アイレス航空8250便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイレス航空 8250便
AIRES Flight 8250 wreckage.jpg
事故機の残骸
事故の概要
日付 2010年8月16日
概要 パイロットエラーCFIT
現場  コロンビア サン・アンドレス・イ・プロビデンシア県サン・アンドレス英語版 グスタボ・ロハス・ピニージャ国際空港
北緯12度35分01秒 西経81度42分39秒 / 北緯12.58361度 西経81.71083度 / 12.58361; -81.71083座標: 北緯12度35分01秒 西経81度42分39秒 / 北緯12.58361度 西経81.71083度 / 12.58361; -81.71083
乗客数 125
乗員数 6
負傷者数 129
死者数 2
生存者数 129
機種 ボーイング737-73V
運用者 コロンビアの旗 アイレス航空
機体記号 HK-4682
出発地 コロンビアの旗 エルドラド国際空港
目的地 コロンビアの旗 グスタボ・ロハス・ピニージャ国際空港
テンプレートを表示

アイレス航空8250便着陸失敗事故(アイレス航空8250びんちゃくりくしっぱいじこ)は、2010年8月16日に発生した航空事故である。エルドラド国際空港グスタボ・ロハス・ピニージャ国際空港行きだったアイレス航空8250便(ボーイング737-73V)がグスタボ・ロハス・ピニージャ国際空港(サン・アンドレス島)への着陸に失敗し、機体が3つに分断された。乗員乗客131人中2人が死亡し、129人全員が怪我を負った[1]

当初は、落雷が原因であると考えられていたが、最終報告書ではパイロットが最低降下高度を下回る高度まで降下したことが原因とされた[2]

事故機[編集]

事故の5ヶ月前にエルドラド国際空港で撮影された事故機

事故機のボーイング737-73V(HK-4682)は、シリアル番号32416、製造番号1270として製造された[3]。2003年1月10日に初飛行を行い[3]イージージェットに納入された。その後、2010年3月6日にアイレス航空が購入した[3]。調査官は事故の翌日に、航空機の整備記録は適切なものだったと述べた[4]。この事故はボーイング737-700として2番目の事故であり、初の死亡事故でもある。また2020年4月時点で、この事故は737-700で発生した航空事故としては最悪のものである[5][6]

乗員乗客[編集]

8250便の座席表

何人が搭乗していたかについては、いくつかの矛盾した報告がある[7]。121人の乗客と6人の乗員[8]、131人の乗員乗客[9]、少なくとも127人が搭乗していたなどの報告があった[7]。また、131人の乗員乗客が搭乗していたという報告では、乗客は121人の成人と4人の未成年だったとも述べられた[7]。事故後の報告で、実際は125人の乗客と6人の乗員が搭乗していたことが明らかになった[4][10][11][12]

ある初期報告では114人が負傷し、99人がサンアンドレアスの病院に搬送され、4人が重傷だったと伝えられた[9]。翌日の報告では、119人が病院に搬送され、ほとんどが軽傷であった[4][12]。また、重傷を負った4人を含む13人がボゴタの病院に搬送された[4]

当初の報告では、高齢の女性が心臓発作で死亡したと述べられた[13]。最終的に、死者は2人になった。68歳の女性は病院に搬送中、大動脈破裂と肝臓破裂により死亡した[14][8][9]。もう1人の死者は女児で、事故の16日後に死亡した[15][16]

報告では、搭乗者には6人のアメリカ人、5人のメキシコ人、4人のブラジル人とエクアドル人、および2人のドイツ人が含まれており、他は全員コロンビア人だという[7]。また、別の報告では3人がアメリカ人だったと伝えられた[17]。その後の報告で、コロンビア国籍以外の搭乗者は、少なくとも16人だと述べられた[11]

事故の経緯[編集]

事故機は、コロンビアの航空会社であるアイレス航空が運航していた[8][9]。8250便は、コロンビアの首都であるボゴタからカリブ海にあるコロンビアの島であるサン・アンドレス英語版へ向かう便だった[9]。サン・アンドレスは人気の観光地で、ニカラグアの海岸から190km東に位置している[9]

8250便は、0時07分(UTC-5)にボゴタのエルドラド国際空港を離陸した[8][9]。機体は36,000フィート (11,000 m)の巡航高度まで上昇した。1時25分、管制官は22,000フィート (6,700 m)までの降下を許可したが、後に24,000フィート (7,300 m)までの降下に訂正された。当時の気象情報では、視程10km以上で穏やかな風が吹いているだけだったが、悪天候になることが予想されていた[1]

サン・アンドレスの管制官にコンタクトした際、3,000フィート (910 m)までの降下が許可され、VORでの滑走路6への着陸が予定された。1時40分、着陸装置が降ろされ、フラップが15度に設定された。2分後にフラップは25度まで出され、管制官は滑走路6への着陸進入を許可した。このとき、10ノット (19 km/h)の風と激しい雷雨で、視程が急速に悪化していると報告された。1時44分にフラップが30度に設定され、視程が更に悪化したと管制官が報告した。パイロットは滑走路を視認し、自動操縦を解除した。500フィート (150 m)まで降下し、機長はウィンドシアへ遭遇した場合に備えて、復航手順を確認した。最終進入は、副操縦士が着陸復航を提案するまで続けられた[1]。1時49分、8250便は滑走路端から260フィート (79 m)手前の地表に衝突し、残骸は328フィート (100 m)に渡って散乱した[9][7]。そのまま滑走路を滑り、着陸装置とエンジン1基が機体から脱落し、機体は3つに分断された[14][4]。事故に因り、小規模な火災が発生したが、空港の消防隊の迅速な活動により消火された[4]

事故の一報で、エンジンが停止していたと報告されたため、コロンビア空軍のデビッド・バレロ大佐は、パイロットの技能により空港への衝突が避けられたと述べた。しかし、機体が空港の建物に衝突する可能性などは無かった。そのため、多くの人々はバレロ大佐の意見に賛同はしなかった[9]

事故調査[編集]

コロンビアの民間航空当局やコロンビア空軍が調査を開始した[18]。残骸の調査のため空港は閉鎖され、空港の再開は翌日の6時頃になると見込まれた[18][8]

8250便が悪天候により墜落したと報じられたが、空港では嵐の報告はなかった[7]METARの情報によると、事故当時に東北東から6ノット (11 km/h)の風が吹いており、滑走路は湿っていたが視程は良好だった[14]。バレロ大佐は、機体が激しい雷雨の中着陸したと述べた[8]

事故翌日の乗客の証言によると、客室乗務員は着陸に備えており、機体は突然墜落した[4][10][11]。パイロットは事故後に、管制官へ緊急事態を報告しなかった[12]。事故原因についてはいくつかの矛盾した報告があり、マイクロバーストへの遭遇後、または落雷後に着陸復航を行おうとし、墜落したというものだった[7]。パイロットは機体に落雷があったと話しており、当局は落雷についてコメントしていなかったが[9][7][18]、調査により落雷がなかったことが証明された。機体への落雷が直接原因となった墜落事故は1971年以降発生していない。グスタボ・ロハス・ピニージャ国際空港には、ウインドシアを観測するドップラー・レーダーなどの設備が無かった[4]

コックピットボイスレコーダーフライトデータレコーダーは事故現場から回収された[4]。残骸の散乱具合から、調査官は機体が空中で分解したのではなく、地面との衝突により破壊されたと結論付けた[4]

アメリカの国家運輸安全委員会(NTSB)は、機体の製造国の代表として調査チームに加わった[19]

事故からおよそ1年後の2011年7月15日に民間航空安全保障理事会(Security Council of Aeronáutica Civil)は、パイロットが自身の操縦技術を過信し進入を続けた結果、グライドスロープを下回って降下したために墜落したと結論付けた。パイロット達は、機体が実際より高い位置を飛行していると錯覚するブラックホール現象に陥っていた。また、パイロットのトレーニングの見直しが推奨された。民間航空安全保障理事会のカルロス・シルヴァは、調査の目的は責任の追及ではなく、将来に発生しうる航空事故の防止が目的であると述べた[20]

映像化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Accident description AIRES Flight 8250”. 2019年6月12日閲覧。
  2. ^ Accidente ocurrido el día 16 de Agosto de 2010 a la aeronave Boeing 737-700, Matrícula HK-4682 en el Aeropuerto Internacional Gustavo Rojas Pinilla de la Isla de San Andrés - Colombia (Report). UAEAC. http://reports.aviation-safety.net/2010/20100816-0_B737_HK-4682.pdf 2019年9月22日閲覧。. 
  3. ^ a b c Boeing 737 Next Gen – MSN 32416”. Airfleets. 2011年4月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j “130 survive 'miracle' plane crash in Colombia”. Associated Press. (2010年8月17日). オリジナルの2010年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100820080305/https://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5gw3-tyohDhSGDplj8TPrYOq3ojSwD9HLAFFG0 2010年8月17日閲覧。 
  5. ^ Boeing 737-700 fatal accident map”. 2019年6月12日閲覧。
  6. ^ Recent accidents / incidents worldwide”. JACDEC. 2010年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h “Jet breaks apart during landing in Colombia”. CNN. (2010年8月16日). オリジナルの2010年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100818164414/http://edition.cnn.com/2010/WORLD/americas/08/16/colombia.plane.fatality/index.html 2010年8月16日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “Colombian airliner crashes during storm leaving one dead”. Reuters. (2010年8月16日). オリジナルの2010年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100818183912/https://af.reuters.com/article/worldNews/idAFTRE67F2AI20100816 2010年8月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j “Colombia plane breaks into pieces after crash”. BBC News. (2010年8月16日). オリジナルの2010年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100816190031/http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-10988966 2010年8月16日閲覧。 
  10. ^ a b “Colombian 'Miracle' Plane Crash: Inside the Story of Survival”. ABC News. (2010年8月17日). オリジナルの2010年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100821091502/http://abcnews.go.com/International/colombian-miracle-plane-crash-inside-story-passengers-survival/story?id=11416690&page=2 2010年8月17日閲覧。 
  11. ^ a b c “Air crash 'miracle' for Colombia as plane breaks up”. BBC News. (2010年8月17日). オリジナルの2010年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100817194244/http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-10998821 2010年8月17日閲覧。 
  12. ^ a b c “'Miracle' in Colombia crash: Woman dies, 130 live”. Yahoo. (2010年8月17日). オリジナルの2010年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100816171706/http://news.yahoo.com/s/ap/20100816/ap_on_re_la_am_ca/lt_colombia_plane_crash 2010年8月17日閲覧。 
  13. ^ Romero, Simon (2010年8月16日). “Jet Crash on Colombian Island Kills 1” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2010/08/17/world/americas/17colombia.html 2022年6月4日閲覧。 
  14. ^ a b c Accident: Aires B737 at San Andres Island on 16 Aug 2010, landed short of runway and broke up”. Aviation Herald (2010年8月16日). 2010年8月19日閲覧。
  15. ^ "Comunicado de Prensa 06 Archived 9 September 2010 at the Wayback Machine.." AIRES. Retrieved on 15 September 2010.
  16. ^ Cali, Casa Editorial El País (2010年9月2日). “Compañeras de colegio dieron el último adios a Maria Camila Angarita” (スペイン語). Elpais. 2022年6月4日閲覧。
  17. ^ Ministro de Transporte atribuyó al clima el accidente aéreo en San Andrés” (Spanish). Caracol. 2010年8月16日閲覧。
  18. ^ a b c Ministro de Transporte descartó fallas técnicas de la aeronave que se accidentó en San Andrés” (Spanish). El Tiempo. 2012年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月16日閲覧。
  19. ^ “NTSB sending team to assist government of Colombia with today's 737 accident” (プレスリリース), National Transportation Safety Board, (2010年8月16日), http://www.ntsb.gov/Pressrel/2010/100816c.html [リンク切れ]
  20. ^ “Error del piloto y mal tiempo, causas del accidente de avión de Aires” (Spanish). El Tiempo. (2011年7月15日). オリジナルの2013年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131213181046/http://www.eltiempo.com/colombia/otraszonas/ARTICULO-WEB-NEW_NOTA_INTERIOR-9916084.html 2013年1月19日閲覧。 

外部リンク[編集]