アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ
Senna
監督 アシフ・カパディア
脚本 マニッシュ・パンディ
製作 ジェームズ・ゲイ=リース
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮 ケヴィン・マクドナルド
マニッシュ・パンディ
デブラ・ヘイワード
ライザ・チェイシン
出演者 アイルトン・セナ
アラン・プロスト
音楽 アントニオ・ピント
編集 グレッガーズ・ソール
クリス・キング
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
ミッドフィールド・フィルムズ
配給 日本の旗 東宝東和
公開 日本の旗 2010年10月8日
イギリスの旗 2011年6月3日
上映時間 110分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
ポルトガル語
テンプレートを表示

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』(アイルトン・セナ おんそくのかなたへ、原題:Senna)は、 2010年イギリス製作のドキュメンタリー映画

概要[編集]

かつてのF1の名ドライバー、アイルトン・セナの生誕50年を記念して、慈善団体である「アイルトン・セナ財団」の公認を得て製作された。

セナの誕生からレーサーとしてのデビュー、F1で3度のワールドチャンピオンに輝くも1994年のサンマリノグランプリにおいて事故死するまでの生涯を、肉親・関係者の証言や秘蔵映像などで振り返る。

2010年日本グランプリイベント開催初日の2010年10月7日、鈴鹿サーキットで初公開された。

2011年サンダンス映画祭において、ドキュメンタリー部門の観客賞を受賞した。

本作ではセナの事故死の原因について、マスコミで広く伝わった「ステアリングコラムの破損」「サスペンションアームがバイザーに刺さったこと」を簡素に説明している。なお、真相についてはイタリアで行われた裁判でさえもうやむやにされたため、公式な死亡原因については「公式発表なし」が現状である。

受賞[編集]

出演[編集]

他、F1関係者多数。

外部リンク[編集]