アイスティースプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイスティースプーン

アイスティースプーン(Iced tea spoon)またはソーダスプーン(Soda spoon)は、非常に長い柄の付いた薄いスプーンである[1]。主にアメリカ合衆国で、伝統的に背の高いグラスで供されるアイスティーに、砂糖やその他の甘味料を溶かし混ぜる時に用いられる。これが、長い柄の付いている理由である。

また、アイスクリーム、特にフロートサンデーを食べる時にも用いられる[1]。これらのデザートも背の高いグラスで供されるため、柄の短いティースプーンデザートスプーンでは不便である。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Stewart, Marjabelle Young (1997). The New Etiquette: Real Manners for Real People in Real Situations. St. Martins. p. 388.