズと一緒に英国ツアーをしている間に、英国テレビ番組『Arrows』でアローズが「アイ・ラヴ・ロックンロール」を演奏しているのを見た[3][6]。彼女は1979年にセックス・ピストルズの2人、スティーヴ・ジョーンズポール・クックと一緒にその曲を初レコーディングした。 この最初のバージョンは1979年に「You Don't Own Me」のB面としてVertigo recordsで発売された。1981年に、ジェットは今度は自身のバンド、ザ・ブラックハーツと一緒にこの曲を再レコーディングした。こちらの録音盤は7週にわたって米国Billboard Hot 100で第1位のシングルとなった[9]。この曲はビルボード1982年のホットシングル100の第3位にランクインした。このシングルはアメリカのアメリカレコード協会によってプラチナ認定[注釈 1]を受け、ジェットの「アイ・ラヴ・ロックンロール」はBillboard 200の第2位にまでなった。2016年に、ジェット盤はグラミー殿堂賞に入ったと紹介された[11]

ミュージックビデオ[編集]

白黒の「アイ・ラヴ・ロックンロール」ミュージックビデオは、駆け出しのMTVネットワークで大活躍した。 それはジェット&ザ・ブラックハーツが場末のバーに現れてその曲を演奏し、そのコーラスを叫ぶことで酔っ払った群衆を興奮させるという内容を演じたものである。1981年にヒットしたジェットの曲「バッド・レピュテーション」のごく一部を、このビデオ冒頭で聞くことができる。ビデオはもともとカラーだったが、ジェットが自分の赤い革のジャンプスーツの色を気に入らなかったたため、白黒に変換された[12]

1993年、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツは『ウェインズ・ワールド2』のサウンドトラックの一部として、この曲のために別のミュージックビデオを制作した。そのビデオは、マイク・マイヤーズダナ・カーヴィの映画シーンに、ニューヨーク市のアーヴィング・プラザ英語版で撮影された模擬コンサートにおけるジェットおよびバンドの映像が混在する形で構成されている。その曲は「Activity Grrrl」のB面として、ワーナー・リプリーズにより再びシングルとしてリリースされた[13]

評価[編集]

ジェット盤は、以下を含む多くのランキングに掲載された。

チャート順位[編集]

ブリトニー・スピアーズ盤[編集]

アイ・ラヴ・ロックンロール
ブリトニー・スピアーズシングル
初出アルバム『ブリトニー
リリース
規格
録音 2001年
ジャンル ポップ・ロック
時間
レーベル ジャイヴ・レコード
作詞・作曲 アラン・メリル, ジェイク・フッカー
プロデュース ロドニー・ジャーキンス英語版
ブリトニー・スピアーズ シングル 年表
ノット・ア・ガール
(2002年)
I Love Rock 'n' Roll
(2002年)
アンティシペイティング
(2002年)
ミュージックビデオ
"I Love Rock 'N' Roll" - YouTube
テンプレートを表示

背景、リリース、構成[編集]

「アイ・ラヴ・ロックンロール」はポップ歌手ブリトニー・スピアーズによるアルバム『ブリトニー』からの4枚目の欧州シングルで、2002年5月27日にリリースされた。この曲は彼女主演の2002年の映画『ノット・ア・ガール(原題:Crossroads)』で使われ、そこでスピアーズ演じるルーシーがカラオケバーで披露した。スピアーズはこの曲について「映画『ノット・ア・ガール』ではカラオケを歌うよう彼らは頼んできて、私はこれまでも多くのクラブで実際に「アイ・ラヴ・ロックンロール」を歌っていました」と語った[44]

スピアーズはアローズの原曲が自分のお気に入りの1つだと公言している。ジャイヴ・レコードA&Rの代表スティーヴ・ラントによると、彼女はこの曲をレコーディングする直前にオリジナルのアローズ盤を聴いていた。このバージョンで行われたスクラッチは、ヒット・ファクトリー・マイアミのCorey Chaseによって実演されたものである。シングル発売を宣伝する際、スピアーズは誤ってこの曲のヒット盤をジョーン・ジェットではなくパット・ベネターによるものとした[45]

リリース後の評判[編集]

批評[編集]

スピアーズのカバー盤は大半が好意的なレビューで受け入れられた。NME誌のテッド・ケスラーは、ブリトニーが「ポップチーズとダンスの素敵なサンドイッチを作るのに最高の働きをしている。ジョーン・ジェットの「アイ・ラヴ・ロックンロール」をロドニー・ジャーキンス英語版がプロデュースした一流品で、その看板に偽りなしである」[46] と書いた。

ローリング・ストーン誌のバリー・ウォルターは「プロデューサーのロドニー・ジャーキンスによるジョーン・ジェットの「アイ・ラヴ・ロックンロール」のヒップホップな冒涜は今のところ進んでいない(将来はリンプ・ビズキットのリミックスになるのか?)けれど、それは確かに彼女の以前のスタジオ構成家がソニー&シェール(『ベイビー・ワン・モア・タイム』収録の「The Beat Goes On」)やローリング・ストーンズ(『ウップス!...アイ・ディド・イット・アゲイン』収録の「サティスファクション」)の楽曲に対して行なったことを確かに上回っている」[47] と書いた。

また別の好意的な評判は『PopMatters』誌の編集者Nikki Tranterで、彼はこの曲が「ありふれたポップス提供の平均値とはかけ離れている」ことを楽しめるとして、「彼女は自分の歌声で即興したり何かを装うことでその曲に奇妙な正当性をつけていて、それは馬鹿げていて大袈裟だけど、実際には聞いていて楽しい」と賞賛した[48]

対照的に、デヴィッド・ブラウンはエンターテインメント・ウィークリー誌に対して「彼女のリメイクは想像力に富むものではなく(単にジョーン・ジェットのアレンジを複写しているだけ)、全てを信じられるものではない」[49]と書いている。

商業的[編集]

「アイ・ラヴ・ロックンロール」はリリース時にそこそこチャートに入り、大半の地域でトップ20に達した。イギリスではこの曲が若干の成功を収め、最高順位が13位になった(これは2009年に「Radar」が46位になるまで、スピアーズのシングルとしては最低記録でもあった)。同シングルは英国で合計65000枚を売り上げた[50]。また、オーストラリアでゴールド認定を受けた。

ミュージックビデオ[編集]

クリス・アップルバウム監督による「アイ・ラヴ・ロックンロール」のミュージックビデオには、スピアーズと彼女自身のバンド、積み上げられたスピーカー、点滅するライトが映し出される。ビデオは白黒で始まり、白黒からカラーへ、カラーから白黒へと全編を通じて何度も切り替わる。それはロングビーチ (ニューヨーク州)にあるバーThe Innで撮影された。このビデオは、MTVラテンアメリカ のカウントダウン中に放送された2002年のベストビデオ100の第2位にランクされた。以前は見られなかったシーンを含む、このビデオの「ディレクターズ・カット」版が後に漏洩した。

ライブパフォーマンス[編集]

この曲はスピアーズのDream Within a Dreamツアー(2001-02)中にライブ演奏された。2016年、彼女のラスベガス定期公演Britney:Piece of Me(2016-17)で刷新されたセットリストにそれが追加され、スピアーズがこの歌を披露したのは14年ぶりのこととなった。 ビルボード・ミュージック・アワード2016では、メドレーの一部としてこの歌が演奏された。

トラックリスト[編集]

チャートと認定[編集]

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
オーストラリア (ARIA)[75] Gold 35,000^

^認定のみに基づく出荷枚数

リリース歴[編集]

日付 規格 レーベル
ドイツ[76] 2002年5月27日 マキシシングル JIVE
日本[77] 2002年6月19日 Sony
イギリス[78] 2002年7月1日 JIVE


その他のカバー盤[編集]

「アイ・ラヴ・ロックンロール」は、以下のアーティストによってカバーされたり、サンプリングが使われている。

  • アレックス・ガウディーノとジェイソン・ルーニーによるカバー曲が2008年にリリースされた。
  • タイニー・ティムの1980年のアルバム『Chameleon』でカバーした。
  • L'Arc〜en〜Cielは、2011年に国際シングルとしてカバー曲を配信し、日本ではペプシのCM曲になった。
  • イ・ダヘは、2007年に韓国語と英語の両方のシングルを出している。
  • アル・ヤンコビックは、この曲を「I Love Rocky Road」という替え歌にした。
  • Forever Young(という洋楽アーティスト)によるカバー曲は、2003年にフランスチャートで23位になった[79]
  • ビデオゲーム『Just Dance 2017』用の楽曲「Fast Forward Highway」は、この曲のカバーである。
  • Lipsasetは、2014年に「Aina rock'n'roll」と呼ばれるフィンランド語版をリリースした。
  • Superflyは、2015年のシングル「黒い雫 & Coupling Songs: 'Side B'」のカップリング曲にこの曲のカバーを収録した。このカバーでは、作曲者のメリル自身がギターを演奏している[80][81]
  • 松岡英明は、1989年のアルバム『KISS KISS』でこの曲をカバーしている。
  • 5iveは、「Everybody Get Up」でこの曲のサンプリングを使用した。
  • レブ・ランは、彼のソロアルバム『Distortion』収録の「Mind on the Road」でこの曲のサンプリングを使用した。
  • エミネムは、9番目のスタジオアルバム『Revival』収録の「Remind Me」に、楽器演奏だけ(インストゥルメンタル)のサンプリングを使用した。
  • Dragon Ashは、1999年のシングル「I LOVE HIP HOP」でこの曲のサンプリングを使用した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 100万枚を基準とするゴールドディスクよりもさらに上の基準。米国ではシングル200万枚、アルバム100万セットに達した作品を指す[10]

出典[編集]

  1. ^ a b Arrows、アローズ」、ワーナーミュージック・ジャパン(洋楽の名盤CDアルバム販売元)の国内表記に基づく。
  2. ^ Cad, Saint. “10 More Famous Songs With Unknown Originals”. listverse.com. 2013年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c Outsight Radio Hours interview, 12 February 2012”. 2012年3月18日閲覧。
  4. ^ alan merrill setlist”. Tumblr. 2016年10月10日閲覧。
  5. ^ I Love Rock and Roll”. Songfacts.com. 2017年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月20日閲覧。
  6. ^ a b "Ten hits you may not know were cover versions". BBC News. Retrieved 14 October 2014
  7. ^ Huey, Steve. “I Love Rock N' Roll - Song Review”. Allmusic. Rovi Corporation. 2014年2月20日閲覧。
  8. ^ Talevski, Nick (2006). Rock Obituaries - Knocking On Heaven's Door. Omnibus Press. p. 100. ISBN 978-1-8460-9091-2. "Cordell joined Kenny Laguna, his former session player and then manager of Joan Jett & the Blackhearts, to co-produce the group's chart-topping hard-rock anthem 'I Love Rock 'N Roll'." 
  9. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book of Top 40 Hits, 8th Edition (Billboard Publications), page 322.
  10. ^ プラチナディスクとは」コトバンク、デジタル大辞泉の解説より。
  11. ^ The Recording Academy Announces 2016 Grammy Hall of Fame Inductees”. Recording Academy. 2016年2月6日閲覧。
  12. ^ Joan Jett & the Blackhearts: I Love Rock 'n' Roll (Video 1982), https://www.imdb.com/title/tt6973600/trivia 2018年12月22日閲覧。 
  13. ^ Joan Jett And The Blackhearts* - I Love Rock & Roll” (英語). Discogs. 2018年12月22日閲覧。
  14. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. www.rocklistmusic.co.uk. 2018年12月22日閲覧。
  15. ^ Stone, Rolling (2011年4月7日). “500 Greatest Songs of All Time” (英語). Rolling Stone. 2018年12月22日閲覧。
  16. ^ [1] Archived 30 September 2008 at the Wayback Machine.
  17. ^ Australia n°1 Hits - 80's”. Worldcharts.co.uk. 2011年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月12日閲覧。
  18. ^ "Austriancharts.at – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  19. ^ "Ultratop.be – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll" (in Dutch). Ultratop 50.
  20. ^ Lwin, Nanda. Top 40 Hits: the essential chart guide (2000).
  21. ^ Hung Medien. “I love rock'n'roll in French Chart”. 2013年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月12日閲覧。 You have to use the index at the top of the page and search "Joan Jett & the Blackhearts"
  22. ^ "Offiziellecharts.de – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll". GfK Entertainment Charts.
  23. ^ "The Irish Charts – Search Results – Joan Jett and the Blackhearts". Irish Singles Chart.
  24. ^ Indice per Interprete: J”. HitParadeItalia (it). 2013年6月12日閲覧。
  25. ^ "Nederlandse Top 40 – Joan Jett & The Blackhearts" (in Dutch). Dutch Top 40.
  26. ^ "Dutchcharts.nl – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll" (in Dutch). Single Top 100.
  27. ^ "Charts.org.nz – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll". Top 40 Singles.
  28. ^ John Samson. “I love rock'n'roll in South African Chart”. 2013年6月12日閲覧。
  29. ^ "Swedishcharts.com – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll". Singles Top 100.
  30. ^ "Swisscharts.com – Joan Jett & The Blackhearts – I Love Rock'n Roll". Swiss Singles Chart.
  31. ^ "Joan Jett & the Blackhearts: Artist Chart History". Official Charts Company.
  32. ^ "Joan Jett the Blackhearts Chart History (Hot 100)". Billboard.
  33. ^ "Joan Jett the Blackhearts Chart History (Dance Club Songs)". Billboard.
  34. ^ "Joan Jett the Blackhearts Chart History (Mainstream Rock)". Billboard.
  35. ^ Cash Box Top 100 3/27/82”. tropicalglen.com. 2019年3月30日閲覧。
  36. ^ "Listy bestsellerów, wyróżnienia :: Związek Producentów Audio-Video". Polish Airplay Top 100. 2015年11月23日閲覧。
  37. ^ Kent, David (1993) (doc). Australian Chart Book 1970?1992. Australian Chart Book, St Ives, N.S.W. ISBN 0-646-11917-6 
  38. ^ 40, Stichting Nederlandse Top. “Top 100-Jaaroverzicht van 1982”. Top40.nl. 2019年3月30日閲覧。
  39. ^ Top Selling Singles of 1982 - The Official New Zealand Music Chart”. 2019年3月30日閲覧。
  40. ^ Top 20 Hit Singles of 1982”. 2018年12月26日閲覧。
  41. ^ Top 100 Hits of 1982/Top 100 Songs of 1982”. www.musicoutfitters.com. 2019年3月30日閲覧。
  42. ^ Cash Box YE Pop Singles - 1982”. tropicalglen.com. 2019年3月30日閲覧。
  43. ^ Britney Spears - I Love Rock 'N' Roll”. www.discogs.com. Discogs (n.d.). 2017年2月4日閲覧。 “Released: 27 May 2002”
  44. ^ Dingwall, John (2001年11月5日). “OTR..Off the Record: Your Time Is Up, Jacko; Britney Wants Album Top Slot”. Daily Record (Scotland): p. 19 
  45. ^ Jim DeRogatis (2001年11月4日). “What Britney said, or should have”. Chicago Sun-Times. 2001年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  46. ^ Kessler, Ted (2001年10月30日). “NME Albums Reviews- Britney Spears : 'Britney Pop's Number One act? She did it again...'”. NME. http://www.nme.com/reviews/britney-spears/5783 2011年1月2日閲覧。 
  47. ^ Barry Walters (2001年11月22日). “Britney review”. Rolling Stone. 2007年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月2日閲覧。
  48. ^ Tranter, Nikki (2001年11月5日). “Britney Spears: Britney <PopMatters>”. PopMatters. http://www.popmatters.com/pm/review/spearsbritney-britney 2012年1月2日閲覧。 
  49. ^ Britney | Music. EW.com (12 November 2001). Retrieved on 2 January 2012.
  50. ^ Britney Spears- I Love Rock 'n' Roll (UK) Archived 9 May 2007 at the Wayback Machine. UKBritney.tv Retrieved on 22 May 2007
  51. ^ "Australian-charts.com – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll". ARIA Top 50 Singles.
  52. ^ "Austriancharts.at – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  53. ^ "Ultratop.be – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll" (in Dutch). Ultratop 50.
  54. ^ "Ultratop.be – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll" (in French). Ultratop 50.
  55. ^ Canadian Digital Song Sales”. Billboard (2003年8月9日). 2018年12月11日閲覧。
  56. ^ "Britney Spears: I Love Rock 'n' Roll" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland.
  57. ^ "Offiziellecharts.de – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll". GfK Entertainment Charts.
  58. ^ Archívum — Slágerlisták — MAHASZ — Magyar Hangfelvétel-kiadók Szövetsége”. Mahasz.hu. 2012年11月8日閲覧。
  59. ^ "The Irish Charts – Search Results – I Love Rock 'n' Roll". Irish Singles Chart. 2018年11月27日閲覧。
  60. ^ "Italiancharts.com – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll". Top Digital Download.
  61. ^ "Nederlandse Top 40 – week 24, 2002" (in Dutch). Dutch Top 40 2018年11月27日閲覧。
  62. ^ "Dutchcharts.nl – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll" (in Dutch). Single Top 100.
  63. ^ Top40-charts.com”. 2015年11月24日閲覧。
  64. ^ Arhiva romanian top 100 ? Editia 34, saptamina 26.08-2.09, 2002”. Romanian Top 100. 2005年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月30日閲覧。
  65. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. 2015年6月22日閲覧。
  66. ^ "Swedishcharts.com – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll". Singles Top 100.
  67. ^ "Swisscharts.com – Britney Spears – I Love Rock 'n' Roll". Swiss Singles Chart.
  68. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2014年1月17日閲覧。
  69. ^ "Official Independent Singles Chart Top 50". UK Indie Chart. 2018年11月27日閲覧。
  70. ^ ARIA Charts - End of Year Charts - Top 100 Singles 2002”. Aria.com.au. 2016年3月14日閲覧。
  71. ^ Ultratop Belgian Charts”. Ultratop.be. 2016年3月14日閲覧。
  72. ^ Offizielle Deutsche Charts - Offizielle Deutsche Charts”. Offiziellecharts.de. 2016年3月14日閲覧。
  73. ^ Årslista Singlar - År 2002”. 2016年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月11日閲覧。
  74. ^ Steffen Hung. “Swiss Year-End Charts 2002”. Swisscharts.com. 2016年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  75. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2002 Singles". Australian Recording Industry Association. 2014年1月17日閲覧
  76. ^ I Love Rock 'N' Roll [Single]”. Amazon.de. 2014年1月17日閲覧。
  77. ^ I Love Rock’n’Roll”. Amazon.co.jp. 2014年1月17日閲覧。
  78. ^ I Love Rock and Roll [Single, Maxi]”. Amazon.co.uk. 2014年1月17日閲覧。
  79. ^ I Love Rock'n'roll by Forever Young - Music Charts”. Acharts.co. 2016年10月10日閲覧。
  80. ^ “Superfly新作に作曲者参加の「I Love Rock 'N' Roll」カバー”. 音楽ナタリー. (2015年11月3日). https://natalie.mu/music/news/164859 2019年4月3日閲覧。 
  81. ^ “Superfly、「I Love Rock‘N’Roll」のカバーに作曲者アラン・メリルがギターで参加”. BARKS. (2015年11月3日). https://www.barks.jp/news/?id=1000121231 2019年4月3日閲覧。 

外部リンク[編集]