アイク (卸売)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイク株式会社
AIC INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-4 イオンタワーAnnex4階・5階
設立 1979年1月8日
業種 卸売業
事業内容 衣料品、食料品等の輸出入ならびに加工・卸売
代表者 代表取締役社長 浜辺隆
資本金 2億3000万円(2006年2月)
売上高 1470億円(2004年2月期)
従業員数 340人
主要株主 イオン株式会社
テンプレートを表示

アイク株式会社AIC)は、かつて存在した開発輸入などを行う日本の商社イオン子会社

日本で企画した商品を国内外のメーカーに作らせ、トップバリュなどのブランドで販売している。衣料品などの非食料品を中心に扱っていたが、最近では食料品の取扱高も大きくなっている。

概要[編集]

1979年に大手・中堅のGMSチェーンストア5社(ジャスコ=後のイオン、ユニーイズミヤ忠実屋=現在はダイエーに合併、ユニード=現在はダイエーに合併)が、海外商品の共同仕入れのために共同出資して設立した専門商社である。英語社名の「AIC」は「Allied Import Company」が由来となっている。

直後にユニードがダイエー傘下入りのため脱退、後に忠実屋も同じ理由で脱退し、残る3社の共同仕入れ会社となっていたが、1999年にはユニーも脱退したため、イオンの子会社となった。その後は株式の3分の2をイオン、残余分をイズミヤが保有する形であったが、2007年8月にはイズミヤが所有する全株式をアイクへ譲渡(アイクが自己株式として取得)した為、イオンの完全子会社となった。

2013年9月1日付でイオントップバリュと合併した。存続会社はアイクだが、同時にイオントップバリュ(2代目)と商号変更している(逆さ合併)。