アイタ (エトルリア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイタAitaもしくはEita)はエトルリア神話における冥府ギリシャ神話ハーデースおよびローマ神話プルートーに相当する。

描画[編集]

アイタがエトルリアの墳墓に描かれているケースは少ないが、[1]オルヴィエートに位置するゴリーニ墳墓タルクイーニアに位置するオルクスII世墳墓にて確認できる。[2]

また、アイタは配偶神であるペルシプネイと共に描かれることもあり、ギリシャ神話のペルセポネーに相当する。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Jean-René Jannot, La peinture etrusque
  2. ^ De Grummond, 2006. Etruscan Myth, Sacred History, and Legend. Philadelphia, PA: University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology. P 229-231.
  3. ^ Conway, D. J. (1994). Maiden, mother, crone: the myth and reality of the triple goddess. Llewellyn Worldwide. p. 93. ISBN 0-87542-171-7. https://books.google.com/books?id=KnJgevpp3DMC&pg=PA93&dq=Persipnei&hl=en&ei=YvOVTc2BHsON0QGSx9z1Cw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=5&ved=0CDwQ6AEwBA#v=onepage&q=Persipnei&f=false