わびれもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わびれもの』は小坂俊史による日本漫画作品。竹書房の雑誌『まんがライフMOMO』(月刊)で2008年1月号から2010年4月号まで連載された後、2011年2月号より『わびれものゴージャス』と改題して2013年5月号まで連載。

概要[編集]

作者が巡った、様々な「寂れたスポット」を描くエッセイ漫画。単行本の表紙デザインは、『わびれもの』は「るるぶ」、『わびれものゴージャス』は「ことりっぷ」のパロディになっている。

訪問箇所[編集]

主な登場人物[編集]

小坂俊史
作者。さびれたスポットを巡る旅行が趣味。山口県下関市出身。鉄道ファンだが、無人駅を愛する駅舎好き(駅鉄)であり車体には興味がない。取材先の大半は個人的に趣味で訪れたところであるため、取材費が出ていないことが多い。
スズキ編集長
『まんがライフMOMO』編集長。東京都足立区出身。5歳の子供を持つ母親。貴重なツッコミ役だが、雑誌のカラーに合っていないこの漫画の連載にGOサインを出すノリの良さもある。首都圏の取材には同行する。
佐藤両々
同じ雑誌に連載を持つ漫画家。自称準レギュラー。広島県出身で兵庫県在住。主に関西圏の取材に同行。広島編、奈良編、紀州鉄道編、安井金比羅宮編のゲスト。
横見浩彦
鉄子の旅』で著名な、鉄道マニアの巨人的存在のトラベルライター。飯田線編ゲスト。
小野寺浩二
漫画家。メガネ好き。不忍池編ゲスト。

書籍情報[編集]