アイドルデスゲームTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイドルデスゲームTV
IDOL DEATH GAME TV
ジャンル センター争奪デスゲームアクションADV
対応機種 Playstation Vita
PlayStation Vita TV対応
開発元 ウィッチクラフト
発売元 ディースリー・パブリッシャー
プロデューサー 臼田裕次郎
シナリオ 遠藤正二朗
美術 上田メタヲ(キャラクターデザイン)
人数 1人
メディア PSVitaカード
ダウンロード
発売日 2016年10月20日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
ダウンロード
コンテンツ
あり
テンプレートを表示

アイドルデスゲームTV』(IDOL DEATH GAME TV)は、ウィッチクラフトが開発し、ディースリー・パブリッシャーより2016年10月20日に発売されたPlaystation Vita用ゲームソフト。公式サイトではアイデスTVの呼称も用いられている。

ディースリー・パブリッシャーの「ニューアイドルプロジェクト」として発表された[1]。文字通り生死をかけたアイドル達のセンター争いが描かれる[2]

システム[編集]

探索
館を探索し、アイテム収集や他アイドルとの接触を行う。
ドリームコイン
審査の受注や、アイテムの購入に必要な通貨。
バクロワイヤル
他アイドルと1対1で相手のスキャンダルを暴きあう。
審査
ドリパクによって課せられる審査。以下の審査がある。
DREAM☆運試し
ドリームコインで数字入りのボールを買い、ルーレットで所持ボールの数字が当たれば合格。
DREAM☆ダンス審査
DREAM☆演技力審査
3回のアピールにより、アピールポイントを規定値よりも上回れば合格。アピールには、成功率が高いが獲得ポイントが低い「N」と、成功率が低いが獲得ポイントが高い「G」が存在する。
DREAM☆魅力投票
残っているアイドル同士で投票を行い、その結果により脱落者を決定する。前半と後半に分かれており、前半は獲得票の低かったアイドルが脱落し、後半は獲得票の高かったアイドルが脱落する。同票1位が出た場合は、その時の獲得ファン数の低かった方が脱落する。
DREAM☆歌合戦
ダンス審査・演技力審査と同様のルールで行う決勝戦。アピール回数は5回で、結果によりファンの数が増減する。最終的なファンの数が相手よりも多ければ勝利となる。
デスライブ
審査の敗者に課せられる、アイドル自身の持ち歌が流れる中で行われる処刑。成功すれば敗者復活を謳っているものの、成功と判定されても理不尽な展開でアイドル自身が死亡するものが殆ど。

ストーリー[編集]

アイドルグループ、プロジェクト47のメンバーによるセンター争いイベント、ドリーム・オブ・ドリーム(D.o.D)。

すでに過去に9回開催されていたが、10回の節目となる今回は、あまりにも違いすぎていた…。異様な流れの中、洋館で開催される。

始まったセンター争い、勝者にはセンターの座が手に入るが、敗者に待つのは死であった…。

物語はまず茅ヶ崎千春の視点から描かれ、6人のアイドルから見た物語と、D.o.Dの真相に迫る「D.o.D編」からなる。

登場人物[編集]

本作では下記のアイドルから1人を主人公として選ぶ。但し、初プレイでは「茅ヶ崎 千春」編しか選べず、彼女でクリアすると他のアイドルを主人公にしたプレイが解禁される。

また、キャラごとに相手からどう思われているかの「好感度」の初期値が大きく違い、誰と仲が良いか、悪いかが細かく設定されている。

チーム・ハッピー[編集]

プロジェクト47の関東出身メンバーによるチーム。

茅ヶ崎 千春(ちがさき ちはる)
- 上間江望
チーム・ハッピー10期生。Dランキング5位。キャッチコピーは「いまどきの正当派!」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「偽りだらけの幸福」。デスライブを目の当たりにしても他のメンバーを励ますなどする心優しい性格。
他のチーム・ハッピーのメンバーとも仲が良いが、天王寺彩夏からはライバル心を向けられている。
その正体は大資産家である本庄家の一人娘「本庄さくら」で、生後半年の頃に現在の父である茅ヶ崎功児によって誘拐され、本庄夫妻は身代金を届けようとしたときにひき逃げに遭って死亡した。それを哀れに思った功児は彼女を引き取ることにした。そして生後半年だったにも関わらず、出生届を提出し「茅ヶ崎千春」として育てていくことにした。
そのため、妹の希(のぞみ)とは顔が全く似ていない。
蒲田 真理子(かまた まりこ)
声 - 浅倉杏美
チーム・ハッピー1期生で、リーダー。Dランキング88位。キャッチコピーは「祝福の女神」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「崖っぷちまであと1ミリ」。
第8回「D.o.D.」から本名の「蒲田真理子」に戻した。アイドルとしてのキャリアは10年以上。アイドルとしての旬も過ぎ去り、人気も低迷している自分がD.o.D.に選ばれたことを疑問に思っている。千春としらせがセンター権を獲れるよう、最大限サポートする。
なお、本作発売前に行われた『電撃オンライン』誌の「アイドルデスゲームTV・アイドル総選挙」では、設定とは裏腹に1位を獲得。それに伴い特別描き下ろしイラストとソロ曲が無料配信された。
筑波 しらせ(つくば しらせ)
声 - 久保ユリカ
チーム・ハッピー10期生。Dランキング15位。キャッチコピーは「幸せ天使」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「復讐するは我にあり」。小さく可愛らしい外見で、明るい性格。千春と真理子とは特に仲が良い。しかし、チーム・スマイルのメンバーに対してはあからさまに敵意を向ける。
その正体は、チーム・スマイル9期生の「白浜 ふじみ」。施設から出た彼女は芸能界で生きていこうと、「プロジェクト47」のオーディションを受け合格。チーム・スマイル所属となった。そこで烏丸理都から髪型が彩夏と被っているからと髪の毛を切られたり、衣装をぼろぼろにされたりと陰湿ないじめを受けた。
チーム・スマイル脱退後は、「スマイルキラー」として理都の取り巻きだった尼崎と大津のスキャンダルを暴露し、引退させた。整形をし、左利きを矯正し、「筑波しらせ」として「プロジェクト47」のオーディションを受け直した。
ロケ弁当に蜘蛛を入れられたので、蜘蛛が嫌い。

チーム・スマイル[編集]

プロジェクト47の関西出身メンバーによるチーム。

天王寺 彩夏(てんのうじ あやか)
声 - 芹澤優
チーム・スマイル9期生。Dランキング6位。キャッチコピーは「最高の笑顔」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「存在☆詐欺」。チーム・スマイルのリーダーを務めている。昨年度(第9回)のD.o.Dで準優勝にとどまったため、今回でのリベンジに燃えている。
千春にもライバル心がある。
実は、「白浜ふじみ」の脱退について自分に原因があると思い悩んでスランプに陥っていた。彼女のいじめについては何も知らなかった。
烏丸 理都(からすま りと)
声 - 西明日香
チーム・スマイル9期生。Dランキング43位。キャッチコピーは「古都のはにかみ」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「偏狂の崇拝者」。京都弁が特徴。彩夏のことを「あやちゃん」と呼んで心から信頼しており、彩夏をセンターにするためなら自分は脱落していいとさえ思っている。
彩夏のために「スパイダー」として違法行為に手を染めていた。

チーム・パッション[編集]

プロジェクト47の九州出身メンバーによるチーム。

諫早 れん(いさはや れん)
声 - M・A・O
チーム・パッション6期生。Dランキング2位。キャッチコピーは「D.o.Dクラッシャー」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「血塗られた宿命」。過去3年のD.o.Dで優勝しているが、いずれの回も何故かセンター権は辞退している。空手が特技であり、黒帯の腕前。

チーム・ライジング[編集]

プロジェクト47の北海道・東北出身メンバーによるチーム。

旭川 姫(あさひかわ ひめ)
声 - 立花理香
チーム・ライジング10期生。Dランキング1位。キャッチコピーは「一万年に一度の美少女」。ドリパクから付けられたキャッチコピーは「冷血なる怪物」。今年デビューしたにも関わらず、Dランキング1位を獲得したことから、注目を浴びている。自分を愛する者すべてに対して、平等に自分から愛を与えるべきという信条を持っている。

その他[編集]

ドリパク
声 - 山口勝平
バクの姿をしたD.o.D司会。務めて明るく司会進行をするが、警告をしたりするときなどはドスの効いた口調になる。
実は30代後半のドルオタ

出典[編集]

  1. ^ ディースリー・パブリッシャー、Vita用新作タイトルのカウントダウン開始”. GAME Watch (2016年6月30日). 2016年7月15日閲覧。
  2. ^ 『アイドルデスゲームTV』夢か!? 死か!? 究極のアイドルデスゲーム開幕”. ファミ通.com (2016年7月7日). 2016年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]