わだぺん。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わだぺん。
生誕 1979年
日本の旗 日本・岐阜県
職業 漫画家・イラストレーター
活動期間 2008年 -
公式サイト わだぺん村。
テンプレートを表示

わだぺん。1979年 - )は、日本漫画家・イラストレーター。岐阜県出身、東京都練馬区在住[1][2]英検5級の資格を所持している。柔道は2級[3]

略歴・人物[編集]

ものづくりを好む両親に育てられ、自らも幼い頃から道具を与えられて必要なものを自作していた。買い与えられた物の中に画材もあり、幼稚園の卒園文集には早くも「漫画家になりたい」と書くほど絵を描くことが好きだったという。1999年に東京のアニメ制作会社に入社し原画作画監督などを経て、2008年からフリーのイラストレーター、漫画家として活動を始めた[2]ファンタジーSFなど空想的なものよりも身近な題材を好む[1]。2012年7月15日、『東京自転車少女。』単行本第2巻発売記念として、自身初となるサイン会を東京の書店で催した[4]

趣味はパチスロ、バス釣り。他にも父親の影響から自転車好きで、2012年7月現在5台を所有している[2]。また、前述の自作の技術を活かして自転車の整備や改造も自ら行い、プロレスラーの将軍KYワカマツに因み「将軍SIワカマツ号」と名づけた改造シティサイクルを愛車と公言する。「将軍SIワカマツ号」は、『東京自転車少女。』の主人公の愛車名としても使われている[1]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

イラスト・挿絵[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『東京自転車少女。』のわだぺん。先生インタビュー(アニメイトTVニュース)”. アニメイトTV(フロンティアワークス) (2011年10月7日). 2012年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c ねりま人キラリと光るねりま人にインタビュー#069 わだぺん。さん”. 練馬区観光協会 (2011年7月2日). 2012年8月14日閲覧。
  3. ^ 東京自転車少女。』単行本第1巻巻末そで(カバー折り返し部分)の著者略歴より。
  4. ^ 『東京自転車少女。』2巻、 漫画専門店「COMIC ZIN」の週間ランキングで1位を獲得!”. れポたま!(株式会社ダイスクリエイティブ) (2012年7月23日). 2012年7月24日閲覧。
  5. ^ 男の娘誌・おと☆娘、創刊1周年!付録に耳かきと音声CD”. コミックナタリー (2011年10月25日). 2017年7月17日閲覧。‐連載開始に関する記事。
  6. ^ 煌!! 男の娘塾”. ミリオン出版. 2015年3月1日閲覧。
  7. ^ パパのいうことを聞きなさい! 〜小鳥遊の陽だまり〜”. 集英社BOOK NAVI. 2017年7月17日閲覧。
  8. ^ 勇人、質屋を切り盛りする女子高生描くハートフル新連載”. コミックナタリー (2012年1月6日). 2017年7月17日閲覧。 - 掲載号に関する記事。
  9. ^ アニメアライブ”. 電撃文庫公式サイト. 2017年7月17日閲覧。
  10. ^ 萌えるiPhone読本”. 白夜書房. 2017年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]