アイリス・チャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイリス・チャンの像(南京大虐殺紀念館

アイリス・チャン(Iris Shun-Ru Chang、張純如、1968年3月28日 - 2004年11月9日)は、中国系アメリカ人ジャーナリスト・政治活動家・作家

来歴[編集]

アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストン生まれ。チャンの両親は1949年中国人民解放軍から逃れて台湾に脱出した後、1962年にアメリカへ移住した。共にハーバード大学で学び、父親は理論物理学、母親は生物学博士号を取得している。チャンが2歳の時、一家はイリノイ州シャンペーンアーバナに転居し、チャンは同地で成長した。

ユニバーシティ・ラボラトリー・ハイスクール(en)を卒業後、ジャーナリストを志してイリノイ大学ジャーナリズム学部に進み、ジャーナリズムの学士号を得る。AP通信[1]およびシカゴ・トリビューンでの短い勤務の後、ジョンズ・ホプキンス大学の大学院で学び、25歳のとき作家としてデビューした。

2004年に自家用車内で拳銃自殺した。

著作[編集]

チャンは生涯に3つの作品を著した。

『スレッド・オブ・ザ・シルクワーム』(1995年)[編集]

原題:『Thread of the Silkworm』

1950年代の「マッカーシズム赤狩り)」における中国人科学者・銭学森についてのものであった。銭は長年アメリカ軍に協力したが、米政府に軍事機密持ち出しの嫌疑により逮捕された後中国に強制送還された。後にシルクワームミサイルの開発に関わり、「中国ミサイルの父」と呼ばれることとなる。

『ザ・レイプ・オブ・南京』(1997年11月)[編集]

原題:『The Rape of Nanking: The Forgotten Holocaust of World War II』Basic Books

日中戦争支那事変)において発生したとされている「南京大虐殺」について書かれたものである。ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに10週間掲載された。スティーヴン・アンブローズは「最高の若手歴史家」であると絶賛[2][3]する一方で、D.ケネディらは批判した。

また、日本では藤岡信勝らが翻訳の出版を妨害したとオリバー・オーガストは述べている[3]。また、チャンのスタッフは、チャンに対する日本からの圧力は耐え難いものであったとし、チャンは生命の危険を感じていたため日本への旅行を怖がっていたという[3]。オリバー・オーガストは「アイリス・チャン最後のレイプオブ南京の被害者か?」というタイムズ記事でチャンにとって日本からの攻撃はたわいもないものであった、なぜならチャンには世界中の中国人と面会してそれよりも恐ろしい日本軍の行為、「慰安所」に女性を閉じ込めたり、満州では神経ガス実験などの話を聞いていたからだと述べている[3]

『ザ・チャイニーズ・イン・アメリカ』(2003年)[編集]

原題:『The Chinese in America』

アメリカにおける中国人移民の歴史について物語風に記述し、中国系アメリカ人に対する迫害を告発している。アメリカではニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに数ヶ月間掲載された。一方で、「歴史的証拠の裏付けが欠如した、軽薄な中華思想ロマン主義に陥った駄作」と評するメディアもあり[4]、スーザン・ジェイクスが「チャンによる金切り声の説教」「過度に空想小説的な旅行ガイド」「民族主義的な中国本土の教科書」と批判するなど[5]、前作『ザ・レイプ・オブ・南京』ほどの評価は得られなかった。『The Chinese in America』 第1章には「中国の真の偉大さはその大きさや広がりにあるのではなくその年月(つまり、連綿と続く文明と、損なわれることの無い慣例および伝統の5千年間)にある。多くの歴史家によれば、中国国家は地球上でもっとも古い、機能する組織体である」との記述がある。


病気と自殺[編集]

チャンは4作目として第二次世界大戦中のフィリピンで日本軍と戦い捕虜になった米軍兵士の過酷な運命(バターン死の行進)に関する作品に取り組んでいた[3]。しかしながらうつ病を患い、入退院を繰り返していた。鬱の要因については諸説あり、現在そのどれもが推測の域を出ていない。フラッシュバックで中国人が被害にあった写真が頭から離れなくなったとオリバー・オーガストは述べている[3]

彼女はカリフォルニア州サンノゼサニーベールで夫と2歳の息子と暮らしていたが、2004年11月9日[6]の午前9時頃に、カリフォルニア州サンタクララ郡の国道17号線、ロスガトスの南で自動車の中で死んでいるのを発見された。サンタクララ郡警察は、状況証拠からチャンが銃で自分の頭を撃ったものと断定した。

葬儀は2004年11月19日に行なわれ、親戚・知人等、600人が参列した。

関連作品[編集]

  • 小林よしのりの漫画、ゴーマニズム宣言では、皮肉(イロニー)な戯画として、チャンは人民服姿で中国の国旗の上(下に少数民族の虐殺死体)に立ち、自著『レイプ・オブ・南京』をユダヤの亡霊を背後に背負うドイツ人記者と交換しあっている姿で描かれている。
  • Iris Chang: The Rape of Nanking』 - 2007年に公開されたカナダのドキュメンタリー映画。日本未公開。本人をカナダ人女優Olivia Chengが演じている。

脚注[編集]

  1. ^ チャンはイリノイ大学在学中から実習生として記者活動を行なっていた。
  2. ^ A Brief Biography of Iris Chang(世界抗日戦争史実維護連合会)”. 2008年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f August, Oliver, "One final victim of the Rape of Nanking?". London: Times2005-03-17.
  4. ^ タイム2003年8月11日号(アジア版)
  5. ^ 『タイム』2003年8月4日 [1]
  6. ^ [橘玲の日々刻々アイリス・チャンが死んだ日]橘玲の公式ブログ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]