アイラヴマコーネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイラヴマコーネン
iLoveMakonnen
出生名 Makonnen Sheran
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル R&Bヒップホップ
職業 歌手ラッパープロデューサー
活動期間 2009年 - 現在
レーベル OVO Sound、Warner Bros.
公式サイト http://www.ilovemakonnenmusic.com/

アイラヴマコーネンiLoveMakonnen、本名:Makonnen Sheran)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタの男性ミュージシャン歌手ヒップホップMC音楽プロデューサー

来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、13歳の時にアトランタに移る。マコーネンはエチオピア系の姓によくある名前だがエチオピアと関係性はなく、母の好みでつけられた。彼はアフリカ系アメリカ人インディアンアイルランドベルギードイツ中国の混血である[1]

2008年頃から音楽活動を始めMySpaceに曲をアップロードし多くのデモやEPを発表した。

2014年6月27日、Ep『I Love Makonnen EP』を自主制作でリリース。収録された「チューズデイ(Tuesday)」がアンダーグラウンドで話題になり、マイリー・サイラスがお気に入りの曲としてインスタグラムで紹介するなどして徐々に知名度を上げていった。8月にドレイクからリミックスをしたいとコンタクトがあり半信半疑で「チューズデイ」のインストを送ったところ、2日後に「ILOVEMAKONNEN - Tuesday Feat. Drake」としてドレイクがサウンドクラウド上で発表、それを初めて聞いたマコーネンは喜びのあまり腰を抜かして涙した[2]。その後すぐにドレイクのレーベルであるOVO Soundと契約を果たす。ドレイクがフィーチャリングアーティストとして参加したことで「チューズデイ」の人気は急上昇し10月にはBillboard Hot 100にチャートイン、11月には最高12位までチャートを駆け上がった[3]。12月には第57回グラミー賞で最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞にノミネートされたことが発表された[4]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • チューズデイ - Tuesday feat. Drake (2014年)

EP/ミックステープ[編集]

  • I Love Makonnen EP (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ NOISEY (2014年7月12日). “Everybody Loves Makonnen”. 2014年10月5日閲覧。
  2. ^ YouTube (2014年8月12日). “ILOVEMAKONNEN - CLUB GOING UP ON A TUESDAY FT. DRAKE (Makonnens Reaction) via lucid fc”. 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ Billboard (2014年12月6日). “I Love Makonnen - Chart history”. 2014年12月6日閲覧。
  4. ^ GRAMMY.com (2014年12月6日). “57th Annual GRAMMY Awards Nominees”. 2014年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]