んまつーポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
んまつーポス(Namstrops)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル コンテンポラリーダンス
活動期間 2006年 -
事務所

NPO法人MIYAZAKI C-DANCE CENTER

(2008年 - 2017年)

一般社団法人Namstrops

(2018年 - )
公式サイト http://www.odosupo.com/nmatu-posutop.html
メンバー 豊福彬文,みのわそうへい,児玉孝文

んまつーポス(英語:namstrops)は、スポーツマンの逆読みのコンテンポラリー・ダンスカンパニー。さまざまな「研究」を基盤として活動している。

概要[編集]

「んまつーポス」は、グループの名称だけではなく、内容・方法も兼ねているとしており、宮崎大学教育学部准教授高橋るみ子氏(舞踊教育学)の「現代芸術的体育」と、お茶の水女子大学名誉教授松本千代栄氏が提出した「創作ダンスのための課題解決学習」に影響を受けている。

宮崎大学とコラボレーションし、「研究・教育」活動から生まれる表現に根源的な面白さがあるという考えのもと、ダンス、映像、インスタレーション、教材、外部機関との共同研究などを通して、新しい表現や実践に取り組む、としている。

2006年より、アート空間に 体育(からだを育む思想)を展示・上演する試み(現代芸術的体育)を日本国内外で積極的に実践する事を主旨としている。所属は、現職教員等がメンバーのダンスグループ「踊るスポーツマン」(主宰:高橋るみ子)。スポーツと芸術の境界域をそれぞれの先端と捉え、宮崎大学を拠点に『大学の知』とコラボレーションする事を主旨としている。YOKOHAMA DANCE COLLECTION ファイナリスト(『金の羽毛を持 つトカゲのためのポスター#4』)2008[1]、『はやくお家に帰ったら!』2011[2]、『Hurdle』2012[3])。

メインメンバーは、豊福彬文(1988 -)・みのわそうへい(1986 -)・児玉孝文(1983 -)の3名。この3名は、文化庁の派遣事業の派遣芸術家(2011 - 2017)である。んまつーポス代表は、2006年から2015年までは児玉孝文が、2016からは豊福彬文が務めている。Teamんまつーポスのメンバーとして、樺島裕子(宮崎大学教育学部講師・テキスタイルアーティスト)、高橋るみ子(宮崎大学教育学部元准教授・振付家・舞踊教育家)、野邊麻衣子(小学校教諭・振付家)、宗彩乃(カメラマン・振付家)、河野貴俊(中学校教諭・振付家)、大野源喜(作曲家・演奏家)、片山敦郎(演出家・俳優)等が参加している。

沿革[編集]

  • 2006年にんまつーポスを結成。
  • 2008年にアートNPO法人MIYAZAKI C-DANCE CENTERを設立。代表理事は、2008年から2017年までは野邊壮平が、2018年からは児玉孝文が務めている。
  • 2016年1月に東京事務所開設(最寄駅は神楽坂駅)。2018年1月に移転(新最寄駅は神田駅)。
  • 2018年5月2日に一般社団法人Namstropsを設立。代表理事は、高橋るみ子。

活動[編集]

日本では、北九州芸術劇場[4]十和田市現代美術館[5]金沢21世紀美術館[6][7]霧島アートの森[8][9]坂本善三美術館[10]熊本県立美術館[11]、六本木アートナイト[12]、都城市総合文化ホール[13]富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ[14]いわき芸術文化交流館アリオス[15]横浜赤レンガ倉庫1号館[16][17]等で多彩に活動している。

んまつーポスがシビウ国際演劇祭2014に招聘

日本以外では、10カ国32都市(エストニア、韓国:Busan International Dance Festival[18]、中国、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、イギリス、ドイツ、ルーマニア:シビウ国際芸術祭[19][20][21])で作品を発表(招聘)。2015年、メンバーの豊福が平成26年度新進芸術家海外研修員として、ルーマニアで現代芸術的体育を紹介するレジデンス・プログラムを実施している[22]

文化庁「文化芸術による子供の育成事業(芸術家の派遣事業)」[23][24] NPO法人委託団体(2014、2015、2016、2017)。

2015年度 国際交流基金 地域リーダー・若者交流助成プログラムとして、ルーマニアにて調査研究「芸術教育プログラムによる多文化共生の実践」を行っている[25][26]

文化庁 平成28年度「国際芸術交流支援事業」海外公演事業として、「んまつーポス ルーマニア4都市 & ワークショップ、 共同制作」を行っている[27][28][29][30][31][32]

んまつーポスがBusan International Dance Festival (BIDF) 2017に招聘

2016年、香港(Unlock Dancing Plaza)と国際共同制作を行っている[33][34](-現在)。

2016年12月、新作<太くて低い虹 A Short, Thick Rainbow>を香港のダンサーと共創し、海外新作初演を行っている[35]

第11回キッズデザイン賞の「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」受賞[36]。受賞作品「現代芸術的体育からの復興」(応募団体名:んまつーポス(特定非営利活動法人 MIYAZAKI C-DANCE CENTER)/宮崎大学教育学部高橋るみ子研究室/いわき芸術文化交流館アリオス)。

文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」応援プロジェクト採択。事業名は、「身体形成と芸術体験を融合させた日本型ダンス教育『創作ダンス』の海外輸出【中華人民共和国、ルーマニア、大韓民国】」。[37][38]

フレフレ2020動画コンテスト(内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局)映像クリエイティブ部門銀賞受賞[39]。受賞作品:「フレフレ!みやざき県」「フレフレ!2020年」“Hurray! Hurray! Miyazaki Prefecture” “Hurray! Hurray! 2020”「加油加油!宮崎縣」「加油加油!2020年」。

メディア[編集]

  • MRT宮崎放送「おしえて!みやざき」〜クローズアップみやざき「NPOのおしごと」〜(2018.5.5)[40]
  • 九州電力グループpresents MRT宮崎放送「新 窓を開けて九州」(2017.7.9)[41][42]
  • テレビ金沢「テレ金チャンネル」の「Teamんまつーポス ほっぷ・すてっぷ&冒険じゃんぷ(金沢21世紀美術館)」(2017.5.5)[43]
  • UMKテレビ宮崎「Reらいふ」の「創作ダンスで子供たちを魅了!『んまつーポス』」(2016.6.24)[44]
  • MRT宮崎放送「M-Magazine」の「んまつーポスのだだだだだダンス」(-2016)

登録商標[編集]

  • ダンス観戦(登録第6009850号)
  • ごちそうアーツ(登録第6009851号)
  • 踊るスポーツマン(登録第6009852号)

出典[編集]

  1. ^ 横浜ダンスコレクションR 2008
  2. ^ 横浜ダンスコレクションEX 2011
  3. ^ 横浜ダンスコレクションEX 2012
  4. ^ 北九州芸術劇場ダンスダイブウィーク「ショーケース」
  5. ^ 十和田市現代美術館「ジャンプ展」関連 真夏の激アツ体育イベント んまつーポスレッツ!スポーツBOYS&GIRLS Archived 2016年5月8日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 金沢21世紀美術館「ARTS PLANET 2016 ~こども☆STAR!」
  7. ^ 金沢21世紀美術館「ARTS PLANET 2017 ~こどもアドベンチャー!」
  8. ^ 第11回霧島アートの日
  9. ^ 霧島アートの森
  10. ^ 坂本善三美術館 んまつーポスダンス観戦
  11. ^ んまつーポスダンス観戦in熊本県立美術館
  12. ^ 六本木アートナイト2014 「動け、カラダ!」
  13. ^ 都城市総合文化ホール「みんなジャンプ(MJ)」 Archived 2016年4月20日, at the Wayback Machine.
  14. ^ キラリふじみ・ダンスカフェ
  15. ^ 【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス 身体表現ワークショップ in 大浦小学校(2回目)いわき芸術文化交流館アリオス
  16. ^ 横浜ダンスコレクション2018青空ダンス
  17. ^ 横浜ダンスコレクション受賞者一覧
  18. ^ BIDF2017
  19. ^ sibiu international theatre festival 2014
  20. ^ sibiu international theatre festival 2014
  21. ^ EU・ジャパンフェスト日本委員会
  22. ^ 平成26年度文化庁新進芸術家海外研修制度
  23. ^ 文化芸術による子供の育成事業
  24. ^ 文化芸術による子供の育成事業
  25. ^ 平成27年度 地域リーダー・若者交流助成プログラム 助成対象事業一覧
  26. ^ 宮崎日日新聞
  27. ^ 平成28年度「国際芸術交流支援事業」申請及び採択状況
  28. ^ La Terenuri(クルージュ・ナポカ)フェスティバルダンス公演&ワークショップ
  29. ^ GONG theater(シビウ)ダンス公演&ワークショップ
  30. ^ Point(ブカレスト)ダンス公演
  31. ^ Revolution Festival(テミショアラ)ダンスパフォーマンス
  32. ^ Embassy of JAPAN in Romania
  33. ^ Unlock Dancing Plaza
  34. ^ Hong Kong Dance Company web site
  35. ^ 8/F Platform X – A Decade of Creativity
  36. ^ 第11回キッズデザイン賞受賞作品298点を発表!
  37. ^ 文部科学省のウェブサイト
  38. ^ EDU-Portニッポンのウェブサイト
  39. ^ フレフレ2020動画コンテスト結果発表
  40. ^ 宮崎県. “クローズアップみやざき「NPOのおしごと」” (日本語). 宮崎県. http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kusuchan/3-kense/mrt/20180605100502.html 2018年6月23日閲覧。 
  41. ^ 新 窓を開けて九州
  42. ^ 宮崎大学産学・地域連携センター
  43. ^ テレ金チャンネル
  44. ^ UMKテレビ宮崎 Reらいふ

外部リンク[編集]