アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
Der Staat gegen Fritz Bauer
監督 ラース・クラウメ英語版
脚本 ラース・クラウメ
オリヴィエ・ゲーズ
製作 トマス・クフス
出演者 ブルクハルト・クラウスナー
音楽 ユリアン・マース
クリストフ・M・カイザー
撮影 イェンス・ハラント
編集 バーバラ・ギース
製作会社 ゼロ・ワン・フィルム
配給 日本の旗 クロックワークス=アルバトロス・フィルム
公開 ドイツの旗 2015年10月1日
日本の旗 2017年1月7日
上映時間 105分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
興行収入 ドイツの旗 $1,925,793[1]
テンプレートを表示

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』(アイヒマンをおえ! ナチスがもっともおそれたおとこ、原題: Der Staat gegen Fritz Bauer)は、2015年制作のドイツ映画

ナチスの最重要戦犯アドルフ・アイヒマン逮捕の影の功労者であるドイツ人検事フリッツ・バウアードイツ語版の執念と苦悩を描いた作品。

2016年のドイツ映画賞で作品賞、監督賞、音楽賞、助演男優賞、美術賞、衣装デザイン賞の6部門を受賞した[2][3][4]

あらすじ[編集]

1950年代後半、西ドイツフランクフルト。経済復興が進む一方、戦争の記憶が風化しようとしていく中、検事長のフリッツ・バウアーはナチス戦犯の告発に執念を燃やしていた。

そんなある日、彼のもとに、逃亡中のナチスの大物戦犯アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという重大な情報を記した手紙が届く。

バウアーはアイヒマンの罪をドイツの法廷で裁くため、部下のカールと共に証拠固めと潜伏場所の特定に奔走するが、ドイツ国内に巣食うナチス残党による妨害や圧力にさらされ、孤立無援の苦闘を強いられる。

そんな状況を打開するためにバウアーが考えついたのは、この情報をイスラエル諜報特務庁(モサド)に提供するというものだった。しかしそれは、国家反逆罪に問われかねない危険な行動であった。それでもナチス戦犯の告発に執念を燃やすバウアーは、モサドへの接触を図る。そして、これがやがて大きな実を結ぶことになる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]