アイク・アイザックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイク・アイザックス
出生 1923年3月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州
死没 1981年2月27日 (満57歳没)
担当楽器 ベース

アイク・アイザックス (Ike Isaacs、1923年3月28日 - 1981年2月27日)はアメリカのジャズのベーシスト。アメリカオハイオ州出身。

略歴[編集]

アイク・アイザックスはベースを手にする前、子供の頃、トランペットチューバを演奏していた。ウェンデル・マーシャルに師事、第2次世界大戦中、軍隊で演奏していた。その後、1956年、ベニー・グリーン (tb)と共演した。1956年、オハイオ州で地方のバンドを率いた後にカーメン・マクレーのトリオ(バック伴奏)を2年間つとめた。アイク・アイザックスはランバート、ヘンドリックス&ロスでつとめた後に1962年にカウント・ベイシー、1966~1970年、エロル・ガーナーと共演した。かつて1度だけ1967年に録音されたリーダー作アルバムがRGBレコードに残されている。このアルバムの録音にはピアニストのジャック・ウィルソン、ドラマーのジミー・スミスが参加した。

リファレンス (参考)[編集]

この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます