アイスホッケー韓国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイスホッケー韓国代表
協会 大韓アイスホッケー協会
ゼネラル
マネージャー
大韓民国の旗 ミン・ビョンチャン
ヘッドコーチ 大韓民国の旗 キム・ヘウ
アシスタント
コーチ
大韓民国の旗 シム・ウィシク
主将 金祐載
最多出場 金祐載 (46)
最多ポイント 金基聖 (67)
IIHFコード KOR
IIHFランク 21
最高IIHFランク 21 (2017年)
最低IIHFランク 33 (2010年)
チームカラー          
Team colours
Kit body vneckblack.png
Team colours
Team colours
Team colours
ホームカラー
Team colours
Kit body vneckblack.png
Team colours
Team colours
Team colours
アウェイカラー
初出場
 韓国 1-7 スペイン 
(1979年3月16日、スペインバルセロナ)
最大差勝利試合
 韓国 44-0 香港 
(1987年3月14日、オーストラリアパース)
最大差敗戦試合
 韓国 0-27 ラトビア 
(1993年3月18日、スロベニアブレッド)
世界選手権
出場回数 26 (1979年初出場)
最高成績 18位 (2017年ディビジョンIグループA 2位)
冬季アジア競技大会
出場回数 8 (1986年初出場)
最高成績 Silver medal with cup.svg :1 2017
オリンピック
出場回数 1 (2018年初出場)
通算勝敗数 (W–L–T)
65-115-14
アイスホッケー韓国代表
各種表記
ハングル 대한민국 아이스하키 국가대표팀
漢字
英語 South Korea national ice hockey team
テンプレートを表示

アイスホッケー韓国代表(アイスホッケーかんこくだいひょう, 대한민국 아이스하키 국가대표팀South Korea national ice hockey team )は、オリンピックを始めとする国際大会に出場する大韓アイスホッケー協会によるナショナルチームである。 国際アイスホッケー連盟によるランキングは2014年時点で23位、アイスホッケー世界選手権ではディビジョン 1 に所属している。ジュニアの試合では1998年アジア・オセアニア・ジュニア選手権でタイ代表を92-0で破っている[1]

歴史[編集]

2014年現在、オリンピックへの出場経験はない。冬季アジア競技大会の最高成績は3位。

かつては隣国日本との実力差は大きかったが、2018年平昌オリンピックのホスト国として出場権を得るため強化をすすめている(アイスホッケーは無条件での開催国のオリンピック出場を認めていない)。2012年、韓国軍のアイスホッケーチーム『デミョンサンム』を設立し、兵役中の有力選手が競技を続けられる環境を整えた。同年10月に日光市で行われたソチオリンピック1次予選では日本の順位を上回った(日本との対戦では敗戦)。2013年世界選手権ディビジョンIグループA(2部リーグに相当)ではイギリス戦に勝利して6チーム中5位で初めて残留に成功。2014年1月にはアジアリーグアイスホッケーに所属するカナダ人選手が韓国に帰化して代表に合流。しかし地元韓国で開催した2014年世界選手権は最初の4試合で4連敗し、早々に最下位とディビジョン1グループB(3部リーグ)への降格が決定[2]。最終戦も敗れて5戦全敗に終わった。

この3部に降格した韓国に対し平昌五輪への開催国としての出場権を付与することには慎重な意見もあったが、韓国協会が作成した強化4年計画を国際オリンピック委員会(IOC)および国際アイスホッケー連盟(IIHF)が検討した結果、2014年9月19日に開催されたIIHF総会で韓国(男女とも)に五輪出場権が与えられることに決定した[3]

2014年8月、韓国生まれのカナダ移民でNHLでも活躍したペク・ジソン(ジム・ペク)が監督に就任。2015年の世界選手権ディビジョン1グループBで優勝し、ディビジョン1グループA復帰を決めると、2017年にはグループAで2位に入り、グループB降格からわずか3年で史上初のトップディヴィジョン昇格が決定した[4]

2018年平昌オリンピックでは予選リーグでチェコ、カナダ、スイスと同組となり3敗。準々決勝進出をかけたプレーオフのフィンランド戦も敗れて敗退が決定した。

オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

  • 1979年 - 25位 プールC 7位
  • 1982年 - 24位 プールC 8位
  • 1986年 - 25位 プールC 9位
  • 1987年 - 26位 プールD 2位
  • 1989年 - 23位 プールC 7位
  • 1990年 - 25位 プールC 9位
  • 1991年 - 24位 プールC 8位
  • 1992年 - 26位 プールC1 6位
  • 1993年 - 25位 プールC 9位
  • 1994年 - 30位 プールC2 3位
  • 1995年 - 33位 プールC2 4位
  • 1996年 - 33位 プールD 5位
  • 1997年 - 30位 プールD 2位
  • 1998年 - 31位 プールC 7位
  • 1999年 - 30位 プールC 6位
  • 2000年 - 27位 プールC 5位
  • 2001年 - 30位 ディビジョン2 グループA 1位
  • 2002年 - 27位 ディビジョン1 グループA 6位
  • 2003年 - 29位 ディビジョン2 グループA 1位
  • 2004年 - 27位 ディビジョン1 グループB 6位
  • 2005年 - 33位 ディビジョン2 グループA 3位 
  • 2006年 - 31位 ディビジョン2 グループB 2位
  • 2007年 - 30位 ディビジョン2 グループB 1位
  • 2008年 - 28位 ディビジョン1 グループA 6位
  • 2009年 - 29位 ディビジョン2 グループB 1位
  • 2010年 - 25位 ディビジョン2 グループB 5位
  • 2011年 - 22位 ディビジョン2 グループA 3位
  • 2012年 - 23位 ディビジョン1 グループB 1位(ディビジョン1 グループA昇格)
  • 2013年 - 21位 ディビジョン1 グループA 5位
  • 2014年 - ディビジョン1 グループA 6位(ディビジョン1 グループB降格)[2]
  • 2015年 - 23位 ディビジョン1 グループB 1位(ディビジョン1 グループA昇格)
  • 2016年 - 21位 ディビジョン1 グループA 5位
  • 2017年 - 18位 ディビジョン1 グループA 2位(トップディビジョン昇格)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ice Hockey Association of Thailand Archived 2008年5月3日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b アイスホッケー:韓国、日本に敗れ降格=世界選手権”. 朝鮮日報 (2014年4月25日). 2014年4月26日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 【韓国代表】男女揃って平昌五輪出場へ(2014.9.19)”. Break Away (2014年9月19日). 2014年9月21日閲覧。
  4. ^ ホッケーリンクに奇跡が起きたハンギョレ2017年4月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]