アイゾメヒカゲタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイゾメヒカゲタケ
Copelandia cyanescens.jpg
アイゾメヒカゲタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: ハラタケ亜綱 Agaricomycetidae
: ハラタケ目 Agaricales
: オキナタケ科 Bolbitiaceae
: ヒカゲタケ属 Panaeolus
: アイゾメヒカゲタケ P. cyanescens
学名
Panaeolus cyanescens
(Berk. & Broome) Sacc.
シノニム

Agaricus cyanescens
Copelandia anomala
Copelandia cyanescens
Copelandia papilonacea
Copelandia westii

和名
アイゾメヒカゲタケ
Panaeolus-cyanescens-range-map.png
アイゾメヒカゲタケの分布
アイゾメヒカゲタケ
View the Mycomorphbox template that generates the following list
菌類学的特性
子実層にひだあり
傘は凸形
子実層は固着形
柄には何も無い
胞子紋は
生態は腐生植物
食用: 向精神性
テンプレートを表示

アイゾメヒカゲタケ、学名Panaeolus cyanescensは、オキナタケ科に属すキノコである。マジックマッシュルームCopelandia cyanescensの名でも知られる。本キノコはパナエオルス・トロピカリス Panaeolus tropicalis の近縁種である。

説明[編集]

  • : 1-2センチメートルで、若い時は丸山形、饅頭型となり、平らになる青変する[1]。古ワラ色から黄土色、成熟により黒ずむ[1]
  • ひだ:やや密。白から黒紫色となる[1]
  • : 高さ4-8cm、細さ1-5mm、細い管状、地中では毛羽立っている[1]
  • 胞子: 黒赤褐色で、正面は六角形、10 - 14 x 6 - 7.5 µm[1]。側面はカマボコ形、表面は平滑で発芽孔あり[1]
  • 臭い: 無味無臭[1]

青変する[1]

生息と分布[編集]

アイゾメヒカゲタケは、両半球の熱帯また新熱帯地域に発生する好糞性の種である。

以下に確認されている[2]アフリカ南アフリカ共和国マダガスカルザイールなど)、オーストラリアタスマニア州バリ島ベリーズブラジルボルネオ島、カリブ(バミューダグレナダジャマイカトリニダード島)、プエルトリココスタリカ、インド、インドネシアスマトラ島を含む)、スリランカタイ、欧州(オーストリア、フランス、イギリス、ルクセンブルク、スペイン、スイスなど)、日本、ニュージーランドメキシコオセアニアフィジーサモアなど)、フィリピン、南アメリカ(ボリビア、ブラジル、パラグアイ、コロンビア、ベネズエラ)、米国(カリフォルニア州、ハワイ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州、フロリダ州、テキサス州、ルイジアナ州南部)。

日本では石川県のハマニンニク生息地[1]、沖縄に確認例がある[3]、小笠原諸島[4]

[編集]

幻覚成分のシロシビンを含有する。沖縄に自生する本きのこからは、重量当たりシロシビンが傘0.42%(0.26-0.73の範囲)、柄0.16%(0.08-0.29%)で含まれていた[3]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 池田良幸『追補北陸のきのこ図鑑 付・石川県菌蕈集録』橋本確文堂、2014年、36頁。ISBN 978-4-89379-164-1
  2. ^ Gastón Guzmán , John W. Allen , Jochen Gartz (1998). “A worldwide geographical distribution of the neurotropic fungi, an analysis and discussion” (pdf). Annali del Museo civico di Rovereto (14): 189–280. http://www.museocivico.rovereto.tn.it/UploadDocs/104_art09-Guzman%20&%20C.pdf.  (on Fondazione Museo Civico di Rovereto)
  3. ^ a b 玉那覇康二「沖縄県で発生している自然毒中毒事例」『マイコトキシン』第63巻第1号、2013年1月31日、 55-65頁、 doi:10.2520/myco.63.55NAID 10031161946
  4. ^ 今関六也、本郷次雄『原色日本新菌類図鑑 I』保育社、1987年、179-180頁。
  • Stamets, Paul (1996). Psilocybin Mushrooms of the World. Berkeley: Ten Speed Press. ISBN 0-9610798-0-0. 

外部リンク[編集]