アイキッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイキッズ株式会社
ikids co.,LTD
Kidstokei logo-(更新済み).jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通4-3-5
毎日新聞神戸ビル4階
設立 2011年11月3日なお、前身は2006年5月23日設立。
法人番号 5140001025069
事業内容 クロスメディア事業
ガジェット、ウジェット制作
ブログパーツ制作
ブランドプロモーション
代表者 宮﨑一明(代表取締役社長)
従業員数 50人
外部リンク http://www.kids-tokei.com/
テンプレートを表示

アイキッズ株式会社(英文社名:ikids co.,LTD)は、兵庫県神戸市に本社を置く、クロスメディア事業を行っているベンチャー企業である[1]

概要[編集]

アイキッズ株式会社は「天使たちの1分間オンステージ」をキャッチコピーに1分ごとに子どもが入れ替わり時刻を知らせるWEBコンテンツキッズ時計ベビー時計を運営している。

インターネットメディアとリアルメディア(撮影会)を活用し効果的なクロスメディアプロモーションを行うことができる。

また、独自にイメージモデルを選出しており[2]2012年安生悠璃菜2015年クリスティーナ・ピメノヴァ、2016年にケイン・デニスが選ばれている。

韓国中国台湾香港マレーシアシンガポールインドネシアロサンゼルスハワイパリロンドンでも撮影会が開催されている。

2015年キッズ時計公式キャラクター『とけいちゃん』が誕生。

2015年より産科病院での新生児撮影をスタート。2017年より全国の産科病院で本サービスを展開している。

沿革[編集]

  • 2006年5月23日 - 前身の株式会社フィナンシャルセキュリティ383設立
  • 2011年11月3日 - 社名をアイキッズ株式会社に変更

KIDS-TOKEI[編集]

キッズ時計」は「天使たちの1分間オンステージ」というキャッチフレーズのキッズモデルオーディションサービスである。時計というありふれた機能でありながら、1分毎に写真が切り替わるという演出がされている。オーディションとして国内の植物園公園やハウススタジオで撮影会を実施している。撮影された写真は自動的に差し替えられ、1日24時間で合計1,440枚の画像が表示される。 写真データは親にも提供されるためブログやインスタグラムなどを通じて拡散していく仕組みである[3]

タイアップ企業[編集]

SNSでの話題性や知名度の上昇により、ナショナルクライアントやアパレルメーカー映画会社とのタイアップを行っている。

アパレルメーカー
映画会社
映画
写真館
子供向け番組
その他
商業施設
芸能事務所

BABY TOKEI[編集]

2014年より0歳から1歳の赤ちゃんのみを対象とするサービスを開始。

タイアップ企業[編集]

アパレルメーカー
医療法人
  • 葵鐘会 ベルネット

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年2月16日 - スタートビズジャパン アーカイブされたコピー”. 2016年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 年1回開催されるDREAM KIDS-TOKEIにて選出される。
  3. ^ 2014年1月9日 - テレビ東京系 ワールドビジネスサテライト 特集「子ども撮影会に商機」

関連項目[編集]

関連用語[編集]

外部リンク[編集]