アイシン・エィ・ダブリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ自動車 > トヨタグループ > アイシン精機 > アイシン・エィ・ダブリュ
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
AISIN AW CO., LTD.
The headquarters of AISIN AW.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 アイシンAW、AW
本社所在地 日本の旗 日本
444-1192
愛知県安城市藤井町高根10番地
北緯34度54分12.8秒
東経137度4分17秒
座標: 北緯34度54分12.8秒 東経137度4分17秒
設立 1969年昭和44年)5月15日
業種 輸送用機器
法人番号 7180301012587
代表者 代表取締役社長 尾﨑和久
資本金 264億8千万円
売上高 連結 1兆2765億円
単独 1兆588億円
(2016年3月期)
営業利益 連結 930億円(2016年3月期)
経常利益 連結 913億円(2016年3月期)
純利益 連結 695億円(2016年3月期)
従業員数 連結 27,778名、単独 16,417名
(2016年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 アイシン精機(株) 58.8%
主要子会社 アイシン・エィ・ダブリュ工業(株)など
関係する人物 豊田理彰
外部リンク http://www.aisin-aw.co.jp/
テンプレートを表示

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(アイシンAW、AISIN AW CO., LTD.)は、オートマチックトランスミッション(世界シェア1位)、カーナビゲーションシステム(世界シェア2位)などを開発、製造、販売する大手自動車部品メーカー。アイシングループ主要6社[1]の一つ。

アイシン精機の子会社であるが、アイシン精機単独と比較すると売上高はほぼ変わらず、経常利益額や従業員数は上回っている。

概要[編集]

主力のオートマチックトランスミッション事業では世界初のFR用8速の開発やFF用6速の製品化を行っている。シェアは世界1位。

レクサスLSに搭載されている4WDハイブリッドシステムを開発・生産するなど、自動車部品メーカーで唯一ハイブリッドシステムの製品化、販売を行っている。

もう一つの主力であるナビゲーションシステム事業では、ナビオートマチックトランスミッション協調システム、音声案内(ボイスナビゲーション)、オートリルート、交差点拡大表示等を開発している。また、2011年よりカーナビゲーションスマートフォンアプリ「ナビエリート」を販売している。

沿革[編集]

  • 1969年(昭和44年)5月 - アイシン・ワーナー株式会社を設立。アイシン精機とアメリカの自動車部品メーカーであるボルグワーナー社との合弁会社である。
  • 1988年(昭和63年)3月 - 現社名、アイシン・エィ・ダブリュに変更。
  • 2009年(平成21年)
    • 5月 - ポルシェより「サプライヤーオブザイヤー2008」を受賞。最高位受賞は日本企業として初めて。
    • 6月 - 開発したホイールモータシステムを搭載したトヨタ自動車の「i-REAL」が中部国際空港で披露され、案内・警備用としての実証実験がスタートした。
  • 2012年(平成24年)12月 - 自動車用自動変速機(AT)の生産累計1億台を達成。1969年10月に、1号機となるFR3速AT「トヨグライド」(クラウン、センチュリー向け)の生産を開始して以来、43年3か月での達成。
  • 2014年(平成26年)12月 - タイ・チョンブリー県に自動変速機(AT)工場を建設し、2017年7月に稼働する事を発表。投資額は約100億円。年産能力は12万台。後輪駆動(FR)車用ATを生産し、トヨタ自動車の現地工場に供給する。全額出資子会社「AWタイランド」を2015年1月に設立し、工場を同県のヘマラート・イースタン・シーボードII工業団地に建設。土地面積は約21万平方メートル、建屋面積約3万平方メートル。従業員は300人ほどになる。

工場[編集]

岡崎東工場

その他[編集]

  • コーポレートスローガン「Driving Innovation」
  • 2013年10月15日、本社第2工場において爆発による火災が発生した[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]